13500キロ移動のW杯予選(アフリカ2次予選 モーリシャス−カーボベルデ諸島)

6/15、南アフリカW杯アフリカ予選1組、モーリシャス−カーボベルデ諸島の試合が行われた。
組分けが決まってから、この試合が気になっていた。
広大なアフリカ大陸の東西両端に位置する島嶼(しょ)国家同士の戦い。
モーリシャス協会1964年、カーボベルデ諸島協会1986年のFIFA加盟以来、初の対戦である。

「移動、大変だろうなぁ」と思って、調べてみた。
それによるとアフリカでは横の移動は非常に厳しく、ヨーロッパ経由が一般的なのだそうだ。
発着の空港同士を入力するとフライト便を表示してくれる「アマデウス・ネット」というサイトを見つけ、
シミュレーションをしてみた。(チャーター機を使用していないと想定)

セネガル沖の大西洋に浮かぶカーボベルデ諸島のプライア空港を夜中の1:05に発つ。
TAPポルトガル航空でリスボンに6:55着。4時間のトランジット後、さらに3時間半のフライトでパリへ。
1時間半のトランジットで16:15にエールフランス航空でパリを発つ。
ハネムーンで有名なモーリシャスに降り立つのが翌朝5:20。
トランジットも合わせて28時間のフライト。

移動距離は13500キロ。
ちなみに日本からバーレーンは8500キロ。日本から南アフリカまでが14500キロ。
それに匹敵する距離なのだ。時差は約5時間。
アフリカ地図2.jpg

モーリシャスの6月は日本では初秋にあたり、平均気温は21℃。
試合が行われるキュールピップは内陸の高原地帯にある為、さらに涼しい。
カーボベルデ諸島は6月の平均気温が26℃なので、
アウェーチームにとっては過ごしやすい気候だろう。
キュールピップ.jpg

キュールピップのキング・ジョージ5世スタジアムで行われた試合は、
前半終了間際にPKで先制した、最新FIFAランキング109位のカーボベルデ諸島が
同158位のモーリシャスからアウェーで勝点3を奪い、1組でカメルーンに勝点差1の2位につけた。
全12組の2位チーム上位8チームが最終予選に進める中、好位置につけた。

残念ながらこの試合の画像は見つかっていない。
モーリシャス07メーカー不明赤赤白.JPG カーボベルデ06青青青3.JPG
Jerry Louis(モーリシャス)
 07/5/26 COSAFA CUP vs.スワジランド 0-0 6PK5  (backpagepix/Adrian de Kock)
唄andro Mendes(カーボベルデ諸島)
 04/6/5 ドイツWCアフリカ最終予選2組 vs.南アフリカ 1-2  (AFP PHOTO/ STR)

次戦、カーボベルデ諸島のホームゲームは、6/22、つまり1週間後に行われる。
どちらのチームにとっても過酷なスケジュールだ。
1週間で27000キロの移動。こういう環境下でW杯予選を戦っているチームもあるのだ。


【関連記事】
 カーボヴェルデ諸島代表ユニフォーム
 モーリシャス代表ユニフォーム







posted by yuuki_ono_99 at 00:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2010南アフリカW杯予選 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。