真っ赤なウルグアイ(el uruguay rojo)

北京のモヤモヤをフル代表に晴らしてもらおうと思ったのに、ウルグアイにあっさり完敗。
おまけに女子ソフトの延長戦に目を奪われ、あまりまともに見れなかった。。。

さて、そのユニフォームの色からセレステ(スペイン語で水色の意)と呼ばれるウルグアイ代表。
代々アウェーモデルは赤が採用されている。
国旗にないその色は、19世紀半ば、アルゼンチンの独裁者から祖国を守った義勇兵たちが
着ていたシャツの色に由来すると言われている。

南米予選ではアルゼンチンとのアウェーゲームでしか目にすることのできないレアモデルである。
ところが、我が日本代表とのアウェー戦では青がダブる為、赤いユニフォームを着用することが多い。
90年以降、今回が3回目の来日になるが、96年大阪での加茂ジャパンとの戦い、
03年東京でのジーコ・ジャパンとの戦いでは、いずれもアウェーモデルが着用された。

ウルグアイ96-97nr赤白白.JPG ウルグアイ02-03L-SPORT赤白白.JPG
赤×白×白 Alvaro Recoba
 96/8/25 テストマッチ vs.日本 3-5 (写真データ不明)
艶ヤ×白×白 選手名不明
 03/3/28 テストマッチ vs.日本 2-2 (J-LIEGUE PHOTO)

そして今日、お互いに9月のW杯予選に向けた「仮想バーレーン」対「仮想コロンビア」の試合でも、
期待どおり赤のアウェーモデルが着用された。
PUMAのアウェーモデルv3.08。衿付きの特徴的なデザインのモデルである。
イタリアやコートジボワールのv3.08は、衿元に国旗のモチーフが施されているが、
ウルグアイのそれは無地のままだった。
またソックスもガーナ08-09アウェーなどで見られるボーダーのタイプが、コーディネートされ、
非常に珍しい画像となった。

080820日本1-3ウルグアイ.jpg 080820日本1-3ウルグアイ2.jpg
Maximiliano Pereira Alvaro Gonzalez
 08/8/20 テストマッチ vs.日本 3-1 (AFP PHOTO/Toru Yamanaka) 

【関連記事】
 赤シャツ隊(Wikipedia)
 ウルグアイ代表ユニフォーム



posted by yuuki_ono_99 at 22:48 | Comment(2) | TrackBack(1) | 南米(CONMEBOL) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
>カブラルさん
なぜか96年も03年も青白青−赤白白なんですよね。

ボクも「あれ?今日かぁ」って感じでした。
実際テレビで女子ソフトのオーストラリア戦、携帯のワンセグでサッカーでした(苦笑)

おまけに、今日になってヨーロッパのテストマッチや、北中米カリブ海のW杯予選が、
多数行われているのを知った始末です。
Posted by yuuki_ono_99 at 2008年08月22日 01:24
久々にスリーストライプ付き日本代表ユニ画像を見た気が。パンツに関しては日本も白なので、ウルグアイは黒い方が良かったと思います。

しかしオリンピックと重なるAマッチは存在が地味になりますね。世間でも知らない人多いのではないでしょうか(自分も見ていないですし)。しかしそれは良かったのか、悪かったのか・・・・・・。


Posted by カブラル at 2008年08月21日 23:32
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/105071461

この記事へのトラックバック

小野伸二の役割
Excerpt: 日本サッカー協会は14日に、キリンチャレンジカップのウルグアイ戦に臨む日本代表を発表したが。その選出メンバーで一番の注目はMF小野 伸二(ボーフム)だろう。実に2006年6月のドイツW杯以来2年2..
Weblog: KILOMAGAZINE
Tracked: 2008-08-21 15:25