日本代表 歴代ユニフォーム(Japan Nationa Football Team Kit Chronicle)フル代表スペシャル(1968年〜1987年)




1987年(asics)
 ソウル五輪最終予選、中国とのホーム&アウェイ戦着用モデル。この2試合のみ、84-85年に着用された袖ボーダーモデルが復活着用された。アウェイで1-0と先勝し20年ぶりの出場に王手をかけたが、国立で0-2と敗れ涙を呑んだ。

日本87asics白青白-集合.JPG

Japan-87-asics-stripe-blue-white.jpg

白×青×白 集合
 1987/10/26 ソウル五輪最終予選 vs.中国 0-2(国立)  (写真データ不明)
原博実
 1987/10/4 ソウル五輪最終予選 vs.中国 1-0(広州)  (Soccer Digest)


1987年(asics)
 ソウル五輪予選着用モデル。石井監督に作られた「超守備的チーム」はインドネシア、シンガポール、ネパール、タイを降し、中国との最後の戦いに進んだ。キリンカップ87でも着用された。

Japan-87-asics-white-blue-white-line-up.jpg

Japan-87-asics-white-blue-white.jpg

白×青×白 集合 都並敏史
 1987/9/26 ソウル五輪最終予選 vs.タイ 1-0(国立)  (Soccer Digest) 

Japan-87-asics-white-white-white-line-up.jpg

日本代表-1987-asics-home-kit-white-white-white.jpg

白×白×白 集合 
 1987/4/8 ソウル五輪最終予選 vs.インドネシア 3-0(国立)  (Soccer Digest)
加藤久
 1987/5/24 キリンカップ vs.フルミネンセ 0-0(国立)  (kirincup-museum.jfa.jp)


1986年(adidas)
 韓国・大田(テジョン)で行われたアジア大会着用モデル。石井監督に率いられ、奥寺、木村という二人のプロを擁したが、クウェート、イランに歯が立たず、予選リーグで敗退した。

Japan-86-adidas-home-kit-white-blue-white-line-up.jpg

Japan-86-adidas-home-kit-white-blue-white.jpg

白×青×白 集合 木村和司
 1986/9/22 アジア大会(大田) vs.イラン 0-2(大田)  (Soccer Digest)

日本代表-1986-adidas-home-kit-white-white-white-line-up.jpg

白×白×白 集合 
 1986/5/14 キリンカップ vs.ブレーメン 0-2(草薙)  (kirincup-museum.jfa.jp)

Japan-86-adidas-blue-white-blue-line-up.jpg

Japan-86-adidas-blue-white-blue.jpg

青×白×青 集合 越後和男
 1986/9/8 テストマッチ vs.サンパウロ州選抜 0-3(国立)  (Soccer Digest)


1985年(PUMA)
 メキシコW杯予選終盤で着用されたモデル。この時代最も世界に近づいた10月26日韓国戦。満員の国立のゴールに吸い込まれた木村和司のFKはあまりにも有名。パンツのサイドに入ったラインは、裾にかけて二股に分かれているデザインが特徴的。

日本85PUMA白白白-集合.jpg

Japan-85-PUMA-white-white-whitw.jpg

白×白×白 集合
 1985/8/11 メキシコW杯予選 vs.香港 3-0  (ELEVEN 85/10)
木村和司
 試合データ不明  (週刊Soccer Magazine)


1985年(PUMA)
 キリンカップ1985着用モデル。サプライヤーがPUMAに変更された。

日本代表-1985-PUMA-home-kit-white-white-white-line-up.jpg

日本代表-1985-PUMA-home-kit-white-white-white.jpg

白×白×白 集合 原博美
 1985/5/28 キリンカップ vs.ウエストハム・ユナイテッド 2-2(岡山県営)  (kirincup-museum.jfa.jp)


1985年(asics)
 メキシコW杯予選中盤で着用されたモデル。

日本85asics白白白-集合.jpg

日本85asics白白白.jpg

白×白×白 集合 石神良訓 & 加藤久
 1985/3/21 メキシコW杯予選 vs.北朝鮮 1-0(国立)  (写真データ不明)


1984-85年(asics)
 メキシコW杯予選序盤で着用されたモデル。目を引くのが、両袖の細いボーダー柄にネック周りにストレッチ素材が付いた斬新なデザイン。

日本85asics白白白肩ストライプ-集合.jpg

Japan-84-85-asics-stripe-white-white.jpg

白×白×白 集合
 1985/2/23 メキシコW杯予選 vs.シンガポール 3-0  (ELEVE 85/5)
水沼貴史
 1984/9/30 日韓定期戦 vs.韓国 2-1(ソウル)  (Soccer Digest)


1984年(PUMA)
 キリンカップ1984着用モデル。

日本代表-1984-asics-away-kit-blue-blue-blue-line-up.jpg

日本代表-1984-asics-away-kit-blue-blue-blue.jpg

青×青×青 集合 加藤久
 1984/5/27 キリンカップ vs.トゥールーズ 0-1(国立)  (kirincup-museum.jfa.jp)


1984年(PUMA)
 1984/1月のコリンチャンス戦着用モデル。

日本代表-84-PUMA-away-kit-blue-blue-blue.jpg

青×青×青 金田喜稔
 1984/1/14 ゼロックススーパーサッカー vs.コリンチャンス 2-1(神戸中央)  (Eleven 84/3)


1983-84年(PUMA)
 ロサンゼルス五輪予選着用モデル。PUMAのロゴ(右向き)は左胸の日の丸の上についている。肩から袖にかけて太く入ったラインがPUMAのアイデンティティをアピール。後ろ身頃の裾が長めなのもポイント。日の丸のアップリケは赤いラインで縁取られJPNの文字が入るようになった。2次予選でイラク、カタール、マレーシア、タイに全敗で終わった。

Japan-83-84-PUMA-home-kit-white-white-white-line-up.jpg

Japan-84-PUMA-hone-kit-white-white-white.jpg

白×白×白 集合
 1984/4/18 ロサンゼルス五輪1次予選 vs.マレーシア 1-2(シンガポール)  (PHOTO KISHIMOTO)
原博実
 1983/9/7 ロサンゼルス五輪1次予選 vs.フィリピン 10-1(国立)  (Soccer Digest)

日本代表-83-84-PUMA-away-kit-blue-blue-blue-line-up.jpg

日本代表-84-PUMA-away-kit-blue-blue-blue-2.jpg

青×青×青 集合
 1983-1984/ ロサンゼルス五輪予選  (Soccer Magazine)
水沼貴史
 1984/4/26 ロサンゼルス五輪2次予選 vs.カタール 1-2(シンガポール)  (Soccer Digest) 


1983年(PUMA)
 ロサンゼルス五輪予選に向けたヨーロッパ遠征着用モデル。PUMAのロゴ(左向き)が右胸についている。ドイツ、イングランドの2部チーム相手に9戦して4勝3敗2分で終えた。

日本代表-83-PUMA-away-kit-blue-blue-blue-line-up.jpg 
Japan-84-PUMA-away-kit-blue-blue-blue.jpg

青×青×青 集合
 1983/7/9 ヨーロッパ遠征 vs.ヘッセン・カッセル(西ドイツ)0-0(西ドイツ・アロウゼン)  (Eleven 83/9) 
選手名不明
 1983/7 ヨーロッパ遠征  (PHOTO KISHIMOTO)


1982-83年(adidas)
 ニューデリーで行われたアジア大会着用モデル。6月のジャパンカップから着用された。

日本82adidas白白白-集合.jpg

Japan-82-83-adidas-home-kit-stripe-white-white.jpg

白×白×白 集合
 1982/11/21 アジア大会(ニューデリー) vs.イラン 1-0(ニューデリー)
金田喜稔
 1983/3/6 第11回日韓定期戦 vs.韓国 1-1(国立)

日本代表-82-83-adidas-away-kit-blue-blue-blue.jpg

青×青×青 前田秀樹
 1982/7/29 ヨーロッパ遠征 vs.リュットリンクハウゼン(西ドイツ)2-3(リュットリンクハウゼン)  (Eleven 82/10)


1982年(asics)

日本代表-82-asics-home-kit-white-white-white-line-up.jpg

日本代表-82-asics-home-kit-white-white-white.jpg

白×白×白 集合 
 1982/3/21 第10回日韓定期戦 vs.韓国 0-3(ソウル)  (Soccer Digest 82/4)
尾崎加壽男
 1982/1/24 スーパーサッカー vs.ボカ・ジュニアーズ 0-1(国立)  (Soccer Digest 82/4)

日本代表-81-82-asics-away-kit-blue-blue-blue-line-up.jpg

日本代表-81-82-asics-away-kit-blue-blue-blue.jpg

青×青×青 集合 加藤正明
 1981/8/15 ヨーロッパ遠征 vw.フルハム 1-2(ロンドン)  (Soccer Digest 81/11)


1981年(asics)
 森監督就任後、初の大会となったジャパンカップ(現在のキリンカップ)着用モデル。

日本代表-1981-asics-home-kit-white-white-white-line-up.jpg

日本代表-81-asics-home-kit-white-white-white.jpg

白×白×白 集合 
 1981/6 ジャパンカップ  (kirincup-museum.jfa.jp)
手塚聡 
 1981/6/2 ジャパンカップ vs.中国 0-0(大宮)  (Eleven 81/8)

同じ試合で「白襟」タイプと「青同色」タイプが混在している珍しい試合

日本代表-1981-asics-away-kit-blue-blue-blue-line-up.jpg

日本代表-81-asics-away-kit-blue-blue-blue.jpg

青×青×青 集合 松浦敏夫 & 柱谷幸一
 1981/5/31 ジャパンカップ vs.エバートン 2-2(国立)  (kirincup-museum.jfa.jp Eleven 81/8)


1981年(adidas)
 川渕監督最後の試合となった日韓定期戦着用モデル。

日本代表-81-adidas-home-kit-white-white-white-line-up.jpg

日本代表-81-adidas-home-kit-white-white-white.jpg

白×白×白 集合 戸塚哲也 
 1981/3/8 第9回日韓定期戦 vs.韓国 0-1(国立)  (Eleven 81/5)


1980-1981年(adidas)
 スペインW杯予選着用モデル。アクセントのブルーは水色に近い明るい青が採用された。襟は世界の流行を反映して大きめになっている。肩から袖にかけてとパンツの両サイドに3本線が入るオーソドックスなデザイン。渡辺正監督の急病により川渕強化本部長が兼任監督となり、金田や風間ら若手主体でチームを組み予選に臨んだが、1次予選準決勝で北朝鮮に敗れ、道は閉ざされた。

日本代表-80-81-adidas-home-kit-white-white-white-line-up.jpg

日本代表-81-adidas-home-kit-white-white-white-2.jpg

白×白×白 集合
 1980/12 スペインW杯予選(香港)  (Soccer Magazine 別冊)
風間八宏 
 1981/1/30 日ポ親善試合 vs.ポーランド 1-4(瑞穂)  (Soccer Digest 81/4)

日本代表-81-adidas-away-kit-blue-white-white.jpg

青×白×白 柱谷幸一 
 1981/1/25 日ポ親善試合 vs.ポーランド 0-2(国立)  (Soccer Digest 81/4)


1980年(adidas)
 ジャパンカップ・キリンワールドサッカー1980着用モデル。

日本代表-1980-adidas-home-kit-white-white-white-line-up.jpg

日本代表-1980-adidas-home-kit-white-white-white.jpg

白×白×白 集合 木村和司
 1980/5/25 ジャパンカップ vs.アルヘンチノス・ジュニアーズ 3-1(国立)  (kirincup-museum.jfa.jp)


1979-80年(PUMA)
 モスクワ五輪予選着用モデル。初めてPUMA製が採用された。襟と袖の縁に黒色が使われ、左胸、日の丸の下に胸番号が入った。PUMAロゴはホームでは襟に、アウェイでは左胸に入っている。下村監督に率いられた予選ではマレーシア、韓国に敗れ3位で敗退した。冷戦の只中、両国とも参加をボイコット、予選で敗れた日本にも出場権が回ってきたが結局、不参加を表明した。

日本代表-79-80-PUMA-home-kit-white-blue-white-line-up.jpg

日本代表-79-80-PUMA-home-kit-white-blue-white.jpg

日本代表-1979-PUMA-home-kit-white-blue-white.jpg

白×青×白 集合 前田秀樹
 1980/3/22 モスクワ五輪予選 vs.韓国 1-3(クアラルンプール)  (Soccer Magazine)
選手名不明
 1979/5/27 ジャパンカップ vs.フィオレンティーナ 1-1(国立)  (kirincup-museum.jfa.jp)

日本代表-79-80-PUMA-away-kit-blue-white-blue-line-up.jpg

日本代表-79-80-PUMA-away-kit-blue-white-blue.jpg

青×青×青 集合 今井敬三
 1979/5/29 ジャパンカップ vs.トットナム・ホットスパー 0-2(国立)
(PHOTO KISHIMOTO Soccer Digest 増刊)

日本代表-79-PUMA-away-kit-blue-blue-blue.jpg

青×青×青 永井良和
 1979/10/14 インターナショナルスーパーサッカー vs.NYコスモス 2-2(国立)  (Eleven 79/12)


1978年(asics)
 第22回ムルデカ大会着用モデル。

日本代表-78-asics-home-kit-white-white-white-line-up.jpg

日本代表-78-asics-home-kit-white-white-white.jpg

白×白×白 集合 藤島信雄
 1978/7/15 第22回ムルデカ大会第2戦 vs.インドネシア 1-2(クアラルンプール)  (Soccer Magazine 78/8/25)


1978年(asics)
 第1回ジャパンカップ(現在のキリンカップ)着用モデル。

日本代表-1978-asics-home-kit-white-white-white-line-up.jpg

白×白×白 集合
 1978/5/21 ジャパンカップ vs.コベントリー・シティ 0-1(国立)  (kirincup-museum.jfa.jp)


1978年(adidas)
 日ソ親善試合第3戦ではadidasを着用。胸のadidasロゴは付いていない。

日本代表-78-adidas-away-kit-blue-blue-blue-line.jpg

日本代表-78-adidas-away-kit-blue-blue-blue.jpg

青×青×青 整列 加藤久
 1978/3/26 日ソ親善試合第3戦 vs.アムール・ブラゴベシェンスク(ソ連)1-2(国立)  
(Soccer Magazine 78/5/10)


1978年(PUMA)
 日ソ親善試合第2戦ではPUMAを着用。

日本代表-78-PUMA-away-kit-blue-white-blue-line.jpg

日本代表-78-PUMA-away-kit-blue-white-blue.jpg

青×白×青 整列 斉藤和夫
 1978/3/21 日ソ親善試合第2戦 vs.アムール・ブラゴベシェンスク(ソ連)0-1(長居)  
(Soccer Magazine 78/5/10)


1977年(adidas)
 アルゼンチンW杯予選着用モデル。袖の3本線は消え、Vネックの襟部分がストライプ模様となった。二宮監督に率いられたチームは奥寺、釜本の二枚看板を擁したが、ホーム&アウェイとも敵地で行われたイスラエル戦に連敗、ホームの韓国戦を待たず敗退が決まった。

日本代表-77-no-name-home-kit-white-blue-white.jpg

白×青×白 奥寺康彦
 試合データ不明  (Soccer Magazine 別冊)

日本代表-77-no-name-away-kit-blue-white-blue.jpg

日本代表-1977-adidas-西野朗.jpg

青×白×青 釜本邦茂 西野朗
 1977/3/26 アルゼンチンW杯予選 vs.韓国 0-0(国立)  (Soccer Magazine 別冊 写真データ不明)


1975-76年(adidas)
 モントリオール五輪予選着用モデル。初めてadidasのモデルが採用され、両袖に青の3本線が入った。1次リーグを突破したが、2次リーグでイスラエル、韓国に敗れ予選突破はならなかった。この予選を最後に長沼監督は辞任し、「メキシコの栄光」を追う時代も終わった。

日本代表-76-adidas-home-kit-white-white-white.jpg

白×白×白 森孝慈
 1976/3/27 モントリオール五輪予選 vs.韓国 2-2(ソウル)  (週刊Soccer Magazine)

日本代表-76-adidas-home-kit-white-blue-white.jpg

白×青×白 選手名不明
 1976/3/21 モントリオール五輪予選 vs.韓国 0-2(国立)  (週刊Soccer Magazine)

日本代表-75-76-adidas-away-kit-blue-white-white.jpg

青×白×白 釜本邦茂
 1976/1/25 親善試合 vs.ブルガリア 1-3(国立)  (Soccer Digest 増刊)


1973-74年(メーカー不明)
 西ドイツW杯予選着用モデル。長い低迷時代にさしかかっており、長沼監督が復帰したが、予選準決勝でイスラエルに敗れ、出場権獲得を逃した。 

日本代表-73-no-name-home-kit-white-white-white.jpg

白×白×白 永井良和
 1974/3/10 親善試合 vs.ピョンヤン4・25(北朝鮮)0-4(国立)  (PHOTO KISHIMOTO)

日本代表-73-no-name-home-kit-white-blue-blue.jpg

白×青×青 川上信夫
 1973/1/13 朝日国際サッカー vs.ウニオン・エスパニョーラ(チリ)0-1(国立)  (Soccer Magazine 73/3)

日本代表-73-74-no-name-away-kit-blue-blue-blue.jpg

青×青×青 今井敬三
 試合データ不明  (Soccer Magazine)


1971年(メーカー不明)
 ミュンヘン五輪予選着用モデル。


1970-1971年(メーカー不明)
 ミュンヘン五輪予選に向けてのヨーロッパ遠征着用モデル。身頃、ネック周り、袖に白、青のツートンカラーを採用、それまでのイメージを一新している。

日本代表-70-71-no-name-home-kit-white-white-blue.jpg

白/青×白×青 釜本邦茂
 1970/11 親善試合 vs.ユールゴルデン(スウェーデン) (PHOTO KISHIMOTO)

日本代表-70-71-no-name-home-kit-white-blue-white.jpg

白/青×青×白 杉山隆一
 1970/8-9 親善試合 vs.ベンフィカ・リスボン(ポルトガル)  (Soccer Magazine 別冊)

日本代表-70-71-no-name-away-kit-blue-blue-blue.jpg

青/白×青×青 釜本邦茂
 1971/7/22 親善試合 vs.ボルシアMG(西ドイツ)2-4(メンヘングランドバッハ)  (Soccer Digest 増刊)


1968年(ミクニ)
 メキシコ五輪着用モデル。クラマー氏による8年の長期強化計画の集大成として臨んだこの大会、釜本、杉山を軸にナイジェリア、ブラジル、スペインとの組を2位でグループを突破、準々決勝でフランスを降してベスト4、準決勝では優勝したハンガリーに敗れたが、3位決定戦で地元メキシコを2-0で破り、見事銅メダルを獲得した。

Japan-68-no name-olympic-home-kit-white-navy-white.jpg

白×紺×白 杉山隆一
 1968/10/24 メキシコ五輪3位決定戦 vs.メキシコ 2-0(メキシコシティ)  (PHOTO KISHIMOTO)

Japan-68-no name-olympic-home-kit-white-white-white.jpg

白×白×白 釜本邦茂
 1968/10/22 メキシコ五輪準決勝 vs.ハンガリー 0-5(メキシコシティ)  (PHOTO KISHIMOTO)


1967年

日本代表-67-no-name-home-kit-white-navy-white.jpg

白×紺×白 杉山隆一
 1967/6 親善試合 vs.パルメイラス(駒沢)  (PHOTO KISHIMOTO)

日本代表-67-no-name-away-kit-blue-navy-blue.jpg

青×紺×青 宮本輝紀
 試合データ不明  (別冊 Soccer Magazine)









posted by yuuki_ono_99 at 23:38 | Comment(1) | TrackBack(0) | 2018ロシアW杯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
1979年トットナム戦の上の写真は落合弘選手です。
Posted by キリンカップよく見にいきました at 2017年07月25日 21:02
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック