【エイプリルフール企画】「Football Shirts Voltage.com」、GKキット、トレーニングキットの掲載をパワーアップ

「Football Shirts Voltage.com」の主宰yuuki_ono_99 氏がコメントを発表した。


-----最近、PVが落ちているとのことだが?-----

確かに落ちている。平時で6000〜8000PV/日、日本代表の試合がある日でも10,000PV/日を超えればいい方。seesaaブログのアクセス解析の方法が変わった影響もあるかもしれない。


-----以前に比べて執筆活動に時間を割けないのでは?-----

そんなことはない。6時半起床、9時〜20時仕事、21時帰宅、0時半就寝というリズムの中で、帰宅後の3時間を執筆に充てている。また通勤中もタブレットで下書きや情報収集を行っている。土日はほとんど家にこもってPCに向かっている。ただ以前に比べると睡眠時間をとらないと身体が持たなくなってきているかもしれない(苦笑)


-----アクセスに関して傾向は変わっているのか?-----

世の流れだが、スマホやタブレットからのアクセスが圧倒的に多い。ただスマホ対応ができておらず、勉強不足を実感している。


-----最近のユニフォームの傾向は?-----

90年代のデザイン過剰から、2000年代のシンプルデザインを経て、2010年代も引き続きシンプル傾向は続いているが、随所にこだわりを入れた凝ったデザインが増えている。


-----その傾向は、代表でもクラブでも共通しているのか?-----

代表もクラブもほぼ2年ごとにリリースしていたが、クラブは2010年代からは毎年ニューモデルをリリースするようになった。当然クラブの方が圧倒的に試合数が多く、固定的なサポーターを抱えている為、ユニフォーム売上という商業的メリットが大きいからだろう。その分、デザイン面でも機能面でもコンセプト面でも最新のトレンドを取り入れやすいといえる。


-----コンセプト面のトレンドとは?-----

トレンドというよりは、クラブの方が「遊び」やすいという意味だ。ビッグクラブではサードユニフォームが当たり前になっており「色で遊べる」傾向が強い。またクラブの場合、地域に密着しているので地域イベントを取り入れたモデルを毎年リリースできるという利点がある。ベルマーレ湘南の「七夕モデル」、1FCケルンの「カーニバルモデル」、フィテッセの「エアボーンモデル」などが有名だ。


-----2017年のトレンドは?-----

ヨーロッパ各国リーグ戦やUEFAカップ戦も佳境を迎え、ビッグクラブの2017-18年モデルのリーク画像が出始めているが、各クラブとも例年よりギリギリまで正式リリースを引っ張っている感がある。来年にワールドカップを控え、秋から冬にかけて各国代表ニューモデルのリリースラッシュがあるので楽しみだ。


-----先日、日本代表ニューモデルがリークされたが?-----

その後の情報は皆無で、真偽は不明だ。2006年以降各国がサプライヤーのテンプレートを利用する中、アディダス・ジャパン社は独自のエッセンスを加えたセンスを見せている。毎回そうだが、リークから正式リリースまでの期間を楽しみたい。


-----他にサイトからのコメントは?-----

最近GKキットやトレーニングキットに関するリクエストが多いが、そこまでの余裕はない。他のリクエストやコメントへの対応も余裕がないので、事情をご理解いただきたい。(エイプリルフール企画でした)

今までGKキットやトレーニングキットはワールドカップやユーロの時に独立した記事を上げていたが、基本コンテンツの各国代表歴代ページや各国クラブ歴代ページに、なるべく組み込んでいきたい。

Italy-2017-PUMA-GK-Kit-Gianluigi-Donnarumma.jpg



【過去のエイプリルフール企画】
 2016年 配信なし
 2015年 ハリルホジッチ監督、「6月のワールドカップ予選は新しいユニフォームで戦いたい」と日本代表ニューモデル発表を示唆
 2014年 香川真二と本田圭佑がアベック・ハットトリック! 日本代表に最高の弾み!
 2013年 日本代表、コンフェデモデルを緊急リリースか!?
 2012年 日本代表ユニフォーム、2015年よりNIKE に契約か?
 2011年 各国代表ページ、HTMLによるサイト化のお知らせ
 2010年 「サッカー各国代表ユニフォーム」FIFAから公式コンテンツの要請あり!?










posted by yuuki_ono_99 at 15:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | このサイトについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/448634339

この記事へのトラックバック