チベット代表ユニフォーム(Tibet National Football Kit)

チベット国旗.png チベット協会.gif

中国からの独立を求めてデモが起き、それを中国政府が鎮圧しているという騒動が
日増しに大きくなっているチベット。
チベットサッカー代表は、チベット亡命政府が所在するインド・ダラムサラを中心とした
チベット人難民によるサッカーの「ナショナルチーム」である。

06年(hummel)
 06/11に北キプロスで行われたELFカップで着用されたモデル。
 タジキスタンに0-3、クリミアに0-1、北キプロスに0-10と3連敗で終わった。
チベット06-07hummel白赤赤-集合2.JPG

06年(hummel)
 06/6にドイツ・FCザンクトバウリ主催の「FIFIワイルドカップ」に参加した時の着用モデル。
 FCザンクトバウリに0-7、ジブラルタルに0-5と連敗した。
チベット06hummel縞白青-集合.JPG
縞×白×青 集合
 06/5/30 FIFIワイルドカップGL第1戦 vs.FCザンクトバウリ 0-7  (Getty Images/Stuart Franklin)

チベット06-07hummel白赤赤-集合.JPG
白×赤×赤 集合
 06/5/31 FIFIワイルドカップGL第2戦 vs.ジブラルタル 0-5  (www.tnsa.info)

01-05年(hummel)
 01/6/30、hummel社の計らいにより、デンマーク・コペンハーゲンで行われた
 グリーンランドとの親善試合に招待された際の着用モデル。
 この時、中国政府はデンマーク外務省に対して経済的報復を示唆しながら試合中止を要求した。
 しかし最終的にデンマーク政府はこの要求を拒否した。
チベット01-02hummel縞白青-集合2.jpg チベット01-02hummel縞白青.jpg チベット01-02hummel縞白青2.JPG
縞×白×青 集合 選手名不明
 01/6/30 テストマッチ vs.グリーンランド 1-4  (www.tnsa.info)
唄onam Wangyaz
 01/6/26 コペンハーゲンにて  (REUTERS/Morten Juhl)

98年(hummel)
 イタリアのロックグループが「チベット子供村」(TCV、チベット難民子女支援施設)を通じて
 試合に招待、イタリア・ボローニャで初めての国際試合を行った。
チベット年代不明hummel白赤青-集合.jpg
白×赤×青 集合
 98/ テストマッチ  (www.tnsa.info)

【参考記事】
 サッカーチベット代表(Wikipedia)
 サッカーアイコン・チベット代表(World Soccer Uniform Icon Blog)
 チベットに自由を!!(まるこれ日記)
 チベットユニフォーム(maruzo_collezione)
この記事へのコメント
チベットの独立、国連加盟を祈ります
Posted by チョモランマ at 2012年12月22日 16:09
>maruzoさん
初コメ、ありがとうございます。
サイトも拝見させていただきました。
チベットのユニフォームもすごいきれいな写真を載せていらっしゃいますね。
リンクも貼らせていただきました。
チベットに早く平和がくるといいですね。
Posted by yuuki_ono_99 at 2008年03月21日 01:07
私はチベットの国旗が気に入ってチベット代表ユニフォームを入手しましたが、チベットの状況を考えますと、自由にものを言える国に生まれてよかったなあと思います。

ヒュンメルもチベットをサポートしたと思えば近年は北朝鮮をサポートしたり? 企業理念がよくわかりません(>_<)
Posted by maruzo at 2008年03月21日 00:10
>wsuiさん
同感です。ただ今回は東西冷戦の時と違い、各国が「五輪ボイコットはない」というスタンスを表明しているのが救いですね。
今はただ、暫定政府チームではなく、本国のチームが試合をできる日が来ることを願うばかりです。
その時は是非 hummel にしてほしいものです。
でも中国政府の要望を拒否してまでグリーンランドとね試合を開催したデンマークも、今はadidas だしなぁ。。
Posted by yuuki_ono_99 at 2008年03月19日 04:12
リンクありがとうございました。あそこの国はどうなっていくんですかね。五輪も不安だらけですよ(><)色々書くときけんな漢字がするので止めときます。。
Posted by wsui at 2008年03月19日 02:03
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/89815062

この記事へのトラックバック