アイルランド代表の12-13年W杯予選用UMBROホームモデルは、スタンドカラーのトレンドデザインで発表!

9月から始まったブラジルW杯ヨーロッパ予選で、ドイツやスウェーデンなど強豪と同組となった
アイルランド代表。
10月12日、16日のドイツ、フェロー諸島との対戦を前に、12-13年UMBRO新ホームモデルが
発表された。UMBROのトレンドであるスタンドカラーデザインとなり、ポロ襟タイプの前モデルとは
大きくイメージを変えることとなった。

Ireland-12-13-UMBRO-new-home-shirt-green.jpg Ireland-12-13-UMBRO-new-home-shirt-green-1.jpg Ireland-12-13-UMBRO-new-home-shirt-green-2.jpg Ireland-12-13-UMBRO-new-home-shirt-green-3.jpg Ireland-12-13-UMBRO-new-home-shirt-green-4.jpg

【引用サイト】
 Ireland 2012 Umbro Home Football Shirt (Football Shirt Culture.com)

【関連記事】
 アイルランド代表ユニフォーム(Republic of Ireland National Football Team Kit)








posted by yuuki_ono_99 at 06:50 | Comment(4) | TrackBack(0) | 新ユニフォーム情報(2012-13) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
>adinaru-japanさん
自分が勝手に思うことは、世界的に代表ユニフォームが「売れなく」なっているのではないかと思います。

従来は「W杯→大陸選手権予選」モデルと、「大陸選手権→W杯予選」モデルという流れでしたが、W杯翌年や大陸選手権翌年、つまり西暦奇数年の予選モデルが売れなくなっており、故にニューモデル投入によって売上を上げたい、という「メーカーの事情」なのではないかと。

また従来W杯の中間年に行われていたアジアカップやアフリカネーションズカップが1年ずれたりしている影響もある気がします。そうして大国の2年周期が崩れることで、それに倣っていた小国が、それぞれの国のメインの大会、つまりアジアのSUZUKIカップ、ガルフカップ、SAFFカップ、アフリカのSECAFAカップ、北中米カリブ海のUNCAFカップ、カリビアンカップ等に合わせてニューモデルをリリースしたり、また国によってはW杯予選用にニューモデルをリリースしてきたり、タイミングが多様化している影響もあると思います。

南米はW杯予選が3年近い長期にわたって行われ、その最中にコパアメリカがあったりで、また特殊なスケジュールですし。。




Posted by yuuki_ono_99 at 2013年03月08日 01:26
スリーモバイルのロゴをさ、胸番号と間違いやすいから、分かりやすく表記すればいいのにね。
ところでyuuki_ono_99さん、普通だったら、代表は2年ごとにユニフォームをモデルチェンジしますよね?
最近の代表ユニフォームは1年ごと、またはアルゼンチンみたいに3年間使用するなどって、これって、ドユコトですかね?
Posted by adinaru-japan at 2013年03月07日 19:19
>お名前不明さん
この「3」のロゴは、アイルランド代表の公式スポンサーのものです。
社名もズバリ「Three」です。アイルランドの通信会社です。
 http://www.three.ie/

日本代表でいえば「KIRIN」ですね。


Posted by yuuki_ono_99 at 2013年02月23日 12:17
斬新なデザインですね

でも全員ナンバーが3番みたいになってますね
Posted by at 2013年02月22日 15:03
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。