日本代表の2017年ニューモデルは、やはりリーク画像通りか? adidas Japan のtwitterで突如発信された画像はW杯モデルではなく、W杯最終予選突破祈願モデルと予想!!

【6/7 着用画像9点アップ】日本代表、史上初の1試合限定ユニフォーム(ワールドカップ出場決定20周年メモリアルモデル)を着用! 袖には懐かしの炎モチーフ


4/21、adidas Japan のtwitterで突如、日本代表プロモーションが配信された。契約選手の香川選手、清武選手が起用され、メインコピーは「あの日の炎は、消えたのか。」サブコピーは香川選手が「暑苦しいまでに貪欲だった頃の日本を思い出せ。」 清武選手が「20年前から、テクニックも組織力も向上した。がむしゃらさはどうだ。」となっている。

ハッシュタグは「#あの日の炎」「#ヨビサマセ」「#NeverFollow」の3種類ある。「#NeverFollow」は従来からP.ポグバをメインにしたプロモーションで使われていたものだが、「#あの日の炎」「#ヨビサマセ」は本日より使われているタグとなる。

注目の着用モデルは、3/18に配信した
 「日本代表、2017年adidasニューモデル画像が海外ユニフォームサイトでリーク!」
で紹介したモデルとなっている。

(追記)
4/24に岡野選手、4/25に川口選手のユニフォームを載せたツイートが配信された。













ネット上では「やっぱりこれか」「ついに公式画像くるー!? 6月のアジア予選から使用開始かな?」との声が飛び交っている。本情報を教えてくれたrodeoさんは自身のtwitterで次のように述べている。
「ん?この画像は・・・前にリークされた代表の新ユニ着用してないか?
 やっぱりサポ用Tシャツではなく、プロトタイプだったって事だな。
 海外通販サイトの件は予定も無いのに販売予約とかそういう類って感じかな?w」

「つか…この時期にリリースってのはちょっと前倒しし過ぎのような気もするなぁ。
 あくまでワールドカップモデルの位置付けでしょ?
 もしかして・・・代表モデルも毎年リリースってスパンに変わっていくのかなぁ?」

「しかも炎モデルの復刻デザインを使用するのはW杯初出場20周年記念って
 意味合いも込めてでしょ?
 それを2017年の半ばでリリースしたら意味合いも薄れちゃうような気が・・・?」

皆さんの意見も聞きながら当サイトでは、あえて次のように予想する。
「今回のモデルは2017年限定」
「W杯出場決定の場合、
 本大会用モデルは2018年2月くらいにリリース」


その理由は
(1)このタイミングで公式twitterでティザー広告を開始したということは、6月13日の最終予選(アウェイ・イラク戦)で着用開始の可能性が高い。場合によっては5月20日開幕のU-20ワールドカップで先行着用も。過去にも99-00年モデルは6月のキリンカップでのフル代表初着用に先駆けて、5月のワールドユース準優勝時に着用されていた。

(2)rodeoさんも言っているように本大会用モデルを、まだ突破も決まっていない1年前のこの時期からプロモーションを始めるのは早過ぎる。各メーカーともまずはクラブチームの2017-18年モデルリリースに力を入れ、代表モデルは6月のコンフェデレーションズカップを経て、やはりW杯モデルは秋以降のリリースが通常と思われる。ちなみにadidasでは通常ドイツ代表が一番早くリリースをするが、そのドイツ代表がコンフェデ用に2017年モデルをリリースしているので、W杯モデルは秋以降と予想される。

(3)炎モデルの復刻は「W杯初出場20周年記念」とされているが、「W杯初出場決定20周年記念」とも位置づけできる。そう20年前の1997年「ジョホールバルの歓喜」では炎Tモデルが着用されていた。
 炎Tモデル、炎Uモデルの違いは?

(4)従来、代表モデルは2年ごと(西暦偶数年)にリリースされていた。ただその慣例にとらわれず奇数年にリリースしたり、スペイン代表のように1年ごとにリリースするケースもある。今回のアジア最終予選ではNIKEのサウジアラビア代表、カタール代表が2017年モデルをリリースしている。ちなみに日本代表は自国開催の日韓W杯の前年に2001年限定モデルを着用した前例もある。

(5)少しネガティブな話で恐縮だが。。。 3月のUAE戦勝利でロシアW杯出場に向けて光が差してきたものの、2006ドイツ、2010南アフリカ、2014年ブラジルの各予選に比べるとやはり苦戦状況となっている。万が一W杯出場を逃すと2018年モデルの売上苦戦は必至となる為、2017年予選突破祈願モデルを前倒しでリリースすることで、万が一のリスクを回避する。その決意表明が「#あの日の炎」「#ヨビサマセ」の2つのハッシュタグに現れていると思われる。


Japan-2017-adidas-new-home-kit-3.jpg


日本代表02017-adidas-ニューモデル04.jpg


日本代表-2017-adidas-ホーム-リーク-1.JPG


日本代表-2017-adidas-ホーム-リーク-2.jpg




【関連記事】
 サッカー日本代表 歴代ユニフォーム一覧

 日本代表 歴代ユニフォーム(Japan)フル代表スペシャル(1988年〜2016年)













posted by yuuki_ono_99 at 01:01 | Comment(6) | TrackBack(0) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
>Issaさん
ご無沙汰です! 嬉しいです!
実着用されるのか、まだ不透明な部分もありますが、
ゼッケンや選手名が入るのを楽しみにしましょう!


Posted by yuuki_ono_99 at 2017年04月28日 02:27
>のびさん
襟付きだとどうしてもクラシックな印象になりますよね。
日本代表も2001年モデルが最後の襟付きモデル。
もう15年以上前に遡るんですね。


Posted by yuuki_ono_99 at 2017年04月28日 02:24
かなりお久しぶりです。
デザイン的には??な部分も正直ありますが、
日本代表が復刻版をリリースという点、奇数年にもニューモデルリリースという点は喜ばしい限りですね。

Posted by Issa at 2017年04月24日 01:25
昔の炎ユニフォームは襟ありましたよね?襟つきユニフォーム復活してほしいものです。
Posted by のび at 2017年04月23日 23:24
>rodeoさん
ご賛同いただいて、嬉しいです。
rodeoさんのバックアップがあれば、自信が持てます。

2001年モデルの件を本文に追記しました。
また炎Tモデル、炎Uモデルが、袖の炎モチーフの大きさだけでなく、
襟元のデザインが微妙に違うのも、今回改めて発見しました。


Posted by yuuki_ono_99 at 2017年04月23日 11:30
いやぁ〜、素晴らしい推測です!!
この記事を読んだ後で、いくつか気になっていた事を
改めて再確認したところ、yuukiさんの予想が素晴らしいと
思うに至りました。

僕が気になった点は以下の二点。
@ 日本代表モデルを1年スパンでリリースする必要があるのか?
A このモデルは炎T、炎U、どちらをオマージュしてる?

@に関しては、以前にありましたね、2001年モデル。
1年間限定の位置付けで着用する前例があるので、この点はクリア。
Aに関してもこれは炎Tをオマージュしてると言えますね。
首元の赤いモチーフは炎Tで使われたデザインですしね・・・。
実はこの点を僕は勘違いしてて、炎Uのオマージュだとリーク画像を
最初に見た時から思い込んでました。
でも炎Uモデルの首元はポロネックデザインで、この赤いモチーフは
使用されていませんでしたね。・・・なのでワールドカップ初出場決定
20周年記念モデルと位置づけた方がしっくり来ます。

自分の勘違いも解消された今、yuukiさんの予想はほぼ正解と言っても
良いのではないでしょうか?
ホントに素晴らしい推測です・・・さすがですね!
Posted by rodeo at 2017年04月23日 01:57
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/449252548

この記事へのトラックバック