【再掲載/あの日を忘れない】世界から届く#prayfortohoku(サッカー界から東日本大震災の被災者へ向けてのメッセージ集)















2011/3/20 バレンシア-セビージャ戦(Valencia-Sevilla/Valencia)

Prayfortohoku_Valencia_1.JPG


Prayfortohoku_Valencia_Sevilla_2.JPG


Prayfortohoku_Valencia_3.JPG


3月20日(日)に行われたバレンシア対セビージャ戦開始前、東日本大震災の犠牲者のために1分間の黙祷を捧げた。この試合だけではなく、リーガの全試合の開始前には行われた。

2004年のバレンシアの日本ツアーの時、チームは日本の国民に暖かく歓迎され、当時からバレンシアと日本の絆が強くなった。日本のファンたちがいるから、誇りに思ってやり続けている。3月11日には、在神戸と大阪のバレンシア財団サッカー学校と連絡して、関係者や弟子達も無事であることは嬉しい知らせだった。

更に、バレンシアのファンだけではなく、サッカーを愛している人々の心に残る出来事もあった。それは、尊敬する日本の国民や大震災の犠牲者との連帯の気持ちを捧げるために、バレンシアの選手全員は背番号の名前がカタカナで書かれたユニフォームを着ていた。


2011/3/25 韓国-ホンジュラス戦(South Korea-Honduras/Seoul) (REUTERS)

Prayfortohoku_South Korea_Honduras.JPG


Prayfortohoku_South Korea_Honduras_2.JPG
 

ソウルにホンジュラスを迎えた韓国。スタンドのファンからは日本を励ます横断幕が掲げられ、試合前には黙祷も行われた。


2011/3/20 川島永嗣(Eiji Kawashima/Lierse) (共同)

Prayfortohoku_Eiji_Kawashima.JPG


日本代表GK川島が所属するリールセが20日、最終節で逆転の1部残留を決めた。ホームで4位のクラブ・ブリュージュと0-0で引き分けて勝ち点24とし、競っていたウーペンが敗れて勝ち点23にとどまったため、前節の15位から残留圏内の14位に滑り込んだ。川島は完封に貢献し、自らの28回目の誕生日を涙で祝った。リールセは今後、欧州リーグ予選2回戦出場権をかけたプレーオフに進出する。

0-0の後半ロスタイム2分。1万1994人の観客から「カワシマ!」コールがわき起こった。シュートをはじいた直後、こぼれ球へ突っ込んできた相手FWクエマハに激突され転倒。川島は頭部に衝撃を受け、苦痛の表情で起き上がれなくなった。しかし駆けつけた医療スタッフを拒否して起き上がると、スタンドから大コール。その1分後、1部残留を告げる試合終了のホイッスルが鳴り、涙ぐみながら同僚ひとり一人と抱き合った。

試合前の入場時、東日本大震災の被災者を支援するため、スタンド全体がクラブ側が配布した日の丸のシートで埋め尽くされた。「チームメートが“おまえの国のために戦うよ”と言ってくれたのがすごくうれしい!」。最高の28回目の誕生日となった。「誕生日というだけでなく、日本のためにプレーしようという気持ちもあった。チームに感謝したい」。日本代表の慈善試合参加後は、欧州リーグ出場をかけてプレーオフを戦う。「自分の目標は変わらない。チームに貢献できたらいい」と変わらぬ姿勢を貫く。(スポーツ報知)

Prayfortohoku_Lierse.JPG



2011/3/19 細貝萌(Hajime Hosogai/Augsburg)

Prayfortohoku_Hajime_Hosogai.JPG


19日のオーバーハウゼン戦で、アウクスブルク移籍後初となるスタメン出場を果たした日本代表MF細貝萌。試合前の黙祷や、試合後のサポーターへのあいさつで涙を流した細貝は、自身の公式ブログで当時の状況をつづっている。

「19日のvs Oberhausenでは初スタメンで84分までプレーし、2-0で勝つことが出来ました」

「試合前には黙祷。ゴール後にはみんなが日本の国旗で日本へ向けてのエールもくれ、試合後にはAugsburgサポーター全員が、日本まで届くくらい大きな声で何度も僕の名前を呼んでくれたよ!!」

「本当にAugsburgサポーターも日本の事を心配してくれてて日本人として本当に嬉しかった。みんな日本の事を思ってくれてるよ!!」

また、29日に行われるチャリティーマッチについては、25日までは帰国できないとしながらも、「日本代表の選手としてしっかり皆さんに勇気を与えられるよう、練習から全力でプレーしたいと思います!!」と意気込みをつづっている。(SOCCER KING)


アルベルト・ザッケローニ(Alberto Zaccheroni) 日本代表監督からのメッセージ

Prayfortohoku_Zaccheroni.JPG 3月17日に日本に戻る準備をしている中、3月の代表戦を中止し、チャリティーマッチを開催する方向で準備をしているという連絡を受けた。
日々、刻々と被災状況と甚大な被害が明らかになる中で、このチャリティーマッチを、被災者の皆様と復興に向けた活動を支援していく最初の活動としていきたい。
被災された皆様にはあらためて心からお見舞いの気持ちをお伝えし、少しでも勇気づけることができればと思っている。

 日本代表チームの監督に就任以来、団結力や規律、他人を尊重する心など、日本人の美徳を間近で見てきた。
 このような困難な状況に置かれても、日本は必ず立ち直ると確信している。
 私も、被災者への支援や復興に向けて、日本サッカー協会とともに、代表チームとして、サッカー界として一致団結して全力を尽くしていきたい。
アルベルト・ザッケローニ



岡田武史(Takeshi Okada) 元日本代表監督からのメッセージ

Prayfortohoku_Takeshi_Okada.JPG 東北地方太平洋沖地震で被災された方々に心からお見舞いを申し上げます。数多くの方々が辛い状態にある現在の状況に胸が張り裂ける思いです。
私個人として、今何ができるのか考えています。大きなことはできないかもしれませんが、ひとりでも多くの人の力になれるように一歩でも動き出したいと思っています。

 私たちが愛する日本サッカーが世界に誇れる強みは、「一体感」だと昨年のワールドカップでも実感しました。また今回の被害への対応を報道しているアメリカ誌では「不屈の日本」と技術力や精神力が称えられていたようです。日本人は、その強みを生かし今回の難局に立ち向かい闘い続けられる国民だと思います。

 今、私ができることは、「多くの仲間が皆さんをサポートしようとしているので、頑張ってください」と伝えることしかできません。しかし、サッカーファミリー、スポーツを愛する人々の力をひとつにまとめると被災地で闘い続ける人たちの力になれると信じています。
岡田武史



イヴィツァ・オシム(Ivica Osim) 元日本代表監督からのメッセージ

Prayfortohoku_Ivica_Osim.JPG 日本での大地震、大津波、原子力発電所のニュースを息が止まるような気持ちで見ています。大きなショックを受けています。たくさんの犠牲者、被災者の方々にお見舞い申し上げます。

 また、日本でのわたくしたちの友人たちの安否も気遣っています。日本サッカー協会、代表チームのスタッフ・関係者、Jリーグ各クラブや選手たち、その家族や友人たちの安全を祈っております。みなさまに心からのご挨拶を送ります。
イヴィツァ・オシム、アシマ・オシム





ジーコ(Zico) 元日本代表監督からのメッセージ

Prayfortohoku_Zico.JPG 長い間私の通訳として働いてくれた親友のスズキと、やっと電話が今日(12日)つながった。彼の口から聞いた、今回の地震と津波の事実はショッキングだった。

 TVで映像を見たときのショックは、言葉では説明出来ない。船や車を、まるで玩具の様に飲み込んでしまう津波の勢いは物凄い。仙台は自分もよく知っている宮城県の街で、ベガルタの本拠地だ。確かこの地域には、カシマの小笠原のご両親が住まわれているのでは?

 心より祈るのは犠牲者、また被災の程度が出来る限り少なくあって欲しいということだ。過去の辛いご経験が役立ち、一人でも多くの人が無事であってほしい。人命は最も尊いものだから。私に対して、本当に良くして下さった日本の皆さんへ送るメッセージです。日本皆さん、頑張って下さい! 
ジーコ



フィリップ・トルシエ(Philippe Troussier) 元日本代表監督からのメッセージ

Prayfortohoku_Philippe_Troussier.JPG 日本が見舞われた悲劇に私自身も直面して、被害にあわれたすべての家族の方々と、肉体的・精神的に苦しんでられるすべての日本の方々に、心からのお見舞いとお悔やみを申し上げます。

 この未曽有の大災害は、日本を襲ったのはもちろんですが、同時に人間社会一般に対する自然からの攻撃でした。悲嘆にくれる日々を過ごすわれわれがまずやるべきは、犠牲になった人々を思うことです。そしてこのような状況では、わずか数日前に愛するものを失った人々、すべてを失くしてしまった人々の前で、言葉は何の意味も持ちません。

 しかしみなさんと私は、言葉を超えた信頼の絆でつながっています。みなさんと世界との連帯、復興のための活動に、何らかの形で貢献できます。微力ではありますが、私にその心づもりがあることを、どうか忘れないでください。
フィリップ・トルシエ



2011/3/15 長友祐都(Yuto Nagatomo/Inter) (AP Photo)

Prayfortohoku_Yuto_Nagatomo.JPG



インテル長友佑都は15日、チャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦セカンドレグでバイエルン・ミュンヘンと対戦し、終盤の87分から途中出場した。直後の88分、MFスナイデルのロングボールに反応してサイドを駆け上がると、そのままエリア内へと侵入してボールを受けたFWエトーをサポート。そのエトーのパスからFWパンデフが決勝点を挙げ、インテルは敵地で3-2と勝利を収めた。2試合合計スコアで3-3とタイにしたインテルは、アウェーゴールの差でベスト8進出を決めている。
ている。

キックオフ前、ベンチで長友は日の丸を掲げた。そこには、「どんなに離れていても心は一つ。一人じゃない。みんながいる! みんなで乗り切ろう! You’ll never walk alone」のメッセージ。長友は試合後もピッチでこの日の丸を掲げ、悲劇に襲われた母国へエールを送っている。(Goal.com)


2011/3/14 元Jリーガーのフッキ(Hulk)がメッセージ「私の心は泣いている」 (YouTube)

Prayfortohoku_Hulk.JPG


Prayfortohoku_Hulk_2.JPG

東京Vや札幌などでプレーした経験を持つポルトのFWフッキが、14日に行われたウニオン・レイリア戦で、大災害に見舞われた日本へとメッセージを送った。

フッキは1−0で迎えた90分、PKを獲得すると自らキッカーとなりゴールを決めた。その際、フッキはゴールを祝福することもなく静かにテレビカメラへと歩み寄り、ユニフォームをめくり上げた。そこには以下のようなメッセージがプリントされていた。

「Japão, o meu coração chora. Estamos juntos, força」
「日本、私の心は泣いている。我々は皆さんとともにある。ともに戦おう」

フッキはJリーグを経て、現在はポルトで活躍中。20ゴールを挙げて得点ランキングを独走し、欧州中のビッグクラブから注目される存在に成長している。そんな“怪物”フッキも日本のことを気にかけ、心を痛めているようだ。


2011/3/13 23:28 カルロス・プジョル(Carles Puyol/Spain)
Prayfortohoku_Carles_Puyol.JPG
Prayfortohoku_Carkes5puyol.JPG
「日本の皆さんを励まします!!!」






2011/3/13 宮市亮(Ryo Miyaichi/Feyenoord) (AFRO)

Prayfortohoku_Ryo_Miyaichi.JPG


18歳の宮市亮も、遠くオランダの地からメッセージを発した。フェイエノールトでプレーする宮市亮は13日のNAC戦にフル出場。「一人でも多くの人が救われますように」と書かれたシャツを着用し、腕には喪章を付けて戦った。(Number Web)


2011/3/13 家長昭博(Akihiro Ienaga/Mallorca) (AFRO)

Prayfortohoku_Akihiro_Ienaga.JPG


13日、リーガ・エスパニョーラ・マジョルカでプレーする家長昭博は、レバンテ戦に移籍後初の先発出場。キックオフ前に、「困難に立ち向かっている日本にいるすべての人を誇りに思う」と日本語とスペイン語で書かれたシャツを披露した。(Number Web)


2011/3/13 リーガ・エスパニョーラ セビージャ-バルセロナ戦(Sevilla-Barcelona) (Getty Images)

Prayfortohoku_Sevilla_Barcelona.JPG


Prayfortohoku_Sevilla_Barcelona_2.JPG


セビージャ対バルサ戦で掲げられた「頑張れ、日本!僕らは君と共にいる」の横断幕。日本のほとんどのメディアが「バルサが激励」と伝えているが、それは違う。この横断幕はセビージャが用意したものだ。(@iokawauchi)

2011/3/13 レアル・マドリード(Real Madrid) (AFRO)

Prayfortohoku_Real_Madrid.JPG


Prayfortohoku_Real_Madrid_2.JPG


リーガ・エスパニョーラ、レアル・マドリー対エルクレスの一戦。試合前には、両チームの選手が東日本大震災の犠牲者に対し、1分間の黙祷を捧げた。サンティアゴ・ベルナベウ・スタジアムの電光掲示板には、「レアル・マドリードは日本の皆様と共にいます」と、日本語とスペイン語で表示されていた。(Number Web)


アーセナル・ファン(Arsenal)

Prayfortohoku_Arsenal.JPG



2011/3/12 岡崎慎司(Shinji Okazaki/VfB Stuttgart) (AFRO)

Prayfortohoku_Shinji_Okazaki.JPG


シュツットガルトの岡崎慎司は、12日のザンクトパウリ戦、「日本の皆様の安全と無事を祈ってます。」と書かれたシャツを着こんで出場。両クラブとも、選手たちは東日本大震災の犠牲者を追悼する喪章を腕に巻いてプレーした。試合は、2−1でシュツットガルトが勝利。連勝を3に伸ばした。(Number Web)

2011/3/12 安田理大(Michihiro Yasuda/Vitesse) 「共に戦おう」

Prayfortohoku_Michihiro_Yasuda.JPG


こんばんは。
インターネットやオランダのTVで知る今回の地震、津波のニュース。
死者、負傷者、行方不明者の数。
被災地の様子。
どのニュースを見ても心が痛む。
信じられない・・・。 

俺がプロサッカー選手としてプレーできているのは、いつもみんながサポートしてくれているから。
何でみんながサポートしてくれるのか?
それはサッカーというスポーツが、俺のプレーが、時にみんなに感動を与え、元気を与え、希望を与えるからやと俺は思う。
今、日本では自衛隊という被災地で活躍するプロフェッショナル、被災地や地震・津波の事を報道するプロフェッショナル、その他にも今回の災害に対してたくさんのプロフェッショナルが動いてる。
当たり前の事かもしれへん。
そういったプロフェッショナルがいるように、俺はサッカーのプロフェッショナル、プロサッカー選手としてできることを全力でして、みんなに感動を与え、元気を与え、希望を与えたい。
みんなは俺のサポーター、俺はみんなのサポーター。
今、不安な人、苦しんでいる人、悲しんでいる人、泣いている人・・・俺はサッカーを通してそんなみんなを少しでもサポートしたい。 

そして、サッカーというスポーツ。
FIFA(国際サッカー連盟)には国連の加盟国数より多くの国が加盟してる。
もちろん世界で一番人気のスポーツで競技人口も断トツで世界一。
サッカーにはそれだけのパワーがあるということ。
ヨーロッパではたくさんのチームが腕に喪章を付けてプレーしてる。
たくさんのスーパースターが日本にエールを送ってる。
そして俺のチーム、Vitesseでも喪章を腕に巻いてプレーをした。
試合が終わったら敵味方問わず、スタジアムの皆が「頑張れ。」「俺らはいつも一緒。」と拍手をくれる。
サッカーも、サッカーを愛する人も、間違いなく日本に向けてパワーを送ってくれてる。
今、日本で苦しんでいる皆へ。
共に強く。
SEMEN STERKE.
 

ヨーロッパでは日本人に対してこう報道されてる。
「日本人はこのような大きな災害の中でもみんなが冷静に対処し、みんなが助け合っている。略奪や順番抜かしをする人がほとんどいない。みんなが順番を守り、規則を守っている。」
俺は日本人としてめっちゃ誇りに思う。
日本は一つになってるなってめっちゃ感じる。
さらに一つになって、1秒でも早く、みんなで復活しましょう。
絶対できる。
俺ら人間はいつも不可能を可能にしてきたもん。 

最後に・・・
亡くなられた方へ心からのご冥福をお祈りいたします。
そして、一人でも多くの人が救われることを祈っています。


2011/3/12 内田篤人(Atsuto Uchida/Schalke 04) (AFRO)

Prayfortohoku_Atsuto_Uchida.JPG


Prayfortohoku_Atsuto_Uchida_Neuer.jpg


12日のフランクフルト戦の試合後、手書きのメッセージを書いたシャツを着て現れたシャルケ・内田篤人。内田からのメッセージは「日本の皆へ 少しでも多くの命が救われますように 共に生きよう!」。ドイツ語のメッセージも、ドイツ語を教えてもらって自分で書いたという。(Number Web)


2011/3/12 セリエA チェゼーナ−ユベントス戦(Cesena) (AP Photo)

Prayfortohoku_Cesena.JPG


長友の古巣セリエA・チェゼーナの選手たちは、12日の対ユベントス戦の試合前、胸に日の丸、背中に「For the Japan」と書いたシャツを着用して登場。また、公式ホームページには「日本の国民が困難を克服すると確信している」と激励のメッセージを掲載した。(Number Web)


2011/3/11 槙野智章(Tomoaki Makino/1.FC Köln) (AFRO)

Prayfortohoku_Tomoaki_Makino.JPG


11日のハノーファー戦。4−0と圧勝した後、シャツに書いたメッセージを披露するケルン・槙野智章。「被災地のみんなへ ガンバレ!! 一人でも多くの命が救われますように!!」。なかなか出場機会に恵まれない槙野だが、この日は84分からピッチに立ち、勝利に貢献した。(Number Web)










posted by yuuki_ono_99 at 22:05 | Comment(11) | TrackBack(0) | このサイトについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
>adinaru-japanさん
ボクも久々に見返してみて、やはり胸が熱くなりました。
毎年、ピックアップしたいと思います。

ずっと、やらなくちゃと思っていた、有名な「バレンシア日本語名ユニ」の画像も
今回アップしてみました。



Posted by yuuki_ono_99 at 2013年03月14日 12:49
今日で震災から2年が経ちましたね。この記事の画像を改めて見て感激しました。嬉しいです。勇気が湧いてきます。これは風化しないでほしいですね。
Posted by adinaru-japan at 2013年03月11日 21:05
感動
 (2011年3月17日 17:16)
Posted by Kazuki_Yoshida at 2011年03月18日 22:39
サッカーの力は偉大だと思いました!感動!
 2011年3月17日 14:27)
Posted by Aki_da at 2011年03月18日 22:36
すばらしい。
 (2011年3月17日 12:39)
Posted by kentaro245 at 2011年03月18日 22:34
すばらしいです
 (2011年3月17日 12:38)
Posted by ETOET0 at 2011年03月18日 22:29
グナのおっさん達の下手な字の横断幕に涙出た。
 (2011年3月17日 12:22)
Posted by haruna11 at 2011年03月18日 22:27
サッカーを愛する皆様に
 (2011年3月17日 12:16)
Posted by ikoma_ru at 2011年03月18日 22:25
サッカーのサポーター全てに捧ぐ秀逸まとめ、きました!
 (2011年3月17日 12:12)
Posted by 4JPN at 2011年03月18日 22:23
キタ!
 (2011年3月17日 12:10)
Posted by masakokawaii at 2011年03月18日 22:19
地震後、yuukiさん心配でしたけど、ツイートしてたんで一安心。

海外のクラブやサッカー選手からのメッセージこころに響きます。


家族を守るのyuukiさんの役目ですから、yuukiさん体壊さないようにですよ〜!


んで、あの謎のQTは一体!?
間違い…かなw?
Posted by lemi at 2011年03月16日 21:42
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/190805054

この記事へのトラックバック