PUMAのアフリカ包囲網、加速! マラウィ、ブルキナファソ、ガボンに続き南アフリカまでサプライヤー変更か?

ヨーロッパでのシェアを減らしているPUMA。
(ヨーロッパ各国代表ユニフォームのサプライヤーシェアの変遷)

そのPUMA、一方でアフリカ各国のサプライヤーとしてのシェアを着々と伸ばしている。
PUMAのアフリカ進出のきっかけとなったのは、98年カメルーン代表のサプライヤーとなってから。2000年にはPUMAカメルーンがシドニー五輪を制した。
2002年や2005年にはノースリーブモデルやワンピースモデルなどで話題を呼んだ。

2006年ドイツW杯では出場5ヶ国全てをサプライしたのを皮切りに、2010年アフリカ・ネーションズカップでは出場16ヶ国中9ヶ国を占め、現在ではランキング上位国を中心に15ヶ国をサプライしている。

FIFA最新(2010/11/17)ランキング
  1 (19) エジプト国旗.gif エジプトEgypt/Egipto
  2 (17) ガーナ国旗.gif ガーナ/Ghana/Ghana
  3 (19) コートジボワール国旗.gif コートジボワール/Côte d'Ivoire/Costa de Marfil
  4 (33) ナイジェリア国旗.gif ナイジェリア/Nigeria/Nigeria (adidas)
  5 (34) アルジェリア国旗.gif アルジェリア/Algelia/Algelia
  6 (37) ガボン国旗.gif ガボン/Gabon/Gabón
  7 (38) カメルーン国旗.gif カメルーン/Cameroon/Camerún
  8 (41) ブルキナファアソ国旗.gif ブルキナファソ/Burkina Faso/Burkina Faso
  9 (44) チュニジア国旗.gif チュニジア/Tunisia/Túnez
 10 (47) ギニア国旗.gif ギニア/Guinea/Guinea (AIRNESS)
 11 (50) 南アフリカ国旗.gif 南アフリカ/South Africa/Sudáfrica (adidas)
 12 (64) マリ国旗.gif マリ/Mali/Mali (AIRNESS)
 13 (67) Botswana_flag.gif ボツワナ/Botswana/Botsuana (All kasi)
 14 (69) ザンビア国旗.gif ザンビア/Zambia/Zambia (NIKE)
 14 (69) Uganda_flag.gif ウガンダ/Uganda/Uganda (adidas)
 16 (72) ベナン国旗.gif ベナン/Benin/Benín (AIRNESS)
 17 (75) セネガル国旗.gif セネガル/Senegal/Senegal
 18 (77) マラウィ国旗.gif マラウィ/Malawi/Malaui (adidas)
 19 (80) モロッコ国旗.gif モロッコ/Morocco/Marruecos
 20 (81) リビア国旗.jpg リビア/Libya/Libia (NIKE)
 22 (92) アンゴラ国旗.gif アンゴラ/Angola/Angola
 24 (98) モザンビーク国旗.JPG モザンビーク/Mozambique/Mozambique
 27(107) Togo_flag.gif トーゴ/Togo/Togo
 38(141) ナミビア国旗.gif ナミビア/Namibia/Namibia
 41(158) マダガスカル国旗.JPG マダガスカル/Madagascar/Madagascar
PUMA-African-teams.jpg 

またPUMAは、プロモーションでもアフリカ中心の戦略を敷いている。
(PUMA 10-11年アフリカ・ネーションズカップ用プロモーション画像)
2010年には国連環境計画(UNEP)とのコラボで、世界初のアフリカ大陸ユニフォームをリリースするなど、アフリカ・サッカー界に多大な貢献をしている。

ランキング下位国ではadidasも奮闘している。 (南アフリカW杯アフリカ2次予選のメーカーシェア)
先のW杯ではホスト・南アフリカのサプライヤーとして気を吐いた。

しかし今回届いたニュースによると、南アフリカ・サッカー協会はPUMAからのニューモデルのプレゼンテーションを受けた模様。
この秋からブルキナファソ(AIRNESS)、ガボン(AIRNESS)もPUMAへサプライヤー変更を果たし、ボツワナ(KASHI)、マラウィ(adidas)も続く。

PUMAの牙城は当分崩れそうにない。






posted by yuuki_ono_99 at 15:29 | Comment(6) | TrackBack(0) | 新ユニフォーム情報(2011-12) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
>デル・カルチョさん
2000年ネーションズカップではガーナ、ブルキナファソ、コートジボワール、ガボン、トーゴと
16ヶ国中5ヶ国(現在全てPUMA...)をサプライしていました。
この大会では南アフリカはadidasに変更した後でしたね。

そのKAPPAも今ではジャマイカくらいですか。。
Posted by yuuki_ono_99 at 2010年11月25日 00:36
yuukiさん

確かにKAPPAがアフリカ戦略をとってた時期ありましたね!

時に南アフリカのあのコテコテな(笑)ユニフォームデザインが特に印象的でした!!

あの頃はマーク・フィッシュ選手とかいましたね…確か…

懐かしい
Posted by デル・カルチョ at 2010年11月25日 00:06
> レミさん
初コメありがとうございます。
ようこそ!!ですね。

ブログ見させていただきました。
女性らしい視点(ゼッケンフォントのところ)かと思えば
綿密なデータ検証に基づく考察(各リーグ得点ランク比較のところ)だったり、素晴らしいですね。

うちは超特化しちゃってますが。。
これからもよろしくです。
Posted by yuuki_ono_99 at 2010年11月24日 14:29
はじめまして!!

私もユニフォームに興味があって、いろいろ調べていたらこちらにたどり着きました。
すごいですここ!!
驚きです!
これからも寄らせてください!

一応私もブログしてます。
こちらと比べるととても子供っぽいですけど…
(´・ω・`)
Posted by lemistzuck at 2010年11月24日 13:04
>デル・カルチョさん
90年代に一時、KAPPAがアフリカ戦略をとった時がありました。

ただ、今のPUMAはアフリカのサッカー啓蒙にも貢献していると思います。
Posted by yuuki_ono_99 at 2010年11月24日 00:51
プーマのあのロゴとアフリカのイメージが上手いことシンクして、戦略的に成功しているように思います

サッカーに限らず他の陸上競技でもアスリートが着用している姿をよく目にしますので、しばらくアフリカ路線で行くのでしょう!!
Posted by デル・カルチョ at 2010年11月23日 23:26
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック