イングランド代表 歴代ユニフォーム(England National Football Team Kit)

スマホでこの記事を見に来ている方 ⇒ 一番下まで行き「PC版を見る」をどうぞ。最新更新情報が見れます

イングランド国旗.gif イングランド協会.gif
 元々は12世紀に地中海貿易の商船が護衛の為につけていた、友軍であるジェノバの聖ジョージ旗がその起源。(詳しくはこちら) 協会エンブレムの「スリーライオンズ」は、イギリスの紋章にも見られるモチーフで12世紀の十字軍遠征で有名「獅子心王」ことリチャード1世が力強さを示すものとして英国王の象徴として採用したのに由来する。

女子代表のユニフォームは
 「イングランド女子代表 歴代ユニフォーム(England Women's National Football Team Kit)」
をご覧下さい。


2016年(NIKE)
【関連記事】
 イングランド代表、ユーロ2016用 NIKE新ユニフォーム(ホーム・アウェイ・GK)発表! ホームの白×白×赤は斬新なコーディネイト!

England-2016-NIKE-home-kit-white-white-white-line-up.jpg


England-2016-NIKE-home-kit-white-white-white.jpg

白/水色×白×赤 集合 Daniel Sturridge
 2016/3/29 フレンドリーマッチ vs.オランダ 1-2(ロンドン)  (Getty Images)

England-2016-NIKE-away-kit-red-red-blue-line-up.jpg


England-2016-NIKE-away-kit-red-red-blue.jpg

赤/濃赤×赤×青 集合 Jamie Vardy
 2016/3/26 フレンドリーマッチ vs.ドイツ 3-2(ベルリン)  (Getty Images)


2015-2016年(NIKE)
【関連記事】
 イングランド代表、15-16年NIKE新アウェイモデル、リーク情報! 驚きのネイビー&サックスのマリンボーダー!


2014-2015年(NIKE)
 ブラジルW杯着用モデル。コスタリカ、ウルグアイ、イタリアとの「死の組」で2敗1分で最下位に終わった。
【関連記事】
 イングランド代表、2014年NIKEワールドカップ用ホームモデル、情報! ポイントカラーに明るい青を採用
 イングランド代表、2014年NIKEワールドカップ用アウェイモデル、情報! 赤ベースに細かいストライプ

England-14-15-home-kit-white-white-white-line-up.jpg


England-14-15-home-kit-white-white-white.jpg

白×白×白 集合
 2014/6/19 ブラジルW杯D組第2戦 vs.ウルグアイ 1-2(サンパウロ)  (Getty Images)
 Danny Welbeck
 2014/6/14 ブラジルW杯D組第1戦 vs.イタリア 1-2(マナウス)  (Getty Images/Claudio Villa)

England-14-15-NIKE-away-kit-red-white-red-line-up.jpg


England-14-15-NIKE-away-kit-red-white-red.jpg

赤×白×赤 集合 Raheem Sterling
 2014/6/4 フレンドリーマッチ vs.エクアドル 2-2(アメリカ・マイアミ)
(PA Getty Images/Richard Heathcote)

England-2015-NIKE-away-kit-red-red-red-line-up.jpg


England-2015-NIKE-away-kit-red-red-red.jpg

赤×赤×赤 集合 Alex Oxlade-Chamberlain
 2015/9/5 ユーロ2016予選E組第7節 vs.サンマリノ 6-0(セラヴァッレ)  
(Getty Images/Michael Regan)


2013-2014年(NIKE)
 2012年9月にサプライヤーがNIKEに変更されることが発表され、2013年5月に「協会創立150周年記念モデル」として正式にリリースされた。デザインはシンプルに仕上げられている。同月のアイルランド戦でホームモデル、6月のブラジル戦でアウェーモデルが初着用された。
 W杯予選ではウクライナ、モンテネグロらに競り勝って、本大会出場を果たした。リリース時に13-14年モデルと発表されており、W杯本大会でも着用の可能性がる。
【関連記事】
 緊急発表!! イングランド・サッカー協会が2013年春から、キットサプライヤーをNIKEに変更!
 イングランド代表、13-14年NIKE新ユニフォーム(協会創立150周年記念モデル)、遂に発表!!
 イングランド代表、13-14年NIKE新アウェーモデルは伝統の「赤いポロ」!

England-2013-NIKE-home-kit-white-navy-white-line-up.jpg


England-2013-NIKE-home-kit-white-navy-white.jpg

白×紺×白 集合
 2013/11/19 フレンドリーマッチ vs.ドイツ 0-1(ロンドン)  (Action Images)
Rickie Lambert
 2013/8/14 フレンドリーマッチ vs.スコットランド 3-2(ロンドン)  (www.independent.co.uk)

England-2013-NIKE-away-kit-red-white-red-line-up.jpg


England-2013-NIKE-away-kit-red-white-red.jpg

赤×白×赤 集合 Alex Oxlade Chamberlain
 2013/6/2 フレンドリーマッチ vs.ブラジル 2-2(リオデジャネイロ)
(PA Getty Images/Laurence Griffiths)



2012-2013年(UMBRO)
 ユーロ本大会着用ホームモデル。ポイントカラーを赤一色とし、協会エンブレム、UMBROロゴマーク、ゼッケンを全て赤で統一した。
【関連記事】
 イングランド代表、12-13年UMBRO新ユニフォーム(ホーム&GKモデル)続報!

England-12-13-UMBRO-home-kit-white-white-white-pose.jpg


England-12-13-UMBRO-home-kit-white-white-white.jpg

白×白×白 集合
 2012/6/11 ユーロ2012(ポーランド/ウクライナ)D組第1戦 vs.フランス 1-1(ドネツク)  (Getty Images)
Scott Parker
 2012/2/29 フレンドリーマッチ vs.オランダ 2-3(ロンドン)  (Getty Images)

England-12-13-UMBRO-home-kit-white-red-white-line-up.jpg


England-12-13-UMBRO-home-kit-white-red-white.jpg

白×赤×白 集合 Frank Lampard
 2012/8/15 フレンドリーマッチ vs.イタリア 2-1(スイス・ベルン)  (Getty Images)

England-12-13-UMBRO-GK-kit-red-red-red.jpg

赤×赤×赤 Joe Hart
 2012/6/19 ユーロ2012(ポーランド/ウクライナ)D組第3戦 vs.ウクライナ 1-0(ドネツク)  (Getty Images)





2011-2012年(UMBRO)
 本来、偶数年にリリースするホームモデルを半年前倒しして、ユーロ予選終盤にリリースした。9/2のユーロ予選ブルガリア戦で投入された。史上初めて紺を採用し、インパクトのある仕上がりとなっている。小さな聖ジョージの十字架のモチーフを全面に施したGKユニフォームも秀逸。
【関連記事】
 イングランド代表、11-13年UMBRO新ユニフォーム(アウェー&GKモデル)発表!

England-11-12-UMBRO-away-kit-navy-light-blue-navy-line-up.JPG


England-11-12-UMBRO-away-kit-navy-light-blue-navy.JPG

紺×水色×紺 集合 
 2011/10/7 ユーロ12予選G組 vs.モンテネグロ 2-2(ポドゴリア)  (Getty Images)
Ashley Cole
 2011/9/2 ユーロ12予選G組 vs.ブルガリア 3-0(ソフィア)  (Getty Images)

England-11-12-UMBRO-away-GK-kit-light-green-light-green-light-green.JPG

ライトグリーン×ライトグリーン×白 Joe Hart
 2011/10/7 ユーロ12予選G組 vs.モンテネグロ 2-2(ポドゴリア)  (Getty Images)


2010-2012年(UMBRO)
 本来、奇数年にリリースするホームモデルを半年前倒しして、ユーロ予選前にリリースした。9/3のユーロ12予選初戦ブルガリア戦で投入された。背面上部から両肩にかけたパーツに施された小さな聖ジョージの十字架のモチーフ、ノーカラーのポロネック、ブルーのパンツなど随所に新しいデザインの試みが施されている。
【関連記事】
 イングランド代表、11-12年UMBRO新ユニフォーム(ホームモデル)を突如、先行リリース!!

England-10-11-UMBRO-home-kit-white-blue-white-line-up.JPG

England-10-11-UMBRO-home-kit-white-blue-white.jpg
白×青×白 集合
 2011/3/26 ユーロ12予選G組第5節 vs.ウェールズ 2-0(カーディフ)  (Getty Images)
Jermain Defoe
 2010/9/3 ユーロ12予選G組第1節 vs.ブルガリア 4-0(ロンドン)  (Getty Images)


10年(UMBRO)

南アフリカW杯着用モデル
 ベッカムやファーディナンドが怪我で離脱をしたものの、クジ運に恵まれ余裕で本大会に臨んだが、アメリカ、アルジェリアと2戦続けて引き分け、得点1という緊急事態に陥った。スロベニアとの最終戦でようやく気迫を見せ2位突破は果たしたが、ラウンド16で因縁のドイツに1-4と大敗し、失意のまま大会を去った。
England-10-11-UMBRO-away-kit-red-red-red-pose.jpg

England-10-11-UMBRO-away-kit-red-red-red.jpg
赤×赤×赤 集合 Wayne Rooney
 2010/6/23 南アフリカW杯C組第3戦 vs.スロベニア 1-0(ポートエリザベス)  (Getty Images)


2010-2011年(UMBRO)アウェイ
 2010/3月のエジプト戦から投入されたモデル。1966年自国W杯優勝モデルにデザイン回帰したシンプルなデザイン。
England-10-11-UMBRO-away-uniform-red-white-red-group.jpg

England-10-11-UMBRO-away-uniform-red-white-red.JPG
赤×白×赤 集合 Theo Walcott
 2010/3/3 テストマッチ vs.エジプト 3-1(ロンドン)  (Getty Images)


2009-2010年(UMBRO)ホーム
 南アフリカ予選中盤にリリースされたホームモデル。3/28テストマッチ・スロバキア戦でデビュー。胸ゼッケンもなく、余計なラインやポイントもない、限りなくシンプルかつクラシックなデザイン。公式戦では胸ゼッケンが入り、ユニフォームらしくなった。南アフリカW杯予選では、ユーロ08予選敗退の仇敵クロアチアを蹴落として本大会出場を果たした。
England-09-11-UMBRO-uniform-white-white-white.JPG
白×白×白(ゼッケンなし) David Beckham
 2009/3/28 テストマッチ vs.スロバキア 4-0  (Reuters)

England-09-10-UMBRO-home-kit-white-white-white-line-up.jpg

England-09-10-UMBRO-uniform-white-white-white-red-number.JPG
白×白×白(ゼッケンあり) 集合
 2009/11/14 フレンドリーマッチ vs.ブラジル 0-1(カタール・ドーハ)  (Getty Images)
Peter Crouch
 2009/4/1 南アフリカW杯予選6組 vs.ウクライナ 2-1(ロンドン)  (Reuiters)

England-09-10-UMBRO-uniform-white-navy-white-group.JPG

England-09-10-UMBRO-uniform-white-navy-white.JPG
白×紺×白 集合 John Terry
 2009/10/10 南アフリカW杯予選6組 vs.ウクライナ 0-1(ドニプロペトロウシク)  (Reuiters AP Photo)


2008-2009年(UMBRO)アウェイ
 ユーロ08予選敗退により、マクラーレンが解任され、新監督としてファビオ・カペッロが招聘され、南アフリカW杯に向かって新スタートを切った。それと同時にアウェイユニフォームがモデルチェンジされた。
【関連記事】
 イングランド代表、08-09UMBRO新ユニフォーム(アウェイモデル)満を持して発表!

イングランド08UMBRO赤白赤-集合.JPG

イングランド08UMBRO赤白赤.JPG
赤×白×赤 集合
 2008/3/26 テストマッチ vs.フランス 0-1  (AFP/Franck Fife)
Jermaine Jenas
 2008/2/6 テストマッチ vs.スイス 2-1  (AFP/Carl De Souza)

「母国」イングランドも史上最強と呼び声高かったが、結局ベスト8止まり。ユーロ08予選では明らかにチーム力は落ちている。


2007-2008年(UMBRO)ホーム
 ホーム用は07年初頭にモデルチェンジされ、2/6のテストマッチ・スペイン戦から着用された。両肩に赤のポイントが入り、ゼッケンも胸に移った。ユーロ08予選では最終戦でクロアチアに破れ、予選敗退の憂き目を見た。
イングランド07UMBRO白白白-集合071116.jpg

England-07-08-UMBRO-uniform-white-navy-white.JPG 
白×紺×白 集合 
 試合データ不明  (写真データ不明)
David Beckham
 2007/6/1 テストマッチ vs.ブラジル 1-1  (AFP/Carl De Souza)

England-07-08-UMBRO-white-white-white-group.JPG

イングランド07UMBRO白白白-歓喜.jpg

イングランド07UMBRO白白白.JPG England-07-08-UMBRO-uniform-white-white-white-2.JPG
白×白×白 集合 Frank Lampard
 2007/11/17 ユーロ08予選E組 vs.クロアチア 2-3  (Afro AFP/Adrian Dennis)
Steven Gerrard & Micah Richards
 2007/3/28 ユーロ08予選E組 vs.アンドラ 3-0  (AFP/Lluis Gene)
雨ermaine Defoe
 2008/10/11 南アフリカW杯予選6組 vs.カザフスタン 5-1  (AFP/Ian Kington)


40年ぶりの戴冠を狙うイングランド。98フランスがベスト16、ユーロ2000はGL敗退、2002日韓がベスト8、ユーロ04もベスト8と期待を裏切ってきたが、国民の「今度こそは…」の期待は高い。
セントジョージ旗をモチーフにしたユニフォームをまとい、ベッカム、ランパード、ジェラード、ルーニーらが躍動する。


2006-2007年(UMBRO)アウェイ
 アウェイ用はドイツW杯前にモデルチェンジ。 他メーカーと同じ流れで、胸ゼッケンが右胸についた。そのゼッケンはメッシュゴールドで高級感が増している。右肩にイングランド国旗のモチーフが入るなど、細部に凝ったデザイン。
【実物画像】
 >Umbro 06-08England Away#10 OWEN(シゲのサッカーユニフォーム)

課五忿爪06UMBRO赤白赤-集合.jpg

England-06-07-UMBRO-uniform-red-white-red.JPG England-06-07-UMBRO-uniform-red-white-red-2.JPG
赤×白×赤 集合
 2006/6/20 ドイツW杯B組第3戦 vs.スウェーデン 2-2  (FIFA RESTRICTION - NO MOBILE USE)
David Beckham
 2006/6/3 テストマッチ vs.ジャマイカ 8-0  (AFP/Carl De Souza)
雨oe Cole
 2006/3/1 テストマッチ vs.ウルグアイ 2-1  (AP Photo/Dave Thompson)


2005-2006年(UMBRO)ホーム
 05年初頭にモデルチェンジされ、ドイツWC予選を戦い抜き、W杯本戦でも着用された。右肩にのみセントアンドリュース旗がモチーフにされたアシンメトリーなデザイン。
England-05-06-UMBRO-home-kit-white-navy-white-line-up.jpg

イングランド04-05UMBRO白紺白2.JPG
白×紺×白 集合
 2006/6/10 ドイツW杯B組第1戦 vs.パラグアイ(フランクフルト)   (www.worldcupteams.republika.p)
Peter Crouch
 2005/10/8 ドイツW杯予選6組 vs.オーストリア 1-0  (AFRO PHOTO AGENCY)
W杯パラグアイ戦

課五忿爪04-05UMBRO白白白.jpg
白×白×白 David Beckham
 2005/5/31 テストマッチ vs.コロンビア 3-2  (AP Photo/Mel Evans)


2004-2005年(UMBRO)アウェイ
 セントアンドリュース旗のモチーフが両肩に付いたアウェイ用はユーロ04からW杯予選終盤まで戦い抜いた。
課五忿爪04-05UMBRO赤白赤-集合.jpg

課五忿爪04-05UMBRO赤白赤.jpg
赤×白×赤 集合
 2004/6/5 イングランド3ヶ国国際トーナメント vs.アイスランド 6-1  (REUTERS/Matthew Roberts)
Nicky Butt
 2004/10/13 ドイツW杯予選6組 vs.アゼルバイジャン 1-0  (REUTERS/Grigory Dukor)


2003-2004年(UMBRO)ホーム
 ユーロ04の予選と本大会、ドイツW杯予選前半に着用された。
England-03-04-UMBRO-uniform-white-navy-white-group.JPG

課五忿爪03-04UMBRO白紺白.jpg England-03-04-UMBRO-white-navy-white.JPG
白×紺×白 集合 
 2004/2/18 テストマッチ vs.ポルトガル 1-1  (別冊World Soccer Magazine)
David Beckham
 2003/10/11 ユーロ04予選7組 vs.トルコ 0-0  (データ不明 REUTERS/Ian Hodgson)
臼aul Scholes
 2003/6/3 テストマッチ vs.セルビア・モンテネグロ 2-1  (Getty Images)

課五忿爪03-04UMBRO白白白.jpg
白×白×白 Michael Owen
 2003/9/10 ユーロ04予選7組 vs.リヒテンシュタイン 2-0  (WORLD SOCCER MAGAZINE 04/6/17)


2002-2003年(UMBRO)アウェイ
 日韓W杯とユーロ04予選を戦ったアウェイモデル。
イングランド02-03UMBRO赤白赤-集合.JPG

イングランド02-03UMBRO赤白赤.JPG イングランド02-03UMBRO赤紺赤.JPG
赤×白×赤 集合
 2002/6/12 日韓W杯GL第3戦 vs.ナイジェリア 0-0 (getty images/Alex Livesey)
Rio Ferdinand
 2002/6/7 日韓W杯GL第2戦 vs.アルゼンチン 1-0 (getty images/Laurence Griffiths)
艶ヤ×紺×赤 Gary O'Neil
 2003/11/29 UAEワールドユース vs.U-20日本 0-1 (REUTERS/Anwar MIRZA)


2001-2002年(UMBRO)ホーム
 日韓W杯予選と本大会を戦ったモデル。左前面に入った赤いラインがスタイリッシュ。
イングランド01-02UMBRO白紺白-集合.JPG

イングランド01-02UMBRO白紺白2.JPG イングランド01-02UMBRO白紺白.JPG
白×紺×白 集合
 2002/6/2 日韓W杯GL第1戦 vs.スウェーデン 1-1  (getty images/David Cannon)
Michael Owen
 2001/9/1 日韓W杯予選 vs.ドイツ 5-1  (Kazuyoshi Shimizu)
臼aul Scholes
 2001/ 日韓W杯予選  (写真データ不明)

イングランド01-02UMBRO白白白-集合.JPG

イングランド01-02UMBRO白白白.JPG
白×白×白 集合 David Beckham
 2001/10/6 日韓W杯予選 vs.ギリシャ 2-2  (写真データ不明)


2000-2001年(UMBRO)アウェイ
 ユーロ2000本大会と日韓W杯予選を戦ったアウェイモデル。
England-00-01-UMBRO-uniform-red-white-red-group.JPG

イングランド00-01UMBRO赤白赤.JPG
赤×白×赤 集合 Michael Owen
 2000/6 ユーロ2000 GL第2戦 vs.ドイツ 1-0
(Actionimages/PHOTO KISHIMOTO SOCCER DIGEST MOOK)


1999-2000年(UMBRO)ホーム
 ユーロ2000予選と本戦を戦ったモデル。
England-99-00-UMBRO-uniform-white-navy-white-group.JPG

イングランド00-01UMBRO白紺白.JPG England-99-00-UMBRO-uniform-white-navy-white.JPG
白×紺×白 集合
 試合データ不明  (World Soccer Graphic別冊)
David Beckham
 2000/6 ユーロ2000 (日本スポーツ企画出版社/SOCCER DIGEST MOOK)
臼aul Scholes
 試合データ不明  (THE OFFICIAL BOOK EURO2000)


1998年(UMBRO)
 フランスW杯本大会で着用されたモデル。1997年モデルと同デザインだが、胸中央の協会エンブレムの下に「FIFA WORLD CUP FRANCE 1998」の文字が入る。
 決勝トーナメント1回戦で、アルゼンチンに敗れベスト16で姿を消した。ベッカムの退場は「10人の勇敢な獅子と1人の愚か者」としてあまりにも有名。そのアルゼンチン戦では、18歳のオーウェンが見せたスーパーゴールも語り草になっている。
England-98-UMBRO-uniform-white-navy-white-group.JPG

England-98-UMBRO-uniform-white-navy-white.JPG
白×紺×白 集合 Michael Owen
 1998/6/15 フランスW杯G組第1戦 vs.チュニジア 2-0(マルセイユ)
              (World Soccer Magazine 週刊Soccer Digest増刊)

England-98-UMBRO-uniform-white-white-white.JPG
白×白×白 Michael Owen
 1998/6/30 フランスW杯決勝T1回戦 vs.アルゼンチン 2-2 3PK4  (写真データ不明)

England-98-UMBRO-uniform-red-white-white.JPG
赤×白×白 David Beckham
 1998/6/26 フランスW杯G組第3戦 vs.コロンビア 2-0  (写真データ不明)


1997年(UMBRO)
 フランスで行われたプレW杯で着用されたモデル。W杯本大会、ユーロ2000予選前半まで着用された。アウェイモデルは不評だった前モデルのグレーから、伝統の赤に戻った。
England-97-98-UMBRO-uniform-red-white-red-group.JPG
赤×白×赤 集合
 1997/6 フランス・トーナメント vs.ブラジル  (写真データ不明)




1992年(UMBRO)
England-92-93-UMBRO-away-kit-red-white-red-line-up.jpg

England-92-UMBRO-uniform-red-white-red.JPG
赤×白×赤 集合
 試合データ不明 (週刊Soccer Digest)
Gary Lineker
 1992/5/17 テストマッチ vs.ブラジル 1-1  (www.sporting-heroes.net/George Herringshaw)


1990年(UMBRO)
 イタリアW杯着用モデル。準決勝で西ドイツ、3位決定戦でイタリアに敗れ、4位で大会を終えた。
England-90-UMBRO-home-kit-white-navy-white-line-up.jpg

England-90-UMBRO-home-kit-white-navy-white.jpg
白×紺×白 集合
 1990/6/26 イタリアW杯ラウンド16 vs.ベルギー 1-0(ボローニャ)  (www.worldcupteams.republika.pl)
Paul Gascoigne
 1990/ イタリアW杯  (Soccer Magazine)


1986年(UMBRO)
 メキシコW杯着用モデル。準々決勝でマラドーナ率いるアルゼンチンと激突し、「神の手」ゴールと「5人抜きドリブル」の前に涙を飲んだ。
England-1986-UMBRO-home-kit-white-navy-white-line-up.jpg

England-86-UMBRO-uniform-white-navy-white.JPG
白×紺×白 集合 
 1986/ メキシコW杯  (www.worldcupteams.republika.pl)
Gary Lineker
 1986/6/18 メキシコW杯決勝T1回戦 vs.パラグアイ 3-0  
(www.sporting-heroes.net/Joe Mann)


1982年(Admiral)
 スペインW杯着用モデル。ユーロ80モデルと同デザインのモデルを採用。ホームモデルにはメーカーロゴが付くが、アウェイモデルには付いていない。フランス、チェコスロバキア、クウェートとの1次リーグを3連勝で勝ち抜いたが、西ドイツ、スペインとの2次リーグでは2分けに終わり敗退した。
England-1982-Admiral-home-kit-white-blue-white-line.jpg

England-82-Admiral-home-kit-white-navy-white.JPG
白×青×白 整列
 1982/7/5 スペインW杯2次リーグB組第2戦 vs.スペイン 0-0(マドリード)
(thevintagefootballclub.blogspot.jp)
 
Glenn Hoddle
 1982/6/20 スペインW杯1次リーグD組第2戦 vs.チェコスロバキア 2-0(ビルバオ)  (写真データ不明)

England-1982-Admiral-away-kit-red-white-white-line-up.jpg

England-82-Admiral-away-kit-red-white-white.jpg
赤×白×白 集合
 試合データ不明  (www.assetstorage.co.uk)
Trevor Francis
 1982/6/16 スペインW杯1次L第1戦 vs.フランス 3-1(ビルバオ)  (Soccer Digest増刊)


1980年(Admiral)
 イタリアで行われた欧州選手権で着用されたモデル。ベルギー、イタリア、スペインとの組で1勝1敗1分で3位に終わった。3試合ともホームモデルを着用した。
England-80-Admiral-home-kit-white-blue-white-line-up.jpg

England-80-Admiral-home-kit-white-blue-white.jpg
白×青×白 集合 Dave Watson
 1980/6/12 ヨーロッパ選手権(イタリア)2組第1戦 vs.ベルギー 1-1(トリノ)  (ELEVEN)


1979-1980年(Admiral)
 欧州選手権80予選着用モデル。
England-79-Admiral-home-kit-white-blue-white.JPG
白×青×白 選手名不明
 1980/3/26 テストマッチ vs.スペイン 2-0(バルセロナ)  (ELEVEN増刊)

England-79-Admiral-away-kit-red-white-white.jpg
赤×白×白 Kevin Keegan
 1979/6/6 欧州選手権予選 vs.ブルガリア 3-0(ソフィア)  (ELEVEN増刊)


1973年(UMBRO)
 西ドイツW杯予選を戦ったモデル。ポーランドとの競り合いに敗れ、本大会出場を逃した。
イングランド73メーカー不明白紺白-悲嘆.JPG

イングランド73メーカー不明白紺白.JPG
白×紺×白 悲嘆 Roy McFarland(3rdL) Mick Channon
 1973/10/17 西ドイツW杯予選5組 vs.ポーランド 1-1  (Soccer Magazine73年12月号/Uniphoto Press)


1970年
 メキシコW杯着用モデル。
England-1970-world-cup-kit-white-white-white-line-up.jpg
白×白×白 集合
 1970/6/7 メキシコW杯3組第2戦 vs.ブラジル 0-1(グアダラハラ)
(www.worldcupteams.republika.pl)


England-1970-world-cup-away-kit-red-white-red-line.jpg
赤×白×赤 整列
 1970/6/14 メキシコW杯準々決勝 vs.西ドイツ 2-3(レオン)  (www.worldcupteams.republika.pl)


1966年
 自国開催ワールドカップ優勝モデル。決勝で西ドイツを破った。
England-1966-world-cup-away-kit-red-white-red-victory.jpg
赤×白×赤 歓喜
 1966/7/30 イングランドW杯決勝 vs.西ドイツ 4-2(ロンドン)
(projekteuro12.files.wordpress.com)



1962年
 チリW杯着用モデル。
England-1962-world-cup-kit-white-white-white-line-up.jpg
白×白×白 集合
 1962/6/2 チリW杯4組第2戦 vs.アルゼンチン 3-1(ランカグア)
(projekteuro12.files.wordpress.com)


http://www.fotbollsweden.se/England%20Rek.%20Bilder.htm


1958年
 スウェーデンW杯着用モデル。
England-1958-world-cup-kit-white-navy-navy-line-up.jpg
白×紺×紺 集合
 1958/ スウェーデンW杯  (projekteuro12.files.wordpress.com)


1954年
 スイスW杯着用モデル。
England-1954-world-cup-kit-white-navy-navy-line.jpg
白×紺×紺 整列
 1954/ スイスW杯  (projekteuro12.files.wordpress.com)


1950年
 ブラジルW杯着用モデル。
England-1950-world-cup-kit-white-navy-navy-line-up.jpg
白×紺×紺 集合
 1950/ ブラジルW杯  (projekteuro12.files.wordpress.com)






posted by yuuki_ono_99 at 00:09 | Comment(16) | TrackBack(0) | ヨーロッパ(UEFA) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
http://www.whoateallthepies.tv/kits/166071/nike-unveil-new-2013-england-home-kit-in-full-its-growing-on-us-photos-video.html

待ちに待っていたのがでましたよFA150周年記念ナイキユニフォームが!でも八ヶ月後に新たなデザインがでるようです。
Posted by Three Lions at 2013年05月21日 02:19
FAがNikeとのサプライヤー契約を発表したようですね・・・勝手にイングランドは
国内メーカーのサプライで行くもんだと思い込んでた分だけ衝撃の大きなニュースです^^;
イングランドとNike・・・全く持って想像出来ません(汗)
http://www.thefa.com/TheFA/NewsAndFeatures/2012/nike-kit-supplier-announcement-030912.aspx
Posted by rodeo at 2012年09月03日 23:11
>さんばやたがらすさん
イングランドは、こうしてみるとハズレがないですね。
ユーロ96の頃は、代表ユニの画像収集を始めて間もない頃だったので、
イングランド96年アウェーは、すごくインパクトが強かった印象があります。
Posted by yuuki_ono_99 at 2011年12月10日 21:13
どうもです。
イングランドいいですね。
自分は96ユーロのユニが思い入れがあって・・・
あの時はアウェーがグレーでもう一目惚れでした。
初めて買ったユニフォームです。
シアラー、ガッザ、アンダートン、、、最高です。
Posted by さんばやたがらす at 2011年12月10日 21:03
>Three Lionsさん
初コメで貴重な情報をありがとうございます。
本文修正して、79〜82年のAdmiralを追加アップしました。
古いUMBROはまた次の機会に。。。
Posted by yuuki_ono_99 at 2011年12月10日 03:49
1973年のキットはUmbroです。最初に1954年から1961年まで。1965年から1974年までUmbroで1984年からずっとUmbroです。
Posted by Three Lions at 2011年12月07日 08:50
>POM2號さん
初コメありがとうございます。
さてロンドン五輪サッカー・イギリス代表の件ですが、現在私が得ている情報は以下の通りです。
(1)4協会統一チームの結成に関しては、今のところイングランド代表チームを「イギリス代表」とする模様。(wikipedia より)
(2) イングランド以外の3協会が自協会の消滅を危惧して反対しているとのこと。
(3)本大会ではオーバーエイジ枠が使われる模様で、ベッカム選手が参加に意欲的。
(4)代表チームのユニフォーム情報は一切リリースされていない。

以上の情報から、ボクは希望的観測も含めて、次のように考えます。
(1)統一チームに関してはほぼ確定だろうが、どんでん返しの可能性もゼロではない。
(2)国民的英雄のギグス選手(ウェールズ)の参加を世論の後押しにより、是非実現して欲しい。
(3)仮にイングランド代表単独チームとなっても、五輪用のユニフォームはリリースされるべき!
(4)その一番の理由はナショナルカラー。イングランドのユニフォームは白と赤だが、イギリスの過去の五輪の他競技のユニフォームは紺をメインカラーとしている。
(5)サプライヤーはUMBRO が有力だが、北京五輪からのIOCの指導により、ロゴマークは外されるだろう。国旗(ユニオンジャック)が胸に付けられると思われる。
(6)2011年6月にデンマークで行われるU-21ヨーロッパ選手権で本大会出場国が決まる。ここにはイングランド代表も参加する為、本大会出場に向けてのチーム編成は、この大会後に議論が始まると思われる。
(7)ユニフォーム情報に関してはイングランドの情報サイト「Foootball Shirt Culture.com」「Foootball
Shirts News」を要チェック!

こんな感じですね。
Posted by yuuki_ono_99 at 2011年05月05日 20:01
>お名前不明さん
W杯ドイツ戦のスコア誤記のご指摘、ありがとうございました。
修正しました。
Posted by yuuki_ono_99 at 2011年05月05日 18:59
はじめまして。

ロンドン五輪は英国4協会連合軍でO.A.枠付きU-23イギリス代表を組織することになっているようです(各協会、特にスコットランド協会が反発しているとも聞きますが…)が、ユニホームデザインなど、管理人さんは情報キャッチされておられますでしょうか…?

情報アップを楽しみにしております。
Posted by POM2號 at 2011年05月05日 12:44
スロベニアとの最終戦でようやく気迫を見せ2位突破は果たしたが、
 ラウンド16で因縁のドイツに0-4と大敗し、失意のまま大会を去った。

四対一です。
Posted by at 2011年03月30日 05:13
>nobuさん
コメントありがとうございます。
さっそく追加修正しました。

ブラジルの82年のメーカーもわかりますか?
http://football-uniform.seesaa.net/article/19364664.html
Posted by yuuki_ono_99 at 2008年12月29日 15:45
1982年のユニホームのメーカーはアドミラルです。
Posted by nobu at 2008年12月29日 15:31
チャット状態(笑)
明日も休みだし、今はFIFA未加盟国・地域(アフリカ)に入っちゃいました(苦笑)
Posted by yuuki_ono_99 at 2007年09月24日 01:06
マッハ級の対応感謝します。
さっそく注文してみたり(笑い
もちろん7番です。
Posted by なぷる at 2007年09月24日 01:00
07モデルは去年のモデルまで申し訳程度に付いてたあの小さい襟は取れたんですかね?
あの襟がなければ買いなんだけどなー。
Posted by なぷる at 2007年09月24日 00:26
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/16146783

この記事へのトラックバック