ドイツW杯・ユーロ08でNIKE着用国の過去のメーカー変遷

先日の「90年代以降の各国代表ユニフォームの傾向に関する考察」への
カブラルさんのコメントその2。

「近年増えてきているナイキ使用国も、ナイキの前は何を使っていたかというのも気になりますね」

では、ドイツW杯でNIKEを着用した8ヶ国と、ユーロ08でNIKE着用予定の5ヶ国の内、
ドイツW杯に出場しなかった2ヶ国の計10ヶ国について90年以降のメーカー変遷を見てみよう。

【直前がadidas】
アメリカ
 90イタリア予選〜adidas
 95モデル〜NIKE

オーストラリア
 88年頃〜adidas
 04年頃〜NIKE

トルコ
 90イタリア予選〜adidas
 ユーロ04予選〜NIKE


【直前がUMBRO】
ブラジル
 86メキシコ予選〜TOPPER
 94アメリカ予選〜UMBRO
 97年〜NIKE


【直前がlotto】
オランダ
 74西ドイツ〜adidas
 ユーロ92〜lotto
 98フランス予選〜NIKE

クロアチア
 ユーロ96予選〜lotto
 02日韓予選〜NIKE


【直前がその他】
メキシコ
 86メキシコ〜adidas
 93コパアメリカ〜UMBRO
 95年頃〜ABA SPORT
 99年頃〜GARCIS
 02日韓予選〜atretica
 03年頃〜NIKE
 07年〜adidas

ポルトガル
 78年頃〜adidas
 ユーロ96予選〜OLYMPIC
 98フランス予選〜NIKE

ロシア(ユーロ92はCIS、それ以前はソ連)
 82スペイン〜 adidas
 94アメリカ予選〜Reebok
 98フランス予選〜NIKE

韓国
 90イタリア予選〜RAPIDO
 98フランス予選〜NIKE

こうしてみると、PUMAを除く多くのメーカーが、NIKEの攻勢にあっていることがわかる。
カブラルさん、どうですかぁ?


posted by yuuki_ono_99 at 02:52 | Comment(2) | TrackBack(0) | 各国代表ユニフォームの歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
>カブラルさん
こちらこそ、今年もよろしくお願い致します。

PUMAも各国代表チームのサプライに力を入れ出したのは、実は最近になってからなので、
NIKEがPUMAに手を出していないというよりは、NIKEとPUMAが競って
adidas、lotto、UMBROなどいわゆるサッカーメーカーに攻勢をかけている感じでしょうか。
何せPUMAは、94アメリカでは0ですもんね。

確かにカブラルさんの言う通り「大型移籍」特に3大メーカー間の移籍はなくなりそうですね。
Posted by yuuki_ono_99 at 2008年01月04日 02:48
ナイキ使用国の前歴を知りたい、という自分のリクエストにも応えていただいてありがとうございます。

ナイキは基本的にアディダス使用国以外の強国、知名度のある国をスカウトしている感じですね。おそらくこれまでのユニフォーム界では考えつかなかった様な「攻勢」があったと思うのですが、このナイキの勢力拡大が近年の代表チームを取り巻く環境にも良くも悪くも影響を残していると思います。

それにしてもプーマ使用国に手を付けていないのが不思議ですね。プーマ使用国は、ナイキの対サッカー戦略にとって重要ではなかったというだけかもしれませんが。

しかしこのナイキの攻勢により、W杯で目にするユニフォームメーカーは固定されそうですね。今後は有名メーカーによる引き抜き異動以外は動きがなさそうですね。

年末年始の忙しい時期にありがとうございました。今年もよろしくお願いします!
Posted by カブラル at 2008年01月04日 01:50
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。