【ユニマニアのコラム】日本代表の2017年ニューモデルを、炎モデルTと炎モデルUと比較するのはユニフォームマニアの自己満足?

【6/7 着用画像9点アップ】日本代表、史上初の1試合限定ユニフォーム(ワールドカップ出場決定20周年メモリアルモデル)を着用! 袖には懐かしの炎モチーフ


(この記事は4月27日の早朝に書いたものです。配信が正式リリース後になってしまった事をご了承下さい)

いよいよリリース間近となった日本代表の2017年モデル。当サイトでは「1998年 フランスW杯出場 炎モデルT 20周年」ではなく、「1997年 フランスW杯出場決定 炎モデルU 20周年」とする持論を展開してきたが、ここへ来てその推論は不毛のような気がしてきている。

まず3つのモデルを比べてみよう。

炎モデルT
1997年フランスW杯アジア最終予選着用モデル。当時は3社がサプライヤー持ち回りで、96年アジアカップ(PUMA)、96年アトランタ五輪(asics)もあり、ジョホールバルではadidasモデルが着用された。袖の炎モチーフが大きめ。襟はポロ襟のVネックで、赤の三角パッチが配されている。袖部はセットアップスリーブとなっている。

日本代表-1997-adidas-炎T-岡野.jpg


炎モデルU
 フランスW杯本大会着用モデル。asicsが採用された。炎モデルTと比べ、袖の炎モチーフが小型化された。ポロネックもボタンで留められるタイプで開けると小さな赤い三角パッチが見られるようにマイナーチェンジされた。肩から袖にかけても、より腕を動かしやすいラグランスリーブに変更された。また身頃全面に炎モチーフがジャガード織りで配されている。ユース世代ではadidasやPUMAモデルも着用された。
 日本代表ユニフォーム(Japan)(96-99年 炎モデルT・炎モデルU)

日本代表-1998-asics-炎U-中田.jpg


2017年モデル
 ネックは旧モデルと違ってクルーネックで、白で縁取られており、そこに赤い三角パッチが配された。最大の特徴である袖の炎モチーフは、旧モデルと比べ白や赤の縁取りで型づくられるのではなく、グラデーションで表現されている為あっさりとした印象。身頃もフラットな素材となっている。

日本代表-2017-adidas-new-ホーム-2.jpg


冒頭に書いた「マニアの自己満足」に気づいたのは、4/24、4/25にadidas JAPANアカウントで発信されたツイートを見てから。上の画像のツイートのコピーは「あんなに遠かった一点はなかった。あんなに歓喜した一点もなかった」 当然、ジョホールバルでイランを沈めた表現だが、その岡野選手モデルは炎モチーフの小さなフランス本大会モデル。一方、下の川口選手モデルは緑ベースのジョホールバルモデル。つまり97年炎モデルTも98年炎モデルUも関係ないんだな、と。そもそもTとかUとか言い出したのも、我々ユニマニアだし。広い意味での「フランスW杯出場決定 炎モデル」20周年でいいのかもしれないですね。

0ADD71D4-6C88-485C-90BE-DAC8EB6F01CF-284-000000B4314F494C.jpeg


EF23C4CF-D8A8-4176-9864-81B85E9C66E6-284-000000B44BE0D977.jpeg



【関連記事】
 日本代表、2017年adidasニューモデル、いよいよリリース間近! 正式画像6点が到着 1997年炎Tモデルと1998年炎Uモデルを比較!

 日本代表の2017年ニューモデルは、やはりリーク画像通りか? adidas Japan のtwitterで突如発信された画像はW杯モデルではなく、W杯最終予選突破祈願モデルと予想!!

 「日本代表、2017年adidasニューモデル画像が海外ユニフォームサイトでリーク!」
 
 サッカー日本代表 歴代ユニフォーム一覧

 日本代表 歴代ユニフォーム(Japan)フル代表スペシャル(1988年〜2016年)
















posted by yuuki_ono_99 at 22:12 | Comment(6) | TrackBack(0) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
確かに今回の最終予選の機運を考えると、このタイミングで
このコンセプトを打ち出したのは絶妙とも言えますね。
個人的に最初に思ったのは『復刻版を出すなら11月16日でも良いし、
本大会出場を決めたタイミングでも良いじゃん。』って
思ったんですけどね・・・最終予選を盛り上げるという意味ではこのタイミングも
アリなのかな?と考えるようになりましたね。

そういう意味では炎Uの岡野のユニフォームを使ってしまったのは・・・
残念というか何故これを?って・・・しかもこれAsicsですしね(笑)
協会が盛り上げで使うならメーカーもデザインタイプもあまり気にしなくても
いい部分なのでしょうが・・・キットサプライヤーはこの辺の拘りを
キチンと持って欲しかったですね。

まぁ・・・発信元の意図と我々の拘りの差があるんだなと思います。
だけどこういう拘りを持つからこそのマニア。
ajの連中が苦笑いするような重箱の隅を突く指摘もバンバンやって
行きたいですね(笑)
Posted by rodeo at 2017年04月28日 13:42
>rodeoさん
今回のaJのコンセプトワークはすごく良かったと思うんですよ。
今、考えてもあの「ジョホールバルの夜」を超える歓喜は、
W杯本大会でベスト8以上行かないと味わえないと思いますし。

でもやっぱり最終予選は絶対勝って欲しいですしね。
で、その熱さを忘れるな、というメッセージはホントに素晴らしかった。

だからこそ、4/24の岡野モデルを使ったツイートで、
ジョホールバルを表現したコピーに、
本大会モデルの画像を載せてしまった「無知さ」が残念でなりません。

まぁ、我々「ユニマニア」がTとかUとか勝手に呼んで盛り上がるのって、
aJのツイート担当者より日本代表モデルに詳しいって事で、また自己満足(笑)





Posted by yuuki_ono_99 at 2017年04月28日 02:10
>rodeoさん
なるほど。
20周年モデルという事は5月のU-20での着用は絶対ないとして、
可能性としては6月のシリア戦、イラク戦。
うーん。ぜひ着て欲しい!



Posted by yuuki_ono_99 at 2017年04月28日 01:46
選手着用に関しては完全な個人的解釈なのですが・・・
普通、新ユニフォームリリースの場合、
『何月何日の○○戦より(にて)着用致します。』
的な文言が明記される印象を持ってますので・・・今回のリリース文には
そのような明記が無いので、これは単なる記念ユニの販売告知だなと・・・。
仰る通りサポーター向けユニフォームって位置付けで落ち着くという・・・
あれこれ希望的観測を膨らませて振り回された数日間だったなと(笑)

ここのサイトで細かなデザインの違い、ロゴの位置の違い、色の違い等を
知ると、メチャクチャテンション上がります。
そういう細かな部分を求めてるユニフォーム馬鹿がここに一人いますので・・・
今後も楽しみにしてます!!
Posted by rodeo at 2017年04月28日 00:30
>rodeoさん
えーーっっ!
選手着用ないんですか??
オーセンティックモデルがあるということは
試合着用があるのかと思ってました。。
って事は、「サポーター用Tシャツですよね、結局。。」

おっしゃる通り、ユニマニア万歳ですね!
これからもスタンス変えず書いていきます。
引き続きよろしくお願いします。



Posted by yuuki_ono_99 at 2017年04月28日 00:13
正直、細かい所で認識不足な事が多かったなぁと
改めて考えさせられる今回の復刻ユニフォームでした。
炎Uの襟元の赤モチーフの有無ついての記憶が曖昧だった事に気付いたのも
今回の一件でしたし、どうやら記念モデルで選手着用の予定は
無いようで、その辺の予想も甘かった事など・・・(汗)

ぶっちゃけマニアの自己満足ですね。こういうマイナーチェンジモデルの
違いを細かく見つける事は。でもそういう違いに拘るからこそマニアであって、
その違いを共有したり共感出来る者が集まるから楽しい事なんだ・・・と。
ここのサイトを細かく拝見して、意見を拝聴してる身としては、
そういう面を楽しんでますから・・・ユニフォームマニア万歳だなと(笑)

ただ・・・そこまで興味のない方々を同じ土俵に上げて、マニアックな
知識をひけらかす様な事だけは避けようと心掛けてますが・・・
時に失敗する事も・・・(汗)
Posted by rodeo at 2017年04月27日 23:29
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック