PUMAユニフォームの透かしは仕様が変わったのか?

PUMAのW杯用モデルの内、アフリカ各国が採用しているのはv.10というモデル。
ホームモデルはナショナルカラーの無地に肩に入る各国モチーフの透かし、
アウェーモデルは各国アウェーカラーをベースに手描き風ストライプが特徴となっている。

アフリカ各国の場合、今年1月にアンゴラで行われたアフリカ・ネーションズカップでデビューし、
ワールドカップ本大会でも同じモデルが着用されているわけだが、
配信画像を見ると、ホームモデルの肩に入った透かしプリントがはっきりした仕様に
なっている気が、どうしてもするのだ。

1月のアンゴラ(初夏)と6月の南アフリカ(冬)では気候も違い汗による素材の見え方の違いも
あるかもしれないが、果たして改良されたのだろうか?
ただし、ガーアは顕著に見えるのだが、その他の国はそれほど顕著でもないのである。

ガーナとコートジボワール
それぞれ左がネーションズカップ、右がワールドカップの画像。

Ghana-10-11-PUMA-home-kit-white-white-0115.jpg Ghana-10-11-PUMA-home-kit-white-white-0623.jpg
Michael Essien
 10/1/15 ネーションズカップ(アンゴラ)B組第1戦 vs.コートジボワール(カビンダ)  (AP Photo)
陰ndre Ayew
 10/6/23 南アフリカW杯D組第3戦 vs.ドイツ 0-1(ヨハネスブルグ)  (Getty Images)


Ivory Coast-10-11-PUMA-home-kit-orange-orange-orange-0111.jpg Ivory Coast-10-11-PUMA-home-kit-orange-orange-orange-0615.jpg
Didier Zokora
 10/1/11 ネーションズカップ(アンゴラ)B組第1戦 vs.ブルキナファソ(カビンダ)  (AP Photo)
吋idier Drogba
 10/6/15 南アフリカW杯G組第1戦 vs.ポルトガル 0-0(ポートエリザベス)  (Getty Images)







posted by yuuki_ono_99 at 11:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2010南アフリカW杯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック