川崎フロンターレ、2017年PUMAニューモデル(ファースト/セカンド/GK/ACL)正式リリース! ファーストはクラブ史上初の全身同色、ACLには多摩川の流れをデザインに

川崎フロンターレは1/22、新体制発表会で、2017年PUMAニューモデルをリリースした。

フィールドプレイヤーおよびGKモデルの全デザインに、肩から袖にかけてプーマの伝統的な「アパレルフォームストライプ」を採用。2017年モデルには、この「アパレルフォームストライプ」を従来の切り替えタイプではなく、ドットプリントで表現することで、軽量化と袖内側部分のフィット性を高め、プレイヤーのパフォーマンス向上を実現している。

川崎フロンターレ-2017-PUMA-ニューモデル-1.jpg


ユニフォームのコンセプトは、今シーズンのキャッチフレーズと同じく『Paint it Blue 』。節目となる20周年を経て、クラブがまた新たな一歩を踏み出すにあたり、もう一度初心に戻り、一体感のある雰囲気を作り上げるための象徴となるようなユニフォームを目指して、ファーストモデルではクラブ初となるフロンターレブルーを全身に配色したデザインを採用している。

b0cc2f82-ae63-4abf-9a63-4bc2273b1f77.jpg


d01afca5-36a8-4894-aa48-4ea970035758.jpg


アウェイモデルは、身頃に『Paint it Blue』のコンセプトを大胆に表現したグラフィックを配しており、その中に川崎市の7区それぞれの地形やマスコットの「カブレラ」が密かに描かれている。

e03289c3-b76f-47c2-845d-18fadaddbf78.jpg


d4d6dd46-155b-4ff6-8631-b9cf3deab259.jpg


kawasaki-frontale-2017-home-and-away-kits (5).jpg


ACLモデルでは、従来と同様黒のパンツとのコーディネイト。身頃には多摩川の流れをイメージしたグラフィックをドットプリントで表現している。

af52e759-7705-4ddc-a983-b2044974fb1f.jpg


34278374-5a8f-463b-b97b-9d5ab90bd935.jpg


川崎フロンターレ-2017-PUMA-ニューモデル-2.jpg



【引用サイト】
 「2017シーズンユニフォーム」先行販売のお知らせ (川崎フロンターレ 公式サイト)

【関連記事】
 川崎フロンターレ 歴代ユニフォーム(Kawasaki Frontale Team Kit Chronicle)












 
posted by yuuki_ono_99 at 19:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | 新ユニフォーム情報(2017-18) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック