ヴィッセル神戸、2018年asicsニューモデル(ホーム&アウェ&GK)正式リリース! 今年のストライプはクリムゾンレッドの濃淡で表現

1/20、ヴィッセル神戸が2018年asicsニューモデル(ホーム&アウェ&GK)を正式リリースした。

ユニフォーム全体に広がるホームタウン神戸に隣接する瀬戸内のおだやかな波を表現したヘキサゴン(六角形)のモチーフ、背面にあるチームとサポーターが1つになるという想いを込めて神戸の夜景をイメージした1本のネオンカラーラインと『KOBE FOREVER FORWARD』の文字は、昨年からのデザインを継続。そして、チームの歴史を象徴するストライプのカラーを今シーズンはクリムゾンレッドの濃淡で表現した。

18VisselKobe-1021x477.jpg


18VisselKobe1.jpg


18VisselKobe2.jpg


18VisselKobe3.jpg


18VisselKobe4.jpg


また、アウェイモデルのカラーには港街神戸を表現するアクアブルーを採用。右袖には阪神・淡路大震災から20年を機に神戸市民の熱い想いを集めて生まれたメッセージ「BE KOBE」の文字が今シーズンから入った。

18VisselKobe5.jpg


18VisselKobe6.jpg



18VisselKobe7.jpg


18VisselKobe8.jpg


18VisselKobe9.jpg



【引用サイト】
 2018シーズンのユニフォームデザイン&スポンサー決定のお知らせ

【関連記事】
 ヴィッセル神戸 歴代ユニフォーム(Vissel Kobe Team Kit Chronicle)




posted by yuuki_ono_99 at 22:45 | Comment(0) | 新ユニフォーム情報(2018-19) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ガンバ大阪、2018年umbroニューモデル(ホーム&アウェ&GK)正式リリース! 伝統の矢絣(やがすり)柄をモチーフにしたジャポネスクな一枚

1/20、ガンバ大阪が2018年umbroニューモデル(ホーム&アウェ&GK)正式リリースした。

ニューモデルのデザインコンセプトは「OSAKA SPIRITS〜誇りある魂を胸に〜」

18GambaOsaka-1021x483.jpg


18GambaOsaka2.jpg


18GambaOsaka3.jpg


ホームモデルは、チームカラーである青黒を基調に、力強い鎧の重厚感あるデザインを表現し、関西でも古くから親しまれてきた伝統柄の《矢絣》(やがすり)をモチーフに、現代的に表現したグラフィックデザインを採用。アクセントカラーとして配した“ヒートレッド”は誇りある Osaka Spirits の「闘志」を表現している。

18GambaOsaka4-640x427.jpg


18GambaOsaka5.jpg


18GambaOsaka6.jpg


18GambaOsaka7.jpg


18GambaOsaka8.jpg


18GambaOsaka9.jpg


アウェイモデルは、伝統ある白を基調に、ホームモデルでも採用している伝統柄の《矢絣》(やがすり)モチーフのグラフィックをバイアスに配することで、鎧の持つ重厚感に加え軽快さを表現し、よりシャープで洗練されたデザインに仕上げている。

18GambaOsaka10.jpg


18GambaOsaka11.jpg


18GambaOsaka12.jpg


18GambaOsaka13.jpg


18GambaOsaka14.jpg


18GambaOsaka15.jpg



【引用サイト】
 Gamba Osaka 2018 Umbro Kits

【関連記事】
 ガンバ大阪 歴代ユニフォーム(Gamba Osaka Team Kit Chronicle)










posted by yuuki_ono_99 at 20:35 | Comment(0) | 新ユニフォーム情報(2018-19) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ベガルタ仙台、2018年adidasニューモデル(ホーム&アウェイ&GK)正式リリース! クラブ史上初のストライプを採用!

1/13、ベガルタ仙台が2018年新体制発表会で、2018年adidasニューモデル(ホーム&アウェイ&GK)を正式リリースした。 

18-01-13-ol-01-02.jpg


18-01-13-ol-01-main.jpg


ホームモデルは、伝統のベガルタゴールドとイエローによる、チーム史上初となるストライプを採用。昨年のボーダーに続く柄となっている。

アウェイモデルは、白/薄グレーのボーダー柄。adidas2018の共通デザインとなっている。GKモデルは、赤系のホーム、水色のアウェイ、黒のサードとなっている。

VSBR6838.jpg


VSBR6838_add1.JPG


VSBR6838_add2.JPG


VSBR6838_add3.JPG


VSBR6838_add4.JPG


VSBR6838_add5.JPG


VSBR6838_add6.JPG


VSBR6838_add7.JPG


VSBR6838_add8.JPG



【引用サイト】
 1月13日(土)、2018シーズン 新加入選手会見・新ユニフォーム発表会見を行いました。 (公式サイト)

【関連記事】
 ベガルタ仙台 歴代ユニフォーム(Vegalta Sendai Team Kit Chronicle)










posted by yuuki_ono_99 at 23:14 | Comment(0) | 新ユニフォーム情報(2018-19) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

徳島ヴォルティス、2018年Mizunoニューモデル(ホーム&アウェイ)正式リリース! 今年も鳴門の渦潮の水しぶきをモチーフに

1/14、徳島ヴォルティスが、2018年Mizunoニューモデル(ホーム&アウェイ)を正式リリースした。

18-newuniform-player1.jpg


17-newuniform-player2.jpg


D379EC02-1E97-4919-8269-8ED33DEEFCE4.jpeg


007B1E12-D2D8-441B-8A71-8622E90BC25B.jpeg


62B261CC-B8A8-4A73-A1EB-DE6FC3BFDA62.jpeg


93B25A77-8B11-4D4B-B856-084B7C2C0A54.jpeg


今シーズンのスローガン「巻土重来」の意味をデザインにつなげ、昨シーズンとはまた違ったデザインで今シーズンも「渦」を表現している。今シーズンは更に「しぶきを上げるほどの巻く渦の強さ」を強調するデザインをポイントとしている。

カラーリングは、クラブの象徴であるエンブレムのカラー(クラブカラー)を今シーズン新たに全体で表現。全体の青が吉野川を表し、後ろ襟の緑が眉山、シャツ両脇からショーツ・ストッキングにかけての緑は吉野川に映る眉山を表し、両腕の赤のラインを結ぶとVORTISの頭文字Vと、力強く戦い勝利を掴むという意味を込めたVを表している。

18-newuniform-fp.jpg


18-newuniform-gk.jpg



【引用サイト】
 2018シーズン 新ユニフォームデザイン決定のお知らせ (公式サイト)

 Tokushima Vortis 2018 Mizuno Kits (Todo Sobre Camisetas.com)

【関連記事】
 徳島ヴォルティス 歴代ユニフォーム(Tokushima Vortis Team Kit Chronicle)









>




posted by yuuki_ono_99 at 10:44 | Comment(0) | 新ユニフォーム情報(2018-19) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

湘南ベルマーレ、クラブ創立50周年記念の2018年PENALTYニューモデル(ホーム&アウェイ&GK)のデザイン発表! Jリーグ初参戦モデルのダイヤ柄をポイントに採用!

1/18、湘南ベルマーレが2018年PENALTYニューモデル(ホーム&アウェイ&GK)を発表した。

クラブ創立50周年となる今シーズンのユニフォームコンセプトは50年の長い歴史の中で決して平坦ではない時もクラブ支えてくれたすべての皆様への感謝と今後、更なるクラブの発展と飛躍をデザインで表している。ボディ全体には50年とサポーター、ボランティア、株主、スポンサー、ホームタウン行政をあらわす5本のシャドーストライプで50年間クラブを支えて下さったすべての皆様への「感謝」の気持ち、その歩みを表現。

湘南ベルマーレ-2018-PENALTY-ニューモデル-1.jpg


また、今後更なるクラブの「発展と飛躍への誓い」を右肩上がりのサッシュ(タスキ)柄で表現している。サッシュには1994年のベルマーレJリーグ初年度のリーグ戦ユニフォームに採用されていたダイヤ柄とフジタ時代のユニフォームに使われていたフジタブルーをポイントとして使い「歴史を繋ぐ」意味も込めている。今回初めて背中にもサッシュ柄を大胆に使うことで、数あるJクラブの中でも湘南らしくOnly Oneのクラブを目指す強い意志を表している。

ベルマーレ平塚-1994-Mizuno-ファースト-名良橋-J-SOCCER-GRAND-PRIX-Yoshihiro-Koike.jpg


背中の首リブ下にはクラブ創立50周年ロゴを、右袖には昨年10月に拡大したホームタウン9市11町を表記し、エンブレム上には昨シーズンのJ2リーグ優勝を示す星を追加。エンブレムは新設の鎖骨パートナーロゴなどの全体バランスを考慮したサイズに変更している。

湘南ベルマーレ-2018-PENALTY-ニューモデル-2.jpg


アウェイモデルには湘南海岸沿いに拡大したホームタウンをメインコンセプトとして胸に存在感ある湘南の美しいコーストラインをブルー、豊かな山々をグリーンでシンプルに表現。GKはFPデザインを使い分け昨シーズン同様の3色(今年は1stフラッシュオレンジ、2ndシアンブルー、3rdブラック)となっている。

湘南ベルマーレ-2018-PENALTY-ニューモデル-3.jpg






【引用サイト】
 2018シーズン ユニフォームデザイン決定のお知らせ (公式サイト)

【関連記事】
 湘南ベルマーレ 歴代ユニフォーム(Shonan Bellmare Team Kit Chronicle)









posted by yuuki_ono_99 at 23:48 | Comment(0) | 新ユニフォーム情報(2018-19) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

サンフレッチェ広島、2018年NIKEニューモデル(ホーム&アウェイ)リリース! 復活の「広島バイオレット」ってどんな色?

1/10、サンフレッチェ広島が2018年ニューモデル(ホーム&アウェイ)をリリースした。メインカラーは、2シーズン続いた紫紺から伝統のバイオレット(青紫)に戻った。「3本の矢(サンフレッチェ)」を3分割された身頃で表現し、さらにバイアスのグラデーションストライプで濃淡をつけた最先端の凝ったデザインとなっている。

ここでサンフレッチェのユニフォームのカラーの変遷をまとめてみる。Jリーグ発足時は、前身のマツダの青の採用を目指していたが、他チームとの兼ね合いから紫を採用。当初は赤みがかった紫、パープルだったが、2007年から本格的にバイオレット(青紫)を採用している。

 1993年〜2002年 10シーズン 赤紫(パープル)
 2003年〜2004年 2シーズン 青紫(バイオレット)
 2005年〜2006年 2シーズン 赤紫(パープル)
 2007年〜2013年 7シーズン 青紫(バイオレット)
 2014年     1シーズン 紫紺
 2015年     1シーズン 青紫(バイオレット)
 2016年〜2017年 2シーズン 紫紺
 2018年     1シーズン 青紫(バイオレット)

 マツダサッカークラブ 歴代ユニフォーム(Mazda Soccer Club Football Kit Chronicle)
 サンフレッチェ広島 歴代ユニフォーム(Sanfrecce Hiroshima Team Kit Chronicle)

サンフレッチェ広島-2018-NIKE-ニューモデル-1.jpg


サンフレッチェ広島-2018-NIKE-ニューモデル-2.jpg


サンフレッチェ広島-2018-NIKE-ニューモデル-3.jpg


サンフレッチェ広島-2018-NIKE-ニューモデル-8.jpg


サンフレッチェ広島-2018-NIKE-ニューモデル-6.jpg

7F4886BF-3EBF-4938-AACE-CB9B7299EF8C.jpeg


サンフレッチェ広島-2018-NIKE-ニューモデル-4.jpg


3863986E-0323-4D66-AF5C-A5D7F160B9DC.jpeg


サンフレッチェ広島-2018-NIKE-ニューモデル-5.jpg


サンフレッチェ広島-2018-NIKE-ニューモデル-7.jpg


サンフレッチェ広島-2018-NIKE-ニューアウェイモデル-1.jpg


サンフレッチェ広島-2018-NIKE-ニューアウェイモデル-2.jpg


9EA02587-77A6-494A-86AF-A2CB1DA64E1D.jpeg


0B49A193-2DB1-42D2-B3CB-25DCCFEB983A.jpeg


54F2D188-A435-4750-8E44-3CD01675DC2A.jpeg


BA230DD2-9721-43BB-BA81-AD9A8267292C.jpeg



【引用サイト】
 Sanfrecce Hiroshima 2018 Nike kits (Todo Sobre Camisetas.com)

 サンフレッチェ広島、2018新ユニフォームを発表!「広島バイオレット」が復活 (Qoly.jp)

【関連記事】
 サンフレッチェ広島 歴代ユニフォーム(Sanfrecce Hiroshima Team Kit Chronicle)












posted by yuuki_ono_99 at 22:34 | Comment(0) | 新ユニフォーム情報(2018-19) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

川崎フロンターレ、2018年PUMA新ユニフォーム(ホーム&アウェイ&GK)デザイン発表! 10シーズンぶりに縦ツートンが復活!

12/2、大宮戦の前に、2018年PUMAニューモデルが発表された。

デザインは2002年から2008年までフロンターレが強豪になっていく歴史と共にあった「水色/黒の縦ツートン」。2009-10年、2016年カップ戦モデルではバイアスのツートンも採用されたが、縦ツートンとしては10シーズンぶりの復活となる。さらにシャドーでストライプを盛り込むという先端のデザインとなっている。

「青」の部分はクラブとして積極的に行っている地域活動やプロモーション活動の取り組みを『優しさや安心感』表現。「黒」の部分はチームが持つ『力強さ』を表現。片方だけではなく両方を突き詰めて、バランスの取れた、強くて楽しいクラブを目指していくという意味を込めている。1/21の新体制発表会では、ACLモデルも発表されるとの事だ。

84320FEC-A3C0-43DA-9D41-48CF5815FD9B.jpeg


198A5679-BE73-4332-AAE4-C244954E360E.jpeg


9F6E0538-EDDF-4F69-BB28-D803C427CB65.jpeg


【引用サイト】
 「2018シーズンユニフォーム」先行販売のお知らせ (公式サイト)

【関連記事】
 川崎フロンターレ 歴代ユニフォーム(Kawasaki Frontale Team Kit Chronicle)












posted by yuuki_ono_99 at 20:33 | Comment(0) | 新ユニフォーム情報(2018-19) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

サガン鳥栖、2018年NEW BALANCEニューモデル(ホーム&アウェイ&GK)正式リリース! 鋭角なデザインを多用してスピード感を表現

1/14、サガン鳥栖が、2018年NEW BALANCEニューモデル(ホーム&アウェイ)を正式リリースした。昨年同様、「加速力(アクセラレーション)」をコンセプトにデザインされた。脇の切り替え部分にシャープな切れ込みデザインを入れることでスピード感を表現し、さらなる高みを目指すチームを後押しする。

ホームモデルは、チームの象徴カラーであるサガンブルーをベースに、サガンピンクの鋭角な斜めピンストライプを重ね、加速力を表現している。
18SaganTosu3-640x426.jpg


18SaganTosu4.jpg


18SaganTosu5.jpg


18SaganTosu6.jpg


アウェイモデルは、“サガン”の由来の1つである砂岩をテーマに、ブロックパターンを砂に見たて表現。1つ1つのブロックが集まる事で、1つの柄になるというデザインは、例え一粒一粒は小さくても、団結することで大きな岩となり、凄まじい力、そして新しい力を生むというメッセージが込められている。
18SaganTosu7-640x426.jpg


18SaganTosu8.jpg


18SaganTosu9.jpg


18SaganTosu10.jpg


18SaganTosu11.jpg


GKモデルは、袖にアクセラレーション昇華プリントし、相手より一瞬先に出てゴール前に立ちふさがるような加速力を表現している。
18SaganTosu-1021x520.jpg


18SaganTosu1.jpg


18SaganTosu2.jpg



【引用サイト】
 Sagan Tosu 2018 New Balance Kits (Todo Sobre Camisetas.com)

【関連記事】
 サガン鳥栖 歴代ユニフォーム(Sagan Tosu Team Kit Chronicle)













posted by yuuki_ono_99 at 22:27 | Comment(0) | 新ユニフォーム情報(2018-19) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

横浜F・マリノス、新体制発表会で2018年adidasニューモデル(ホーム&アウェイ&GK)をリリース! メランジのグラフィックが最先端

斎藤学選手の電撃移籍に揺れる横浜F・マリノス。1/14、「2018横浜F・マリノス新体制発表会」が日産グローバル本社の日産ギャラリーで行われ、ポステコグルー新監督、大津祐樹選手らと共に、2018年ニューモデルが正式リリースされた。

2018シーズンのテーマは「AGE OF DISCOVERY」 チーム誕生25年の節目を終え、新たな冒険への船出を切ったチームをホーム・アウェイそれぞれのユニフォームで後押しする。

ホームモデルは、メランジ(霜降り調)のグラフィックを採用し横浜の海の佇まいを表現。袖と首周りに配された赤と白が、この海から世界へ勝負に出るチームの情熱と決意を表している。

