日本代表2012年ニューモデル、12月26日発表!を読み解く

まずは昨日のニュース配信の流れから整理して行こう。

14:46 「Yahoo!JAPAN」で配信 提供「SOCCER KING」
14:47  twitterで最初のツイート
14:55 「livedoor」で配信 提供「SOCCER KING」
14:57 「Soccer KING」で配信
14:59  twitter「SoccerKingJP」で配信

○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○

「日本代表の新ユニフォームが12月に発表…約2年ぶりのモデルチェンジ」

Japan-111011-Tajikistan-2.jpg 25日、JFA(日本サッカー協会)と日本代表オフィシャルサプライヤーのアディダス ジャパン株式会社は、12月26日に日本代表の新オフィシャルユニフォーム記者発表会を行うと発表した。

 同発表会では、なでしこジャパン、フットサル日本代表の新ユニフォームも併せて発表される。出演者や開催時間などの詳細情報は確定次第、改めて発表される予定だ。

 現在の日本代表のユニフォームは、2009年11月に発表されており、約2年ぶりのモデルチェンジとなる。

○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○

16:20  twitter「adidasPRESS_jp」先行予約キャンペーン公式リリース配信
20:38  twitter「adidas_jp」先行予約キャンペーンブログ配信
21:04  twitter「adidasFTB_jp」先行予約キャンペーンページ配信

つまりアディダス・ジャパン社の公式リリース(公式twitterアカウントによる配信時間)より、1時間20分も早く「SOCCER KING」で配信され、さらにその提供を受けたYahoo!やlivedoorが10分ほど先行してスッパ抜いたという訳だ。

なおJFAサイトSAMRAI BLUE サイトでも、11月26日7:25現在で、TOPページでは何の告知もされていない。またtwitter公式アカウント(JFAjfa_samuraiblue)でも何の発信もされていない。

またアディダス・ジャパン社のサイトでもTOPページでは何の告知もされていない。

筆者は、まずJFA、次いでアディダス・ジャパン社が公式リリースを出した後に、周辺メディアがリリースを出すべきであると考える。よって今回のスクープにはいささか違和感を覚える。



さて、12月26日のリリース。これはうまい設定だな、と感じた。
adidas各国がニューモデルを投入した11月の国際マッチデー。日本代表は招集されて即ドーハに飛んで合宿、その後タジキスタン、北朝鮮でのアウェーゲームをこなした。目玉の海外選手はほとんど国内に留まることはできなかった。ニューモデルはこの時点で完成していたと思われるが、リリース会見の目玉の代表選手が国内にいなくては、見送らざるを得なかったのであろう。

次のゲームは2月のホーム・ウズベキスタン戦。これではリリースのタイミングは遅すぎる。苦肉の策として12月26日が設定されたのではないか。

まず国内であるが、年末年始の恒例行事天皇杯は準々決勝が12月24日、準決勝が29日に組まれている為、問題なない。

現在の日本代表の顔である香川、長谷部、内田、岡崎らが所属するブンデスリーガは12月17日の年内最終戦の後、1月21日まで試合がない。吉田のオランダ・エールディビジもほぼ同様。年末年始はたっぷり時間がある。(カップ戦は未確認)

問題は川島のベルギーリーグ。年内最終戦は12月26日でこれでは間に合わない。GKユニに関しては国内組の西川、権田で乗り切るのかもしれない。

さらに1月海外移籍が噂されるハーフナー、清武らはこの時期突発的な契約や渡欧でスケジュールは全く読めない。出れれば出るという状況であろう。

最後に最も絵になる男、本田に関してはリーグの日程的には問題はないものの、怪我の治り具合が心配される。彼のことだから長時間のフライトを避け、スペインでの治療を優先させる可能性もある。しかし長いウィンターブレイクを利用して国内でのマーケティング活動でスケジュールが組まれている可能性も強い。

公式リリースにも「記者発表会の出演者などの詳細情報は確定次第、改めてご案内いたします」とあり、ギリギリのスケジュール調整となるであろう。



さて注目のデザインであるが、8月にリークされたデザインは100%ないとみる。
他国のadidasニューモデルの傾向をみると、「サッシュ(斜めライン)」「伝統柄のエンボス加工」などがトレンドとなっている。その傾向は踏襲されるのではないか?

ただ他の強豪国でこれもトレンドとなっている「強い時代のユニフォームへの回帰」に関しては、強い歴史の浅い日本代表に関しては、難しいところだ。メキシコ五輪モデルではシンプル過ぎるし、ワールドカップ初出場の98年フランス大会モデルの「炎」では新し過ぎる。

と言っていたら、今朝になっていきなりリーク画像が出回っている!
いったん、改めよう。


【関連記事】
 突如発表! 日本代表12-13年adidas新ユニフォーム! テーマは「絆」 (2011/8/2)
 【推測】日本代表新ユニフォームのデザインは未だ決定していない! (2011/8/3)
 【コラム】日本代表の12-13年モデルのリリース情報、未だ届かず (2011/10/5)




posted by yuuki_ono_99 at 09:09 | Comment(3) | TrackBack(0) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
日本代表の新ユニフォームは“たすき”!?
http://www.qoly.jp/index.php/topic/177-201112/7169-shirt-japan1213

東京モーターショーでアウディがサッカー日本代表の車を展示しました。その車はたすきがけが随所に見られるので、これを受けて2ちゃんねるの中ではタスキがけユニは確実と見ているようです。この車のヤタガラスキャラの着ているユニは現行デザインですし、車の後方サイドにはJFA2009とかいてあるので騒ぎすぎかと思いますが、アウディはこのデザインで2012年に日本で発売するとしているのが気になります。
Posted by いんこ at 2011年12月03日 09:47
予想

スポニチ予想図「赤いのビローン」
○買換需要に期待するため奇抜路線継続
○絆イメージに合致
×赤の占有率が4分の1以上になりサムライブルーのイメージが無くなる。

そう考えると、赤いのは細くせざるをえない。ブルーイメージを維持するために。それだけだと奇抜路線後退になるので買換需要期待で、96〜01の上昇気流時の襟付き復活+流行のタスキがけにするかも。
Posted by いんこ at 2011年12月02日 20:37
この情報が乗るときをずっと待ってました!

ついに新しいユニがわかるんですね☆
情報本当にありがとうございます!
12月26日が楽しみになりました^-^
Posted by マスレタ at 2011年11月27日 18:09
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック