「真っ赤なレ・ブルー」トリコロール・バージョンで登場!

ユーロ開幕を控えたフランス代表が、5/27にグルノーブルにエクアドルを迎えてテストマッチを行った。

2月のスペイン戦でのデビュー以来、各方面に話題を振りまいた「真っ赤なレ・ブルー」。
スペイン戦では赤×青×青だったが、今回は赤×白×青のトリコロール・バージョンで登場した。
また今回、両袖には「adidas08-09マーク」が入った。

一方、エクアドルも南アフリカW杯南米予選を戦うmarathon07-09モデルでの臨戦だったが、
南米では初となる「対戦国国旗入り」のユニフォームであった。

ゲームは2-0でフランスが勝ったが、ユニフォーム面からすると興味深い一戦であった。

080527フランス2-0エクアドル.JPG
Omar De Jesus(L エクアドル) & Djibril Cisse(R フランス)
 08/5/27 テストマッチ フランス2-0エクアドル  (AFP/Franck Fife)


【関連記事】
 フランス代表ユニフォーム
 フランス代表、08-09adidas新ユニフォーム(アウェーモデル)発見!(07/12/29)
 衝撃のスペイン・サード金vsフランス・アウェー赤の激突!〜ユーロで戦うユニフォーム(08/2/8)
 真っ赤なレ・ブルーの波紋(08/2/14)
 ドイツ代表08-09新ユニフォーム右袖のadidasマーク(08/2/12)
 エクアドル代表ユニフォーム


posted by yuuki_ono_99 at 08:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | 新ユニフォーム情報(2008-09) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。