アウェイモデルは、港町横浜のプライドをマリンボーダーを用いて表現している。新たな一歩をサポーターと共に歩んでいきたいという想いから、スタジアムの外でも着用できるようなデザインを目指している。

2F44A985-83FF-4D1B-8E11-101FBA953627.jpeg


BBEE41EC-24B0-4BFF-BF14-1273EBE02AD0.jpeg


00779C67-85C5-48FA-AF9C-9A42FD7F315D.jpeg


725DC3F9-1706-44BB-B23F-6A3665F0C275.jpeg


D700BCEE-410F-41E9-BC49-612D21C3F5C6.jpeg


C1FA89D6-AB50-419C-808E-0F72FF07E7A2.jpeg


A20EEE59-BBAF-4111-9170-ACB419ED7DC1.jpeg


0C162FCA-2A16-4E81-94AC-A7913ADD672D.jpeg


66C7858D-7F5A-4AD4-B5B1-0D0F45F0E90D.jpeg


4367DE78-CE51-42C3-B364-EFD3F85E6EFE.jpeg


7A39B99A-4274-42C3-A835-AF6CD9F40734.jpeg


7D3FBA48-82F3-46BE-8F6C-9BD900B8B222.jpeg


C81762C9-3BA8-44F7-AFEA-3AD1A5D9DBEC.jpeg


A3560603-2C78-4631-84EE-CA64D47A25D5.jpeg


GK ファースト
勝利に向けられた壮大なエネルギーがグリーンのカラーに込められている。
C5057CCA-C77C-4DC4-9D80-197485EF93A2.jpeg


GK セカンド
集中し、終始冷静にゲームに臨む姿を表すブルーのカラーとなっている。
89A9CB89-2CE5-4189-8874-8FED59F62408.jpeg


GK サード
最後方よりチームを鼓舞するキーパーの情熱的な姿をレッドで表現している。
BF02729F-5F89-4F4E-9881-C099302676E9.jpeg


38 山田康太選手(横浜F・マリノスユース)
839DB612-0D67-409A-8B7B-1D61830D112D.jpeg


37 堀研太選手(横浜F・マリノスユース)
91D0F47D-75E1-4FCC-AC61-3B2021900D2B.jpeg


32 原田岳選手
EFC33DA9-FB56-42DD-A428-C068BA8052E3.jpeg


3E780EB8-9931-49DB-980E-0905D9E5C9EA.jpeg


5529D3D9-7EBE-4086-B2C6-5B6F3ECEC76C.jpeg


180A6F1D-DFB5-4EC3-BD7D-3BB7CCF0B8E1.jpeg


大津祐樹選手(前・柏レイソル)
C90DE47F-5D5E-468C-8265-C7E3C811193C.jpeg


25 ユン イルロク選手(前・FCソウル)
31F7E579-67C4-44AB-A5AA-0BF1FA41603F.jpeg


34 西山大雅選手(横浜F・マリノスユース)
0ED6D967-5A99-4514-8E20-FF115B591437.jpeg


8771766C-7B08-44D6-9844-5685F57F3972.jpeg

1
DE84A4A7-0F67-45E3-A8C2-EC84627381FA.jpeg


C2CCDD32-0AAA-48D5-AB2C-A99A20EE2E44.jpeg


30F27DF5-10B4-4414-B57A-83A531F81EFD.jpeg


DA990DB5-690A-4656-84E3-4B687E034166.jpeg



【引用サイト】
 2018シーズン ユニフォーム発表! (公式サイト)

 2018 横浜F・マリノス新体制発表会 フォトレポート (公式サイト)

 Yokohama F Marinos 2018 adidas kits (Todo Sobre Camisetas.com)

【関連記事】
 横浜F・マリノス 歴代ユニフォーム(Yokohama F・Marinos Team Kit Chronicle)











posted by yuuki_ono_99 at 21:00 | Comment(0) | 新ユニフォーム情報(2018-19) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

FCトム・トムスク 歴代ユニフォーム(FC Tom Tomsk Team kit Chronicle)

TomTomsk.png
 正式名称:Футбольный клуб Томь Томск  wikipedia
 設立:1957年
 本拠地:トムスク  トルード・スタジアム
 Old Football Shirts



2017-2018年
 胸スポンサー:Газпром нефть
 ファースト(緑):Joma


2016-2017年
 ロシア・プレミアリーグ:16位(降格)
 胸スポンサー:Родные города
 ファースト(緑):adidas

Tom-Tomsk-2016-17-adidas-home-kit.jpg

緑×緑×緑 Eric Bicfalvi
 2016/12/1 プレミアリーグ vs.ロコモティフ・モスクワ(モスクワ)  (Getty Images/Epsilon) 

Tom-Tomsk-2016-17-adidas-away-kit.jpg

白×緑×白 Maksim Bardachow
 2016/8/7 プレミアリーグ vs.ロコモティフ・モスクワ(モスクワ)  (Getty Images/Epsilon)



2015-2016年
 ロシア・ナショナル・フットボールリーグ2部:3位(昇格)
 胸スポンサー:Родные города
 ファースト(緑):adidas


2014-2015年
 ロシア・ナショナル・フットボールリーグ2部:4位
 胸スポンサー:Роснефть
 ファースト(緑):adidas


2013-2014年
 ロシア・プレミアリーグ:13位(降格)
 胸スポンサー:Роснефть
 ファースト(緑):NIKE

https://www.gettyimages.co.jp/license/181556354
緑×緑×緑


2012-2013年
 ロシア・ナショナル・フットボールリーグ2部:2位(昇格)
 胸スポンサー:Роснефть
 ファースト(緑):2K Спорт


2011-2012年
 ロシア・プレミアリーグ:15位(降格)
 胸スポンサー:なし
 ファースト(緑):adidas

https://www.gettyimages.co.jp/license/73620759
緑/白×白×緑

https://www.gettyimages.co.jp/license/113138753
緑/白×白×緑

https://www.gettyimages.co.jp/license/121996778
白×白×白


2010年
 ロシア・プレミアリーグ:8位
 胸スポンサー:なし
 ファースト(緑):adidas
 セカンド(白):adidas

Tom-Tomsk-2010-adidas-home-kit-松井大輔.jpg

緑×白×緑 松井大輔/Daisuke Matsui(日本/Japan)
 2010/9/11 プレミアリーグ vs.FCサトゥルン・ラメンスコーエ(トムスク)  
(Getty Images/Epsilon/Ilnar Salakhiev)


Tom-Tomsk-2010-adidas-away-kit-松井大輔.jpg

白×白×白 松井大輔/Daisuke Matsui(日本/Japan)
 2010/9/11 プレミアリーグ vs.ゼニト・サンクトペテルブルク(サンクトペテルブルク)  
(Getty Images/Epsilon/Kirill Kudryavtsev)


https://www.gettyimages.co.jp/license/98965879
白×白×白

https://www.gettyimages.co.jp/license/104463086
青×青×青

https://www.gettyimages.co.jp/license/103526818
青×青×白


2009年
 ロシア・プレミアリーグ:9位
 胸スポンサー:なし
 ファースト(緑):adidas


https://www.gettyimages.co.jp/license/88988694
青×青×青

https://www.gettyimages.co.jp/license/85564186
白×白×白

2008年
 ロシア・プレミアリーグ:13位
 胸スポンサー:なし
 ファースト(緑):adidas

https://www.gettyimages.co.jp/license/77542494
緑×緑×緑

https://www.gettyimages.co.jp/license/82805889
紺×紺×紺

https://www.gettyimages.co.jp/license/82232821
白×白×白

https://www.gettyimages.co.jp/license/82805889
白×白×白


Logo_fc_tom'_tomsk.png

2007年
 ロシア・プレミアリーグ:11位
 胸スポンサー:なし
 ファースト(緑):adidas


https://www.gettyimages.co.jp/license/73620759
緑×白×緑

https://www.gettyimages.co.jp/license/77542494
紺×紺×紺

https://www.gettyimages.co.jp/license/75975253
白×白×白

https://www.gettyimages.co.jp/license/73620759
白×白×白


2006年
 ロシア・プレミアリーグ:8位
 胸スポンサー:Томскнефть
 ファースト(緑):adidas


2005年
 ロシア・プレミアリーグ:10位
 胸スポンサー:Газпром/Томскнефть
 ファースト(緑):adidas


2004年
 ロシア・ナショナル・フットボールリーグ2部:
 胸スポンサー:Востокгазпром
 ファースト(緑):UMBRO


2003年
 ロシア・ナショナル・フットボールリーグ2部:
 胸スポンサー:Востокгазпром
 ファースト(緑):NIKE











posted by yuuki_ono_99 at 23:52 | Comment(0) | クラブ(ヨーロッパその他) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする