コソボ代表ユニフォーム(Kosovo National Football Team Kit)

コソボ国旗2008.png コソボ協会2010.JPG

公式サイト  wikipedia  FIFAギャラリー



2016年(KELME)
 ロシアW杯予選着用モデル。

Kosovo-2016-KELME-home-kit-blue-yellow-blue-line-up.jpg


Kosovo-2016-KELME-home-kit-blue-yellow-blue.jpg

青×青×青 集合 Leart Paqarada
 2016/9/4 ロシアW杯予選 vs.フィンランド 1-1(トゥルク)  
(ffk-kosova.com picture alliance/dpa)


2016年(PUMA)

Kosovo-2016-PUMA-home-kit-blue-blue-blue-line-up.jpg

青/紺×青×青 集合
 2016/6/2 フレンドリーマッチ vs.フェロー諸島 2-0(ドイツ・フランクフルト)  (ffk-kosova.com)


2016年5月13日に開かれたFIFA年次総会で、ジブラルタルとともにFIFAの加盟が賛成多数で承認された。2016年9月より、FIFAワールドカップ・ヨーロッパ予選に初めて出場することになった。

2014-15年(PUMA)
 2014年5月はトルコ代表、セネガル代表との連戦に臨んだ。注目のキットはなんとPUMAを採用した。
【関連記事】
 コソボ代表、2014-2015年新ユニフォームはPUMAで登場!

Kosovo-2014-PUMA-home-kit-blue-blue-blue-line-up.jpg


Kosovo-2014-PUMA-home-kit-blue-blue-blue.jpg

水色×水色×水色 集合 選手名不明
 2014/5/21 フレンドリーマッチ vs.トルコ 1-6(ミトロヴィツァ)  
(Getty Images/Armend Nimani Getty Images/NurPhoto)


2014年(LEGEA)
 2014年3月のハイチ代表との親善試合で着用されたモデル。事前情報ではNIKEのキットが紹介されていたが、試合ではサプライヤー不明のキットを着用した。(追記)サプライヤーはLEGEAと判明
【関連記事】
 コソボ代表、ハイチ代表との親善試合で両国ともサプライヤー不明のユニフォームを着用!
 コソボ代表、ハイチ代表との親善試合にNIKEニューモデルを着用か。注目のヤヌザイ選手は招集に応じず

Kosovo-2014-unknown-kit-white-white-white-group-photo.jpg


Kosovo-2014-unknown-kit-white-white-white.jpg
 
白×白×白 集合 選手名不明
 2014/3/5 フレンドリーマッチ vs.ハイチ 0-0(ミトロヴィツァ)  (sport.sky.it)


2012年5月22日、 ゼップ・ブラッターFIFA会長はロイター通信社に対し、コソボが90カ国に独立を承認されている現状を踏まえ、FIFA加盟国として承認する考えがあることを明らかにした。また、FIFA承認の国際親善試合への参加権も与えられた。

オランダ・ハーグの国際司法裁判所(ICJ、小和田恒所長)は2010年7月22日、旧ユーゴスラビアのコソボが2008年2月に宣言したセルビアからの一方的な独立について「国際法に違反していない」との判断を示した。複数のメディアが伝えた。

コソボサッカー協会のサイトは復活しています。
コソボ協会サイト2010.JPG

2008年2月の独立宣言の際、新しい国旗が制定されたのに併せて協会エンブレムも赤ベースから青ベースに変わった為、ユニフォームも変更されている可能性が高い。2010年2月17日にアルバニアとテストマッチを行っているが画像は探し出せていない。
下の画像はフランスのユニフォーム販売サイトに2009年9月に掲載されたものだが、実際にadidasからリリースされたものかどうか詳細は不明。
Kosovo-10-adidas-new-blue.JPG


-------------------------------------------------------------------

2008年5月6日、コソボはFIFA加盟申請をした。同年10月にチューリッヒで開催された総会において審議されたが、FIFA憲章第10条「国際社会で独立国家と認識されている場合のみ加盟は認められる。」が障壁となり拒絶された。

重慶で東アジア選手権の激闘が繰り広げられた2008年2月17日の夜、セルビアの自治州コソボが独立宣言をした。英仏独など欧米主要国は速やかに国家承認する方針だが、独立に反対してきたセルビアやロシアは一段と反発を強めそうだ。

2007年以前の国旗と協会エンブレム
コソボ域旗.gif コソボ協会.gif

2007年頃の協会サイトのトップ。
コソボ協会サイト


2007年以前、確認されたユニフォームはアルバニア系ということもあって、赤×黒であった。
コソボ070314赤赤黒-集合.jpg


コソボ赤赤黒.jpg

集合
 2007/3/14 試合データ不明  (コソボサッカー協会HP)

コソボ年代不明NIKE赤黒黒-集合.JPG

集合
 試合データ不明  (nationalfootballteamsnonfifa.741.com)

2007年6月15日には、トルコのアンカラでサウジアラビア代表と試合をし、1-0で勝っている。早く国家間の調整がうまくいき、サッカー協会が正常に機能し、UEFAやFIFAに加盟できる事を願っている。

コソボは1991年にユーゴスラビア(当時)から独立を宣言した。このコソボを承認したのは同じアルバニア人国家のアルバニアのみで、コソボ代表はアルバニア他、同じ様に政治的理由でFIFAや大陸連盟の承認を得られないNF-Boardと試合を複数回行っている。


【関連記事】
 ユーゴスラビア代表ユニフォーム

【関連サイト】
 サッカーコソボ代表 (Wikipedia)
 コソボ独立は「合法」=承認に弾みか、民族運動刺激も―国際司法裁(時事通信 2010/7/23)
 経済深刻、進まぬ国家承認=独立宣言から2年(時事通信 2010/2/18)
 コソボ独立1年 北部に及ばぬ統治 深まる混迷(フジサンケイビジネスアイ 2009/3/6) 






posted by yuuki_ono_99 at 03:11 | Comment(9) | TrackBack(0) | ヨーロッパ(UEFA) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コソボの新モデルはPUMAです!
脇のデザインはevopowerっぽいんですが、詳細画像が見つからないので何とも・・・
サプライヤー契約を結べてないからだと思いますが、LEGEAからPUMAという
流れは予想の遙か上を行く衝撃的なニュースでした^^;
Posted by rodeo at 2014年05月28日 20:57
>touryuさん
「こんなハイレベルなトコは他にないと…」って、嬉し過ぎです。

このサイトでエントリー上げる時に、いろいろなサイトを参考にしますが、
世界地理や世界史、世界情勢など知らず知らずのうちに身についてきますよね。
そういう意味では「サッカー」というスポーツは世界の文化の一端を担ってるんだなぁ、
としみじみ思います。

うちのサイトも、さらにその端っこでがんばっていきたいです。
もちろんここに来ていただいている皆さんのお力を借りて。。
今後とも、よろしくお願い致します。

(追伸)
この前の前のコメントに誤表記があったので、
touryuさんのコメントと共にアップし直させていただきました。
Posted by yuuki_ono_99 at 2008年05月27日 14:16
いや〜、そんな詳しくないんですよ〜。サイトとか新聞報道でチラ見しただけなんで、正確には「〜らしい」を付けときますね(汗)。
サッカーファン以前に、いち社会人として知っておかねばならない常識だとは思うんですが、あのあたりの情勢って、ホントにコロコロ変わるから分からないですよね〜。アクセスの多さもそのあたりの日本人の「興味あるけどわからない〜」の証明かもしれませんね。
ほぼ毎日このサイトをチェックしてますんで、何かネタがあれば投稿させていただきます。更新とか大変でしょうけど、こんなハイレベルなトコは他にないと思いますので、これからも頑張ってくださいね。
Posted by touryu at 2008年05月27日 14:06
>touryuさん
えーっ!アルバニアってコソボを唯一認めているのかと思いました。
(ユニフォームが似ているので、勝手に。。)
旧ユーゴはホントに微妙ですよね。
「昨日の友は今日の敵」を地で行っていますよね。

touryuuさんは旧ユーゴのサッカー事情詳しいんですか?
もしおもしろいネタがあれば、左サイドバーのプロフィール欄にアドレス載せてるので、
文章お寄せ下さい。
「特別寄稿」的にこのブログにアップすることもできますし。
このコソボのページ、アクセスすごいんですよ(笑)
Posted by yuuki_ono_99 at 2008年05月27日 14:05
ご返事ありがとうございます。
休止前のコソボ協会のサイトでフォトギャラリーとかを探しまくって何とか読み取りました。
日本の企業なら、すぐに会社のイメージを懸念するところですが、イタリアのマイナーメーカーだから、遠い国の揉め事みたいな、案外何も考えない感覚で敵対国同士にも提供するのかもしれないですね。
それより、ハシとかドラグシャがアルバニア代表でプレーしてますけど、アルバニアもコソボを認めてないので、今後彼らが国際舞台で活躍の場を失ってしまうことがないよう祈りたいものですね。

Posted by touryu at 2008年05月27日 10:29
>touryuさん
初コメ、ありがとうございます!
元の画像が小さく、雰囲気のみの掲載でしたがよく判りましたね。
常連の方に負けないディープな情報だと思います。
情報ソースを是非教えて下さい!

LEGEAはナショナルチームでは、ボスニア・ヘルツェゴビナ、ジンバブエなど
めったに見ないですね。
ボスニアとコソボって微妙だけど国交関係はどうなんでしょうね。
Posted by yuuki_ono_99 at 2008年05月27日 09:47
初めて投稿させていただきます。入手したユニにマーキングを依頼する時にすごく助かってますし、管理人様はもちろん、投稿者の皆さんの造詣の深さにもいつも感服しております。
さて、07年3月14日の集合写真のモデルですが、Legeaというイタリアのメーカーだと思います。主にイタリアの下部組織のサプライヤーとなっていることが多いようです。
Posted by touryu at 2008年05月27日 09:23
>マスコフさん
初コメありがとうございます。
ヨーロッパの民族紛争(ヨーロッパに限らないが)は、
我々日本人には理解しがたい深さがありますよね。
早く平和が来て、サッカーができるようになる事を祈ります。
Posted by yuuki_ono_99 at 2008年05月22日 13:51
うーむ(−−;
ピクシーのようつべのフラッシュにもあったけれど、紛争化するのなら今は止めたほうがいいと思います。オシムさんはどうおもってるんだろう・・・。
Posted by マスコフ at 2008年05月22日 09:58
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/84559214

この記事へのトラックバック