【保存版】ヨーロッパ(UEFA)各国代表ユニフォームのサプライヤーシェアの変遷(2006-2011年)

現在UEFA(欧州サッカー連盟)には53の国と地域が加盟している。各国代表のユニフォームは2年ごとにモデルチェンジされているが、ここ3モデル(6年)のサプライヤー構成の変遷をまとめてみた。

Euro-Share.JPG

Euro-Share-2.JPG adidas(19)ドイツ(Germany) スロバキア(Slovakia) ロシア(Russia) アンドラ(Andorra) フェロー諸島(Faroe Islands) フランス(France) ルーマニア(Romania) ハンガリー(Hungary) フィンランド(Finland) サンマリノ(San Marino) イスラエル(Israel) ラトビア(Latvia) ギリシャ(Greece) デンマーク(Denmark) キプロス(Cyprus) スコットランド(Scotland) スペイン(Spain) リヒテンシュタイン(Liechtenstein) ウクライナ(Ukraine) 

 NIKE(8)トルコ(Turkey) セルビア(Serbia) エストニア(Estonia) スロベニア(Slovenia) オランダ(Netherlands) クロアチア(Croatia) ポルトガル(Portugal) ポーランド(Poland) 

 UMBRO(8)アゼルバイジャン(Azerbaijan) カザフスタン(Kazakhstan) アイルランド(Republic of Ireland) 北アイルランド(Northern Ireland) スウェーデン(Sweden) イングランド(England) ウェールズ(Wales) ノルウェー(Norway) 

 PUMA(7)オーストリア(Austria) マケドニア(FYR Macedonia) イタリア(Italy) ベラルーシ(Belarus) スイス(Switzerland) ブルガリア(Bulgaria) チェコ(Czech Republic) 

 LEGEA(3)アルバニア(Albania) ボスニア・ヘルツェゴビナ(Bosnia-Herzegovina) モンテネグロ(Montenegro) 

 JAKO(3)ルクセンブルク(Luxembourg) モルドバ(Moldova) グルジア(Georgia) 

 hummel(2)アルメニア(Armenia) リトアニア(Lithuania) 

 errea(1)アイスランド(Iceland) 

 BURRDA(1)ベルギー(Belgium)

 GIVOVA(1)マルタ/Malta/Malta 






@ワールドカップでは三大メーカー(adidas、PUMA、NIKE)のシェアが高いが、ヨーロッパの場合、UMBROを加えた四大メーカーのシェアが高い。

A四大メーカーの中では、唯一adidasがシェアを伸ばしており、他の3メーカーはほぼ横ばい。

B06-07年では15のサプライヤーがあったが、10-11年では10に減っている。つまり四大メーカーへの寡占化が進んでいると言える。

C特に中堅メーカーのDIADORA、lotto、KAPPAなどがこの3期でシェアがゼロになっている。


【関連記事】
 ヨーロッパでアディダスが復権!(南アフリカW杯ヨーロッパ予選におけるメーカーシェア)
 90年代以降の各国代表ユニフォームの傾向に関する考察






posted by yuuki_ono_99 at 18:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | ユニフォームメーカー研究 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。