グループステージでのユニフォームカラー・チャート

グループステージ全48試合が終わった。
ここで全96チームのユニフォームカラーを集計した。結果は下のチャートの通り。
今大会はドイツ、イングランド、アメリカ、ガーナ、ニュージーランドなど白をホームモデルとする
チームが多い為、白の割合が3割近くを占めている。

定番の赤はバリエーション豊か。韓国、セルビア、スイス、チリ、パラグアイ(ストライプ)の
ホームモデルに、イングランド、北朝鮮のアウェ−モデルと揃った。

青は日本の他、定番のフランス、イタリアに加え、アルゼンチン、ギリシャ、スロバキアのアウェーモデルも参戦。

アフリカ色の黄、緑はやはりアフリカ中心。カメルーン、ナイジェリア、アルジェリア、コートジボワールなど。
もちろん王国ブラジルも健在だ。

希少色のオレンジ、ライトブルーはそれぞれオランダ、コートジボワール、アルゼンチン、ウルグアイという
伝統国が占める。

濃色の紺と黒は、オーストラリア、スペイン、メキシコ、ドイツ、ニュージーランドらが
アウェーモデルとして採用している。

Kit-Color-GS1.jpg Kit-Color-GS2.JPG Kit-Color-GS3.JPG


【関連記事】
 南アフリカW杯、色から見た各国代表ユニフォーム
 南アフリカワールドカップ 試合日程・結果(Matches/Partidos)





posted by yuuki_ono_99 at 10:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2010南アフリカW杯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。