フランスW杯1998 かっこいい代表ユニフォームベスト5【サッカーウェブマガジン Qoly 連動企画 第2弾】

好評のQoly連動企画第2弾はフランスW杯1998。

Qoly


5位:日本(asics ホーム)

我が日本代表の記念すべき世界デビューモデル。我々ユニマニアが勝手に名付けたいわゆる「炎Uモデル」であるw 当時3つのメーカーが、同じデザインのモデルを各年代持ち回りで供給するという世界でも珍しいシステムを取っていたが、ジョホールバルの歓喜を拝したadidasに対し、本大会出場の栄誉に浴したのはasicsであった。そして日本メーカーのワールドカップ出場は後にも先にも、ただこの一度となるのである。ちなみに貧乏クジを引いたPUMAは96年アジアカップモデルや、96年女子代表アトランタ五輪モデルを供給していた。

袖に配された炎のモチーフは西洋の人たちの目にはどのように映ったのだろうか? 当時はまだユニフォーム製作のコンセプトワークなど為されていない時代ではあったが、「忍者」や「侍」に繋がるような「東洋の神秘さ」が連想されるモチーフではある。ちなみに川口能活が纏ったGKモデルは、黒地にオレンジの炎が身頃全体を覆うという、さらに迫力あるデザインであった。

【関連記事】

Japan-1998-asics-home-kit-Masashi-Nakayama.jpg

274BFBE2-A116-4BDB-A3F1-57D50359E8B9.jpeg

Japan-1998-asics-home-kit-円陣.jpg

0E6DD1CF-7C00-49A1-87EE-E34FD455CC25.jpeg

中山雅史
 1998/6/26 フランスW杯H組第3戦 vs.ジャマイカ 1-2(リヨン)  
(Getty Images/Allsport/Stu Forster)
相馬直樹 円陣
 1998/6/20 フランスW杯H組第2戦 vs.クロアチア 0-1(ナント)  
(Getty Images/EMPICS/Michael Steele Getty Images/Bongarts/Lutz Bongarts)
川口能活
 試合データ不明


4位:ジャマイカ(Kappa ホーム)

ワールドカップ出場は唯一このフランス大会のみ。突然変異的な強さを見せたチームが着用したこのモデルも、同代表史上で異彩を放つデザインである。国旗の3色でフリーハンド風に描かれた模様はKappaオリジナルのもの。民族調にもレゲエ調にも見えるこのモチーフは、ボブ・マーリィを産んだこの国の自由闊達な雰囲気を表しているとも言えよう。

このモデルのデビューとなったゴールドカップ2002ではブラジルとも互角の戦いを演じベスト4、W杯本大会では日本代表に競り勝って初勝利を挙げるなどプレミアリーグ中堅チームのレギュラークラスを揃えたこのチームは力強さがあった。しかし、2002年以降世界中を席巻したウサイン・ボルトら陸上代表の活躍と反比例するように国際舞台から消えていったサッカー代表にとって、このモデルは一瞬の輝きを放ったものであったことは間違いないであろう。

14DCCD1A-566B-45DD-9DD6-A82A1D39B30D.jpeg

6A2210EA-688D-4ABC-838D-9FCF55DE4696.jpeg

Robert Earle(Wimbledon) Frank Sinclair(Chelsea)
 1998/6/14 フランスW杯H組第1戦 vs.クロアチア 0-1(ランス)


3位:フランス(adidas ホーム)

2011年にNIKEに変更されて以降はすっかりシックに様変わりしたが、adidas時代のフランス代表は、古き良き時代ともいうべきはっきりとしたトリコロールの配色が懐かしくもある。プラティニがヨーロッパ選手権を制した84年モデルをオマージュしたデザインのこのモデルを着用し、ジダンを擁して見事初優勝を飾ることになる。

ルーツの異なる選手たちで構成された代表に対し、大会序盤は冷めた目を向けていた国民も、自分たちのチームが勝ち進むにつれ一致団結していく。決勝のブラジル戦を前に、スタジアム全体が高らかに唄いあげる「ラ・マルセイエーズ」は、まさに鳥肌ものであった。そのスタンドで選手たちを見守る84年の殊勲者プラティニもまた、ジャケットの下にこのモデルを着ていたのである。


C4A8E235-8096-455C-8A74-974AE843D5B4.jpeg

F559A991-00A8-49CE-A715-AE4A2FAD105E.jpeg

61402ABE-F27B-458E-B965-AD201CFD8A05.jpeg


Zinedine Zidane(Juventus)
 1998/6/12 フランスW杯C組第1戦 vs.南アフリカ 3-0(マルセイユ)  (Getty Images/Popperfoto)
国歌斉唱
 1998/7/12 フランスW杯 決勝 vs.ブラジル 3-0(サンドニ)  
(Getty Images/Sygma/Jacques Langevin Getty Images/Icon Sport/Onze/Eric Renard)

295099DD-A58C-4121-9F22-653F10CC631D.jpeg

Michel Platini(Juventus)
 1984/6/19 ヨーロッパ選手権(フランス)1組第3戦 vs.ユーゴスラビア 3-2(サンテティエンヌ)  
(Getty Images/Offside/Mark Leech)


2位:メキシコ(ABA ホーム)

フットボールキット史に燦然と輝くワイルドデザインモデル。15世紀、アステカ文明下で作られたとされる「太陽の暦石」をモチーフとしている。中央で睨みを効かせている「太陽神トナティウ」は好戦的な戦神の側面も併せ持つと言われる。エンブレムの鷲は「サボテンが茂る湖の中の島の鷲が止まった場所に都を作れ」という神のお告げに従って帝都ティノチティトラン(現在のメキシコシティ)を造ったという神話に由来する。メキシコという国名自体も、アステカ人の自称「メシカ(メシトリ神を崇める者)」から来ており、アステカ帝国の正当継承者としての自負を表している。

中世からのメキシコの歴史と誇りを込めたこのモデルは、1996年ゴールドカップで投入され、マイナーチェンジを繰り返しながら、ワールドカップ本大会でも着用された。よほど愛されたデザインであったのだろう。94年までサーフブランド調の派手なユニフォームを好んで着用していたあのカンポスも、この大会ではフィールドプレーヤーと反対色の同デザインのモデルを着用していたくらいである。

Mexico-1998-ABA-SPORT-home.jpg

Mexico-1998-ABA-SPORT-GK-kit.jpg

1479_Stein_der_fünften_Sonne,_sog._Aztekenkalender,_Ollin_Tonatiuh_anagoria.JPG

Luis Hernández(Necaxa/Mexico)
 1998/6/13 フランスW杯E組第1戦 vs.韓国 3-1(リヨン)
Jorge Campos(Chicago Fire/USA)
 1998/6/20 フランスW杯E組第2戦 vs.ベルギー 2-2(ボルドー)  
(Getty Images/Bongarts/Marcus Brandt)


1位:クロアチア(lotto ホーム)

なんと日本代表が組み込まれたH組から3ヶ国をチョイスする結果となった。そしてlottoは2大会連続1位の栄誉となる。そのクロアチア代表の「シャホヴニツァ」モデルは、ユーロ96予選から本格的に国際舞台に復活してわずか3モデル目にして秀逸なバリエーションデザインを放ってきた。右肩から左腰にかけて、風になびくように入ったチェックはこの大会におけるチームの躍進を予感させるものだったのかもしれない。

グループリーグ3試合をこのホームモデルで突破した後、決勝トーナメントに入ると一転して青の身頃の脇にシャホヴニツァを配したアウェイモデルを投入。ルーマニア、ドイツ、オランダといった強豪国をなぎ倒し、ワールドカップ初出場にして3位の快挙を成し遂げるのである。

E3DE93BE-CE60-41FA-BB7F-B675CB44B59D.jpeg

Croatia-1998-lotto-home-kit.jpg

29193E29-93CA-41EF-8680-66E795832182.jpeg

87EB18A8-4A21-4943-8415-31BBC0B47D3E.jpeg

Davor Šuker(Real Madrid)
 1998/7/8 フランスW杯 準決勝 vs.フランス 1-2(サンドニ)  (Getty Images/Popperfoto)
Robert Prosinečki(Croatia Zagreb) Zvonimir Boban(AC Milan)
 1998/6/26 フランスW杯H組第3戦 vs.アルゼンチン 0-1(ボルドー)  
(Getty Images/Bongarts/Mark Sandten)
Davor Šuker(Real Madrid)
 1998/7/4 フランスW杯 準々決勝 vs.ドイツ 3-0(リヨン)  
(Getty Images/Bongarts/Alexander Hassenstein)



1998フランスW杯出場32ヶ国のメーカーシェア

adidas(6)
ドイツ・フランス・スペイン・ルーマニア・ユーゴスラビア・アルゼンチン

NIKE(6)
イタリア・オランダ・ブラジル・韓国・ナイジェリア・アメリカ

PUMA(5)
ブルガリア・オーストリア・イラン・カメルーン・モロッコ

UMBRO(3)
イングランド・スコットランド・ノルウェー

Reebok(3)
コロンビア・パラグアイ・チリ

lotto(2)
クロアチア・チュニジア

KAPPA(2)
南アフリカ・ジャマイカ

DIADORA(1)
ベルギー

hummel(1)
デンマーク

asics(1)
日本

ABA SPORT(1)
メキシコ

Shamel(1)
サウジアラビア


【関連記事】


posted by yuuki_ono_99 at 23:20 | Comment(0) | 2018ロシアW杯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: