なぜロシアW杯の選手入場では「FIFAアンセム」が流れないのか?

ロシアW杯では、お馴染みの選手入場曲「FIFA Anthem」がなぜ流れないのか? 試合前の高揚感を高めるあの曲がないと非常に物足りないのだが。。

D7D32325-6149-41B4-8A36-E18342FC9661.jpeg



気になって調べてみると、サワベさんという方が書いているハミングバードというサイトで検証されていたので紹介させていただく。

今回使用されている入場曲は、アメリカのロックバンド「The White Stripes」の代表曲「Seven Nation Army」という楽曲をアレンジしたもの。2003年リリースの曲だが、当初ベルギーで「選手の士気を高める曲」として、サポーターたちが自発的に合唱をすることで広まっていったらしい。そしていつしか国を超えたサポーターたちの熱烈な支持を獲得していたらしい。

youtubeで検索すると、UEFA主催のユーロやチャンピオンズリーグでは、2012年あたりから入場曲等で使われていたようだ。(不勉強を反省。。)今大会もUEFA管内での開催ということで、運営サイドが採用したものと思われる。確か日韓ワールドカップでも独自のアンセムが使われていた。

この「Seven Nation Army」は、日本ではまだ馴染みがないが、これを機にJリーグにも浸透していくかもしれない。







【引用サイト】








posted by yuuki_ono_99 at 12:20 | Comment(1) | 2018ロシアW杯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ゴール後にも流れますよね。せめて決勝ではFIFAアンセムを使って欲しいと個人的に思います。武者震いするような高揚感がやっぱ良いんですけどねぇ。「試合が始まるぞっ!」って気持ちになる。
Posted by 名無しさん at 2018年06月19日 17:25
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: