ドイツW杯メーカー別勝率(3大メーカー)

さてここで、ドイツワールドカップにおける
メーカーごとの対戦成績と勝率を見てみよう。

【PUMA】12カ国   42試合14勝21敗7分(勝率0.333)
 グループリーグ  36試合10勝19敗7分(勝率0.278)
 決勝トーナメント   6試合 4勝 2敗  (勝率0.667)

  対PUMA   12試合4勝4敗4分
  対NIKE    12試合4勝6敗2分
  対adidas   9試合3勝5敗1分
  対UMBRO   2試合0勝2敗
  対lotto     5試合2勝3敗
  対Joma    1試合1勝0敗
  対marathon  1試合0勝1敗

 大会最多の12カ国を擁したが、グループリーグでは苦戦続き。
 アフリカ5カ国独占は話題だったが、予選突破はガーナのみ。
 また予選突破が有力だったチェコ、ポーランド、パラグアイも脱落。
 決勝トーナメントには結局イタリア、ガーナ、スイスが進んだが、ガーナ、スイスはベスト16で敗退。
 しかし唯一残ったイタリアがドイツ、フランスのadidas勢を連破して、最後は溜飲を下げた。

イタリアS.jpg スイスS.jpg ガーナS.jpg ポーランドS.jpg パラグアイS.jpg コートジボアールS.jpg アンゴラS.jpg イランS.jpg チェコS.jpg トーゴS.jpg チュニジアS.jpg サウジアラビアS.jpg

【NIKE】8カ国     33試合14勝12敗7分(勝率0.424)
 グループリーグ  24試合11勝 6敗7分(勝率0.458)
 決勝トーナメント   9試合 3勝 6敗  (勝率0.333)

  対PUMA   12試合6勝4敗4分
  対NIKE    10試合4勝4敗2分
  対adidas   9試合2勝4敗3分
  対UMBRO   1試合1勝0敗
  対lotto     1試合1勝0敗
  対Joma    対戦なし
  対marathon  対戦なし

 NIKE勢が3ヶ国入ったF組を除けば全チームに予選突破の期待がかかったが
 アメリカと韓国が敗退、決勝トーナメント進出は、オランダ、メキシコ、ポルトガル、
 ブラジル、オーストラリアの5カ国と最多を数えた。
 オランダ−ポルトガルの潰し合いや、絶対優勝候補ブラジルのベスト8敗退は痛かった。
 唯一ベスト4に進出したポルトガルに期待がかかったが4位に終わった。

ポルトガルS.jpg ブラジルS.jpg オーストラリアS.jpg オランダS.jpg メキシコS.jpg アメリカS.jpg クロアチアS.jpg 韓国S.jpg

【adidas】6カ国   29試合16勝8敗5分(勝率0.552)
 グループリーグ  18試合 9勝4敗5分(勝率0.500)
 決勝トーナメント  11試合 7勝4敗  (勝率0.636)

  対PUMA    9試合5勝3敗1分
  対NIKE    9試合4勝2敗3分
  対adidas   4試合2勝2敗
  対UMBRO   3試合1勝1敗1分
  対lotto     2試合2勝0敗
  対Joma    1試合1勝0敗
  対marathon  1試合1勝0敗

 日本とトリニダード&トバゴを除く4カ国が決勝トーナメント進出。
 1回戦でのフランス−スペイン、準々決勝でのドイツ−アルゼンチンの
 潰し合いは痛かったが、下馬評の低かったフランスとドイツがベスト4に進出。
 しかし最後はPUMAイタリアの後塵を拝した。

フランスS.jpg ドイツS.jpg アルゼンチンS.jpg スペインS.jpg T&トバゴSSS.jpg 日本SSS.jpg


posted by yuuki_ono_99 at 10:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | ユニフォームメーカー研究 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。