2018年ロシアW杯の「かっこいい代表ユニフォーム」ベスト10!(5〜1位)【サッカーウェブマガジン Qoly 連動企画 最終回】

いよいよロシアW杯も今夜開幕。好評のQoly連動企画最終回は、各国ロシアW杯モデルのベスト10の5位から1位までをお送りする。

Qoly


5位:フランス(NIKE アウェイ)

1994年ナイジェリア代表のサプライヤーとしてフットボールキットに参入して以降イタリア(現在はPUMA)、オランダ、ブラジルなどを次々に手中に収め、躍進を続けるNIKE。当初は2002年モデルの蛍光色、2004年モデルの◯囲みゼッケンなど奇をてらったデザインも見受けられたが、近年ではそのリリースプロモーションと共に「洗練された印象」が定着している。そのNIKEの象徴とも言えるのがフランス代表。2011年にadidas からのサプライヤー変更以降、それまでのトリコロールの青を少しくすんだデニムカラーにするなど、フランス代表の印象を劇的に変化させている。

今回のランキングでは特にアウェイモデルをチョイス。NIKEフランスのアウェイモデルといえば初代2011年モデルのボーダー柄も斬新だったが、今モデルは、白をベースに赤と青のジグザグモチーフをランダムに配した意欲的なデザインとなっている。NIKE2018で各国モデルに使われているモチーフの「ジグザグ(zigzag)」はフランス語で「鋸の刃」を意味する語が由来となっていることからも、NIKEのフランス代表に対するリスペクトが伺える。

組合せ的にはグループリーグでは全てホームモデルの着用が予想され(可能性があるとするとデンマーク戦か)、このアウェイモデルの登場はノックアウトステージからになる見込み。若きフランス代表の進撃に期待しよう。

9FCF2F69-5BE4-4EA3-B9FF-49DDEF9C1669.png

34B25D2F-E486-4EB6-9E16-BF8006EAEF94.jpeg

36221E79-59E7-44CA-B37F-60566FF16D1B.jpeg

39FAAF1C-258D-4063-8D6D-268A3DB6345E.jpeg

B67BB6AB-DACF-4B27-B952-973EA88D5889.jpeg


4位:ナイジェリア(NIKE ホーム)

1996年アトランタ五輪制覇の時は「アフリカのW杯優勝も現実的」と評され、3大会連続6度目の本大会出場とアフリカ勢の中ではW杯常連化を果たしたものの、ベスト16の壁を破れないでいるナイジェリア代表。アフリカのほとんどの強国がPUMAとのサプライヤー契約を結ぶ中、90年代以降adidasとNIKEとの契約を交互に続けている。

今モデルは1994年アメリカW杯後にリリースされたNIKE初代モデルをオマージュしたデザイン。チームの愛称であるイーグルス(鷲)の羽根模様とジグザグモチーフをリンクさせたナイジェリアならではの仕上がりとなっている。NIKE2018の中で唯一過去モデルをオマージュしている事からも、当時メジャー国の中で最初にNIKEを採用したナイジェリアへのリスペクトが感じられる。このモデルは予約だけで300万枚を売る驚異のヒット作となり、「GQ」でも取り上げられるなど社会現象にもなっている。

またNIKE2018のもう一つの目玉である「モードコレクション」。ナイジェリアの他にはフランス、ブラジルなど限られた国のみでリリースされたカジュアルなアイテムの数々。特にナイジェリア代表のジャケットにはクラブシーンとも見まがうようなボタニカル柄が採用され、プロモーションに定評のあるNIKEの面目躍如の感が強い。

アイスランド戦、アルゼンチン戦では、確実にこのホームモデルの着用が予想される。試合前のウォーミングアップ時や入場時のウェアにも注目したい。

29D3175B-EC02-4568-AF55-481F3C569661.png

DE61DB38-D102-4C5B-A218-CC5DD1BFC8A9.png

04023859-B6D3-44A4-AB4A-ADC13B5E0EB3.png

0BB80183-D706-4613-9E17-0B50950FFB44.jpeg

Nigeria-1994-NIKE-first-kit.jpg

 1994/11/16 フレンドリーマッチ vs.イングランド 0-1(ロンドン)  
(Getty Images/Shaun Botterill/Mike Hewitt)


3位:クロアチア(NIKE アウェイ)

1998年フランス、2006年ドイツと二度にわたってW杯本大会で日本代表と対戦したクロアチア代表。有名な「シャホヴニツァ チェック」により代表ユニフォームも他国と比べ、強いアイデンティティを確立している。

歴代ホームモデルはチェックの大小や意匠、アウェイモデルは青ベースにチェックの配置などで年代ごとの独自性を出してきた。 今アウェイモデルではユーロ2016モデルに続き、赤/白チェックではなく、青/紺のチェックというシックな配色を採用し、新たなデザインの境地を開いている。

ホームモデルと同様チェックのエッジはギザギザに切られており、NIKE2018のこだわりが細かい部分にも表現されている。グループリーグのアルゼンチン戦での着用の可能性が高い。

Croatia-2018-NIKE-second-kit.jpg

Croatia-2018-NIKE-away-kit.jpg

A356F8BC-FEC8-464C-92CC-73B619C60E98.jpeg






2位:ベルギー(adidas ホーム)

2016年にはFIFAランク1位にまで昇りつめ、今や押しも押されぬ優勝候補の一角を担うベルギー代表。adidas2018は過去モデルのオマージュがテーマとなっているが、ベルギー代表の場合、1984年ヨーロッパ選手権ベスト4モデルを現代的にアレンジしている。伝統的なアーガイル柄を胸に配したデザインは、当時と同様異彩を放っており、インパクト抜群である。ヨーロッパメディアの評価も真っ二つに分かれているようだが、ここでは2位に推した。

なぜ当時、アーガイル柄を採用したのか、紋様文化的な側面からもいろいろ調べてみたが、今もって不明である。グループリーグでは3戦ともこのホームモデルの着用が予想される。ラウンドオブ16で日本代表と激突する可能性にも期待したいところだ。

Belgium-2018-adidas-home-kit.jpg

Belgium-2018-adidas-home-kit-argyle.jpg

Belgium-1984-adidas-home-kit.jpg



1位:アイスランド(errea ホーム)

ランキング1位に推すのは、NIKE でもadidas でもなかった! ユーロ2016で望外のベスト8進出を果たし、その勢いを駆ってワールドカップ初出場にたどり着いたアイスランド代表のホームモデル。2002年以降イタリアのメーカー「errea」をサプライヤーとしており、今回errea にとっても初のW杯モデルとなる。

そのerreaの初代モデルとなるユーロ2004予選着用モデルは、肩に氷河のモチーフを描いた印象的なデザインだったが、今モデルは肩にドットのグラデーションを配した現代的な仕上がりとなっており、アップで見てみるとその複雑な表現に目を見張るばかりだ。ホームは大西洋の青、アウェイは氷河の白、GKは火山の赤をベースカラーとしており、3色のラインナップにもerrea の気概を感じる。

グループリーグでは3戦ともホームモデル着用の可能性が高い。試合後にスタンドと一体となる、あの「バイキング・クラップ」は鳴り響くのか。ウェアと共にその戦いぶりにも期待しよう。

6C1042D1-3A31-4CDC-8AB4-B9989C16BBD4.jpeg

D752BB96-DADA-4135-B4A2-7332B275A33F.jpeg

iceland-2018-world-cup-kits-errea-5.jpg

55368C3C-8D00-4BC9-A787-AEA8AFE704DA.jpeg

Iceland-2003-errea-home-kit-blue-blue-blue.jpg




ロシアW杯のユニフォーム・サプライヤー・シェア

adidas(12)
ロシア・ドイツ・スペイン・ベルギー・アルゼンチン・コロンビア・エジプト・イラン・日本・メキシコ・モロッコ・スウェーデン

NIKE(10)
フランス・ポルトガル・ポーランド・イングランド・ブラジル・ナイジェリア・韓国・サウジアラビア・クロアチア・オーストラリア

PUMA(4)
ウルグアイ・スイス・セルビア・セネガル

NEW BALANCE(2)
コスタリカ・パナマ

UMBRO(1)
ペルー

errea(1)
アイスランド

uhlsport(1)
チュニジア

hummel(1)
デンマーク



posted by yuuki_ono_99 at 23:35 | Comment(0) | 2018ロシアW杯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: