ベルギー代表のBURRDAニューモデルに期待せよ!

今やFIFAランキング5位まで上昇し、W杯優勝候補とまで言われるベルギー代表。そのユニフォームサプライヤーはBURRDAが担う。他国がadidas、NIKE、PUMAの三大メーカーに集中する中、独自路線を貫いている。

かつてAdmaral、adidas、DIADORAなどがサプライヤーを務め、1999年-2009年までは NIKE を着用していたが、2010年6月突如 BURRDA へのサプライヤー変更が発表された。当時既にリリースされていたNIKE 10-11年モデルをおくら入りにするほどの緊急変更であった。BURRDA は、2008年カタール代表のサプライヤーを務め、多くのカタールリーグのクラブチームにもキットを供給していたが、元々はスイスのメーカーである。

ベルギー代表のキットは2010年モデル、2011-2012年モデル、2012-2013年モデルと立て続けにニューモデルを投入し、現モデルは三代目。ユーロ2012予選こそドイツ、トルコの後塵を拝し敗退したが、ブラジルW杯予選はクロアチアやセルビア、スコットランドなど難敵と同居した組を8勝2分で駆け抜け、日韓大会以来の出場を果たした。まさにBURRDAキットと共にランクも急上昇した感がある。(ちなみに現代表の躍進のスタートとされる2008年北京五輪代表はadidasを着用していた)

デザインも三大メーカーがシンプル化に流れるのと対照的に、切替えを大胆に用いたインパクトあふれるデザインとなっている。本大会出場権を得たことで三大メーカーからのアプローチも当然あるだろうが、本大会でもBURRDAニューモデルを是非見てみたいものだ。

Belgium-12-13-BURRDA-home-kit-red-red-red-line-up.jpg Belgium-11-12-BURRDA-home-kit-red-red-red-line-up.JPG Belgium-10-11-BURRDA-home-kit-red-red-red-pose.jpg
12-13年モデル
 2012/8/15 フレンドリーマッチ vs.オランダ 4-2(ブリュッセル)  (Getty Images)
11-12年モデル
 2011/3/29 ユーロ12予選A組第6節 vs.アゼルバイジャン 4-1(ブリュッセル)  (Getty Images)
10-11年モデル
 2010/10/12 ユーロ12予選A組第4節 vs.オーストリア 4-4(ブリュッセル)  (Getty Images)


【関連記事】
 ベルギー代表ユニフォーム(Belgium National Football Team Kit)
 ベルギー代表、キットサプライヤーをNIKEからBURRDAに変更!(画像なし) (2010/6/25)
 遂に判明!! カタール代表の謎のメーカー (2008/9/15)





 
posted by yuuki_ono_99 at 02:14 | Comment(1) | TrackBack(0) | 新ユニフォーム情報(2014-15) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
BURRDAってメーカーなんですね。
中国のリーネンかと思ってました。
独創的なデザインで良いと思いますね、
Posted by カールハインツフェルスター at 2013年11月26日 19:07
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック