グループステージ第2戦を終えて〜各国代表ユニフォーム雑感(2)

グループステージ第2戦が終わり、今夜からはいよいよ決勝トーナメント進出をかけた戦いが始まる。
イタリア、フランス、ドイツなどヨーロッパの大国が苦戦する一方、
南米勢は5ヶ国全てが首位に立つという好調ぶり。
開催国アフリカはガーナの除き苦戦を強いられ、日韓はベスト16が手に届くところまで来ている。

各組第2戦で初めて登場したユニフォームは
 ウルグアイPUMAアウェー(白)
 北朝鮮LEGEAホーム(白)
で、これでテストマッチも含めて全32ヶ国のホーム&アウェーモデルが出揃った。

初コーディネートとなったのはSerbia-10-11-NIKE-home-kit-red-red-red.jpg
 セルビアNIKEホーム(赤×赤×赤)
 デンマークadidasアウェー(白×白×白)
 パラグアイadidasホーム(赤/白×青×青)
 ブラジルNIKEホーム(黄×青×青)
 ポルトガルNIKEホーム(赤×赤×赤)
 スイスPUMAアウェー(白×赤×赤)
となっている。特にセルビアの全身赤は同国史上初のコーディネートであり、
強豪ドイツを完封した試合内容も併せ、強いインパクトを残した。

筆者が選んだベストユニフォームは
 ウルグアイPUMAアウェー(白)
ベストゴールは
 アメリカ、ブラッドリー選手のスロベニア戦の同点弾
である。

ブログの更新に関して、レギュラー企画の
 試合画像アップ(B組第1戦・D組第1戦・C組第2戦)
 得点画像アップ(C組第2戦・D組第2戦・E組CAM−DEN)
 トレーニングウェア(G組・H組)
が遅れている。

新しいコラムで執筆予定は
 32ヵ国国歌うんちく
 各試合、両チームのユニフォームカラーはどうやって決まるのか?
 グループステージ48試合のカラー分析
 GKユニフォーム
 審判ユニフォーム
 選手入場時の子供のユニフォーム
など。

今日からも、お楽しみに!

【関連記事】
 グループステージ初戦を終えて〜各国代表ユニフォーム雑感

posted by yuuki_ono_99 at 10:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2010南アフリカW杯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック