中国代表 歴代ユニフォーム(China PR National Football Team Kit Chronicle)

中国国旗.gif China-logo.jpg China-logo-2011.jpg China-logo-2014.jpg
                       2011-2013  2014-

公式サイト  wikipedia  英語画像検索  中国語画像検索  FIFAギャラリー

女子代表のユニフォームは
 「中国女子代表ユニフォーム(China PR Women's National Football Team Kit)」
をご覧下さい。



2016-2017年(NIKE)
 ロシアW杯アジア最終予選着用モデル。アウェイモデルに同国史上初の黄色を採用した。
【関連記事】
 中国代表、2016-17年NIKE新ユニフォーム(ホーム&アウェイモデル)を正式リリース! アウェイモデルは同国史上初の黄色を採用!

IMG_0257.JPG


IMG_0255.JPG

赤×赤×黄 Yu Dabao #22 of China celebrates after a goal during the 2018 FIFA World Cup Qualifying group match between China and South Korea at Helong Stadium on March 23, 2017 in Changsha, Hunan Province of China. (Photo by VCG/VCG via Getty Images)


China-PR-2016-17-NIKE-away-kit-yellow-yellow-yellow-line-up.jpg


China-PR-2016-17-NIKE-away-kit-yellow-yellow-yellow.jpg

黄×黄×黄 集合 Sun Ke/孫可
 2016/9/1 ロシアW杯最終予選A組第1節 vs.韓国 2-3(ソウル)  
(Getty Images/VOG Getty Images/Chung Sung-Jun)


2015-2016年(NIKE)
 アジアカップ直前にNIKEとのサプライヤー契約が発表された。ウズベキスタン、サウジ
 アラビア、北朝鮮との組を3連勝でベスト8に進んだが、準々決勝でオーストラリアに
 敗れた。地元開催の東アジアカップでも着用された。
【関連記事】
 中国代表がadidasからNIKEにサプライヤー変更! アジアカップ用新ユニフォーム(ホーム&アウェイモデル)をリリース!

China-PR-2015-NIKE-asian-cup-home-kit-red-red-red-line-up.jpg


China-PR-2015-NIKE-asian-cup-home-kit-red-red-red.jpg

赤×赤×赤 集合  Yu Hai/于海
 2015/1/10 アジアカップ(オーストラリア)B組第1戦 vs.サウジアラビア 1-0(ブリスベン)
(news.takungpao.com.hk news.xinhuanet.com)


China-PR-2015-NIKE-asian-cup-away-kit-white-white-white-line-up.jpg


China-PR-2015-NIKE-asian-cup-away-kit-white-white-white.jpg

白×白×白 集合 
 2015/1/14 アジアカップ(オーストラリア)B組第2戦  vs.ウズベキスタン 2-1(ブリスベン)
(news.xinhuanet.com)

Sun Ke/孫可
 2015/1/18 アジアカップ(オーストラリア)B組第3戦  vs.北朝鮮 2-1(キャンベラ)
(www.afcasiancup.com)


2014-2015年(adidas)
 2014年3月のアジアカップ予選最終節イラク戦から投入されたモデル。
 身頃にはドラゴンのウロコ模様が描かれている。予選ではサウジアラビア、イラクに次ぐ
 3位に終わったが、3位チーム最上位として本大会出場権を得た。
【関連記事】
 中国代表、2014年adidasニューモデル、正式リリース! ドラゴンの鱗(うろこ)をまとったデザイン

China-PR-2014-adidas-home-kit-red-red-red-line-up.jpg


China-PR-2014-adidas-home-kit-red-red-red.jpg

赤×赤×赤 集合
 2014/9/4 フレンドリーマッチ vs.クウェート 3-1(鞍山)  (www.NEWS.cn)
Wu Xi/吴曦
 2014/11/18 フレンドリーマッチ vs.ホンジュラス 0-0(西安)  (AFP PHOTO)


2011-2013年(adidas)
 ブラジルW杯3次予選11月シリーズを前にリリースされたモデル。アウェイのイラク戦から
 投入された。イラク、ヨルダンの後塵を拝し、3次予選敗退で終わった。
 身頃に中国の象徴・龍をドットで表現したモチーフを配するなど細部にこだわった
 デザイン。アジアカップ2015予選でも着用。
【関連記事】
 中国代表、12-13年adidas新ユニフォーム(ホームモデル)発表!

China-PR-11-13-adidas-home-kit-red-red-red-group-photo.jpg


China-PR-11-13-adidas-home-kie-red-red-red-3.jpg

赤×赤×赤 集合
 2013/2/6 アジアカップ予選C組第1節 vs.サウジアラビア 1-2(ダンマーム)  
(Xinhua/Qin Haishi)

Lu Peng/呂鵬
 2012/2/29 ブラジルW杯3次予選A組第6戦 vs.ヨルダン 3-1(広州)  (AFP PHOTO)

China-PR-11-13-adidas-away-kit-white-white-white-group-photo.jpg


China-PR-11-13-adidas-away-kit-white-white-white.jpg
 
白×白×白 集合 Yu Dabao/于大宝
 2013/10/15 アジアカップ予選C組第3節 vs.インドネシア 1-1(ジャカルタ)  
(bbs.sports.163.com)


2010-2011年(adidas)
 2009年11月に赤のホームモデルがリリースされた。
 実戦初投入は明けて1月のアジアカップ予選・シリア戦。襟付きのクラシックでシンプルな
 デザインは賛否両論であったが、南アW杯前にフランスに土をつけたのはこのモデルで
 ある。8月に名将カマーチョが監督に就任し、ブラジルW杯3次予選でも着用されている。
【関連記事】
 中国代表、10-12年adidas新ユニフォーム(ホームモデル)発表!

 1月の東アジア選手権で日本、韓国を抑えて優勝した際は、全試合で2008年モデルの
 アウェイ(白)を着用した。遅れてリリースされた2010年アウェイモデルは日本と
 同じCONDIVOテンプレートを採用し、9月のイラン戦で投入された。
【関連記事】
 中国代表、10-11年adidas新ユニフォーム(アウェイモデル)情報!

 ホストとして迎えた広州アジア大会では全試合このモデルが着用されており、完全に
 ホームモデル扱いである。下のコメント欄のnosukeさんの「紅/白のホーム/アウェイ
 モデルの扱いは験を担いだもの」説もかなり信憑性がある。そのアジア大会で日本に
 惨敗したせいか、アジアカップでは再び赤モデルを着用、初戦でガルフ王者クウェートを
 倒した。
China PR-10-11-adidas-home-kit-red-red-red-line up.JPG


China PR-10-11-adidas-home-kit-red-red-red.JPG

赤×赤×赤 集合
 2011/1/8 アジアカップ(カタール)A組第1戦 vs.クウェート 2-0(ドーハ)  (Getty Images)
Deng Zhuoxiang/ケ卓翔
 2010/6/4 テストマッチ vs.フランス 1-0(レユニオン・サンピエール)  (Getty Images)

China PR-10-11-adidas-home-kit-white-white-white-pose.jpg


China PR-10-11-adidas-home-kit-white-white-white.jpg

白×白×白 集合 Cheng Piao/朴成
 2010/11/10 広州アジア大会A組第2戦 vs.U-21キルギスタン(広州)  (Getty Images)


2008-2010年(adidas)
 2008年3月のW杯3次予選・オーストラリア戦から着用されたモデル。
 オーストラリア、カタール、イラクとの同組で最下位に終わった。
 アジアカップ予選でも着用されている。
 2010年2月の東アジア選手権では全試合アウェイモデルを着用し、優勝を果たした。
中国08-09adidas赤赤赤.JPG 中国08-09adidas赤赤赤2.JPG
赤×赤×赤 Zheng Zhi/鄭智 
 2008/6/2 南アフリカW杯3次予選1組 vs.カタール 0-0  (AFP/Karim Jaafar)
宇eng Xiaoting/馮瀟霆
 2008/3/26 南アフリカW杯3次予選1組 vs.オーストラリア 0-0  (AFP/Frederic J. Brown)

China PR-08-10-adidas-white-white-white-group.JPG


China-08-09-adidas-uniform-white-white-white.JPG

白×白×白 集合
 2010/2/14 東アジア選手権(日本)第3戦 vs.香港 2-0  (AP Photo)
Zhao Xuri/趙旭日
 2009/11/14 アジアカップ予選D組 vs.レバノン 2-0(ベイルート)  (AP Photo)


2008年(adidas)
 地元開催の北京オリンピック着用モデル。南アフリカW杯予選モデルと同一だが、
 IOCの通達により、メーカー固有のデザインが制限された為、3本ラインが外された。
 他国は協会エンブレムも外されが、中国は元々国旗を配していたので、印象は
 変わらない。せっかくの地元開催なのだから、スペシャルバージョンでも投入すれば
 いいと思うのだが。。
中国08adidasOG赤赤赤-集合.JPG


中国08adidasOG赤赤赤.JPG 中国08adidasOG赤赤赤2.JPG
赤×赤×赤 集合 瓜heng Zhi/鄭智
 2008/8/7 北京五輪 C組第2戦 vs.ベルギー 0-2  (Reuters 陰FP PHOTO)
Peng Han/韓鵬
 2008/8/7 北京五輪 C組第1戦 vs.ニュージーランド 1-1  (AFP PHOTO)


2007-2008年(adidas)
 アジアカップはadidasを着用。
 アウェイモデルは、2006年モデルからゼッケンの色が黄色に変更され、より国旗に近い
 イメージに。続く南アW杯1次予選・3次予選、東アジア選手権でも着用されている。
 ホームモデルは2006年と同様リベロが継続的に着用されている。
中国07-08adidas白白白.JPG

白×白×白 Bin Zheng
 2007/10/28 南アフリカW杯1次予選 vs.ミャンマー 4-0  (AFP/Tengku Bahar)

中国07adidasAC赤赤赤-集合3.JPG


中国07adidasAC赤赤赤.jpg 中国07-08adidas赤赤赤3.JPG
赤×赤×赤 集合 Wang Dong/王棟
 2007/7/10 アジアカップ(マレーシア他3ヶ国)GL第1戦 vs.マレーシア 5-1
(AFP/Roslan Rahman AFC HP)

瓜heng Zhi/鄭智 
 2008/2/6 南アフリカW杯3次予選1組 vs.イラク 1-1  (AFP/Karim Sahib) 


2007年(UMBRO)
 なんと中国がUMBRO!? それもUMBROらしくない斬新なデザイン。
 フットサル・アジア選手権での着用モデル。
 果たして地元開催のアジアカップもこれでいくのか?
中国07UMBRO白白白-集合.JPG


中国07UMBRO白白白.JPG

白×白×白 集合
 2007/5/13 AFCフットサル選手権(大阪)GL第1戦 vs.マレーシア 2-0  (AFC HP)
選手名不明
 2007/5/15 AFCフットサル選手権(大阪)GL第3戦 vs.イラン 0-8  (AFC HP)

中国07UMBRO赤赤赤.JPG

赤×赤×赤 選手名不明
 2007/5/14 AFCフットサル選手権(大阪)GL第2戦 vs.レバノン 2-4  (AFC HP)


2006年(adidas)
 U-17およびU-20アジア選手権、ドーハ・アジア大会で着用されたadidasリベロモデル。
 アウェイの赤はネックからのラインも同色の赤となっている。
中国06adidas白白白-集合.jpg


中国06adidas白白白.jpg 中国06adidas白白白2.JPG
白×白×白 集合 Li Jinyu/李金羽
 2006/9/4 U-17アジア選手権(シンガポール)GL第1戦 vs.シリア 1-0  (AFC/Stanley Chou)
韻ui Peng/崔鵬
 2006/11/6 U-20アジア選手権(インド)準々決勝 vs.ヨルダン 0-1  (AFC/Stanley Chou)

中国06adidas赤赤赤-集合.jpg


中国06adidas赤赤赤.jpg

赤×赤×赤 集合 選手名不明
 2006/ アジア大会(ドーハ) vs.イラク  (アジア大会公式HP)


2004-2005年(adidas)
 自国開催のアジアカップ、ドイツW杯予選での着用モデル。
 アジアカップではイラク、イランを連破し決勝まで進出したが日本に敗れ、準優勝に
 終わった。ドイツW杯予選では1次予選でクウェートに敗れて最終予選進出を逃し、
 前回出場国で一番早く姿を消すという屈辱を味わった。
China-04-05-adidas-white-white-white-group.JPG


中国04-05adidas白白白-歓喜.JPG


中国04-05adidas白白白.JPG

白×白×白 集合  
 2004/6/9 ドイツW杯1次予選 vs.マレーシア 4-0  (週刊Soccer Magazine)
歓喜
 2004/7/30 アジアカップ(中国)準々決勝 vs.イラク 3-0  (AP Photo/Ng Han Guan)
Zhi Zheng/鄭智
 2004/11/17 ドイツW杯1次予選 vs.香港 7-0  (AFP PHOTO/Philippe Lopez)

中国04-05adidas白赤白.JPG

白×赤×白 Ji Mingyi/季銘義
 2005/3/29 テストマッチ vs.アイルランド  (REUTERS/Jeff J Mitchell)

中国04-05adidas赤赤赤.JPG 中国04-05adidas赤赤赤2.JPG
赤×赤×赤 Hao Haidong/郝海涛
 2004/7/21 アジアカップ(中国)GL第2戦 vs.インドネシア 5-0  (WSG/Adnan Hajj)
唄un Jihai/孫継海
 2005/10/12 テストマッチ vs.ドイツ 0-1  (AP Photo/Heribert Proepper)


2002-2003年(adidas)
 日韓W杯に初出場したモデル。サイドがメッシュになったadidasのスタンダードモデル。
 ブラジル・トルコ・コスタリカを相手に3敗無得点で世界の壁にはね返された。
 02年釜山アジア大会(ベスト8)、02年カタールアジアユース選手権(ベスト8)、
 03年フィンランドU-17世界選手権、03年東アジア選手権(3位)などでも着用された。
中国02-03adidas白白白-集合.JPG


China-PR-2002-adidas-world-cup-home-kit-white-white-white.jpg

白×白×白 集合 Yu Genwei/于根伟
 2002/6/4 日韓W杯GL第1戦 vs.コスタリカ 0-2(光州)
(Getty Images/Gary M.Prior sporting-heroes.net/George Herringshaw)


中国02-03adidas赤赤赤-集合.JPG


China-PR-2002-adidas-world-cup-away-kit-red-red-red-line-up.jpg


China-PR-2002-adidas-world-cup-away-kit-red-red-red.jpg
  
赤×赤×赤 集合 Qi Hong/祁宏
 2002/6/8 日韓W杯C組第2戦 vs.ブラジル 0-4(済州)
(写真データ不明 Getty Images/Andreas Rentz akrb.cn)


2000-2001年(adidas)
 アジアカップ2000、日韓W杯予選着用モデル。
 アジアカップではベスト4に進出、日韓のいないW杯予選では、UAE、ウズベキスタン、
 カタール、オマーンとの組を首位で突破し、W杯初出場を果たした。
China-PR-00-01-adidas-home-kit-white-white-white-line-up.jpg


China-PR-00-01-adidas-home-kit-white-white-white.jpg

白×白×白 集合
 試合データ不明  (写真データ不明)
Ma Mingyu/馬明宇, Li Tie/李鉄, Wu Chengying/吴承瑛
 試合データ不明  (Football ASIA)


1998年(adidas)
 バンコク・アジア大会着用モデル。3位決定戦で地元タイを破り3位に輝いた。
 シドニー五輪予選(敗退)、アジアカップ2000予選(本大会出場)でも着用された。
China-PR-98-99-adidas-home-kit-white-white-white.jpg

白×白×白 Li Tie/李鉄
 1998/12/12 アジア大会(バンコク)2次リーグ3組第3戦 vs.イラン 1-2(バンコク)  
(Football ASIA)


China-PR-98-99-adidas-away-kit-red-red-red.jpg

赤×赤×赤 Sun Jihai/孫継海
 1998/12/16 アジア大会(バンコク)準決勝 vs.イラン 0-1(バンコク)  (Football ASIA)


1998年(adidas)
 ダイナスティカップ1998着用モデル。
 日本、韓国、香港リーグ選抜とのリーグ戦で得失点差で2位となった。
China-PR-1998-adidas-dynasty-cup-home-kit-white-white-white-line-up.jpg


China-PR-1998-adidas-dynasty-cup-home-kit-white-white-white.jpg

白×白×白 集合 Sun Jihai/孫継海
 1998/3 ダイナスティカップ(日本)  (写真データ不明)




1994年(adidas)
 広島アジア大会着用モデル。決勝でウズベキスタンに敗れたが準優勝に輝いた。
China-PR-94-adidas-white-white-white.jpg

白×白×白 Li Bing/黎兵
 1994/10/13 広島アジア大会準決勝 vs.クウェート 2-0(広島)  (写真データ不明)


1992年(adidas)
 日本で行われたアジアカップ着用モデル。準決勝で日本に敗れたが、3位決定戦で
 UAEを降し3位に輝いた。
China-PR-92-adidas-home-kit-red-red-red-line-up.jpg


China-PR-92-adidas-home-kit-red-red-red.jpg

赤×赤×赤 集合 Li Bing/黎兵
 1992/10/29 アジアカップ(日本)2組第1戦 vs.サウジアラビア 1-1(広島)  (Soccer Digest)






posted by yuuki_ono_99 at 01:33 | Comment(13) | TrackBack(0) | アジア(AFC) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
僕がこのニュースを知ったのはホントたまたま中国協会のサイトを覗いて知りました^^;
ただソースは不確定、出所も曖昧な情報で
『中国がNIKEに乗り換えるらしい』という噂は昨年の10月ごろにはキャッチしてました。
なので定期的に中国協会サイトは覗いていたのですが、運良く情報リリース日に覗く事が
出来たって訳ですね^^;w

NIKEはテンプレ通りに作るパターンが多いですから、予想画像も結構リアリティの
あるような画像になっちゃうんじゃないですかね?
手を加える箇所が少なく完成しちゃいますし…^^;
Posted by rodeo at 2015年01月07日 08:03
>rodeoさん
FOOTY HEADLINES などにも出始めましたね。
でもオマーン戦の後に見たアウェイのCG画像は真っ白だったなぁ。
あの画像は何だったんでしょう?
Posted by yuuki_ono_99 at 2015年01月06日 08:40
>rodeoさん
お久しぶりです!嬉しいです!
やはり中国、NIKEでしたか?
年末のオマーン戦の後、adidas最後のゲームというツイートと、NIKEのCG見つけたのですが、ソースが分からなくて。。

「China 2015 NIKE」やら「中國 耐克」やらで検索したのですが、昨日の協会リリースニュースしか見つかりません。

rodeoさんはどこで見つけられたのですか?


Posted by yuuki_ono_99 at 2015年01月06日 08:30
中国が今年からNIKEにサプライヤー変更しましたね。
リーグの方がNIKEと長年契約を結んでいたので、協会の方も変更するだろうなと
数年前から感じてましたが、とうとう来たなって感じですね。

これで日本とadidasの関係は更に強化される事になるかと思いますね。
アジア戦略で完全にNIKEに先手を取られ続けてる以上、日本という市場は
今まで以上に手放す事が出来ないでしょうしね。
逆にadidasのアジア戦略の反攻がどの国からスタートするのか興味が出て来ました。
Posted by rodeo at 2015年01月06日 03:08
>daikubo さん
ご質問ありがとうございます。
かなり調べてみましたが、見つからないです。

wikipediaによると、内モンゴル代表は1989年、広西代表は1987年、寧夏代表は1986年以降
試合を行っていないようなので、さすがに画像を見つけるのは厳しそうです。
英語や中国語で画像検索もしてみましたが、見つからないですね。

FIFA非加盟国・地域の情報を調べる時に使っているサイト
 http://www.fedefutbol.net/nfboard.aspx
でも情報はないです。
各サッカー連盟とも情報がなく、今は機能していないものと思われます。

あとは現地の古い文献を当たるしかないと思われますが、インターネットの中国語検索で
ヒットしないと手の打ちようがないですね。

daikuboさんは、何かヒントになるようなものをお持ちですか?

Posted by yuuki_ono_99 at 2012年04月17日 12:33
はじめまして。
FIFAに加盟していない国・地域の代表チームのユニフォーム画像を探しております。
管理者様なら内モンゴル代表、さらに広西代表、寧夏代表の3チームについて、何か情報ありますか?

どうか教えて頂きたくよろしくお願いいたします。
Posted by daikubo at 2012年04月15日 22:36
はじめまして。
FIFAに加盟していない国・地域の代表チームのユニフォーム画像を探しております。
管理者様なら内モンゴル代表、さらに広西代表、寧夏代表の3チームについて、何か情報ありますか?
現地のサイトにメールしてもなぜか送信されませんでした。
どうか教えて頂きたくよろしくお願いいたします。
Posted by daikubo at 2012年04月15日 22:13
そう言えば、今回の中国代表のモデルも「万里の長城」がデザインで入ってます。前回のモデルのようにプリントで入っているのではなくて、何というか、生地の織り込みというか、透かしというか、表現しづらいですが。

紅モデルが国旗の下に縦一直線、白モデルが下から襟元にかけて弧を描くように入ってます。

手に取ってみないと、わかりませんよ。どっかに画像があればいいんですが。。。私じゃ無理みたいです。
Posted by nosuke at 2010年12月09日 22:49
>nosukeさん
はじめまして。すばらしいコメントをありがとうございます。
襟付き赤モデルのアップが遅れていたので、レスが遅くなってすいませんでした。
晴れてコメントを返せます。本文でも紹介させていただきました。

やはり(多分)アディダス・チャイナのオリジナルデザインのホームモデルの評判がよくなかったのでしょうね。
中国のサイトは検索が難しいので、またいろいろな情報や画像等の情報があったら、是非お願い致します。
Posted by yuuki_ono_99 at 2010年11月20日 23:51
ずっと中国代表も見てますが、ここ最近は紅・白はげんを担いでいるように思いました。白で勝ったら次も白。白で負けたら紅に変えるみたいな感じで。WC直前の親善試合でフランスに1−0で勝ったころは、紅が多かったと思います。でもアジア大会で日本に3−0負けてから、そんなんでげんを担いでも一緒と思い直したのか、はたまた白のユニホームが動きやすいのか、ここのところずっと白ですね。広州に住んでますが、デザインが受けないのか、レプリカも紅が売れ残ってます。
香港も同じです。レプリカショップで並んでるのをみたら、同じアディダスなのに、香港の紅ユニホームに比べたら、パッと見ても中国の紅は見劣りしますね。
Posted by nosuke at 2010年11月19日 09:55
中国はマイナーチェンジしてますね。

背番号が黄色くなってより中国らしくはなりましたが、色使いのバランスという面では前モデルの方が良かったとも思っています。

また、中国の場合は1st?(白)はいわゆるリベロの一般タイプ(首からのラインが別色)ですが2nd?(赤)は首からのラインが同色になってますね。カナダ同様一見するとライン無しに見えますがこれもリベロの一種かと。

個人的には中国のリベロも欲しかったのですが、その予想される市場規模の割には取り扱いが少なく、唯一日本から買える手段だったショップでは売り切れになっており(白バージョン)、赤バージョンに関しては見る事も無く。ここでもナイキとの差が・・・・・・。
Posted by カブラル at 2007年07月19日 11:14
>カブラルさん
なるほど。
ボクもUMBROはたぶんこの大会だけと踏んでいたんですが、
サッカー協会とフットサル協会が違う、そういう理由があったんですね。
アメリカ戦もU-20ツーロン国際もadidasですからね。

>何度も書き込んでスイマセンです。
何をおっしゃいます。
どんどん書き込んでいただいて結構ですよ。
このブログの活性化につながって、とっても嬉しいです。
Posted by yuuki_ono_99 at 2007年06月07日 01:26
アジアでもう一つのアディダス派の有力国、中国がアンブロ?というのは確かに衝撃的ですね。一方、日曜日にアメリカVS中国戦がありましたがそこでは中国代表はアディダスだった模様です。

おそらく中国はサッカーとフットサルで連盟が別なのでしょうか。日本だとサッカーもフットサルも同じ連盟ですが、たまにそれらが別連盟な国もある様です。となると使用するユニフォームも違ってくるのでしょう。アンブロの中国も悪くないですけどね(ただイラン戦のスコアが開きすぎな気が、中国ではフットサルはマイナーなのでしょうか)。

アンブロはアジアでは弱いので、どこかで弾みを付けたいと思っていそうですが、案外それが中国なのかもしれませんね。

何度も書き込んでスイマセンです。
Posted by カブラル at 2007年06月06日 22:11
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/42817809

この記事へのトラックバック